上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.05 訓練60日目
昨日ブログを更新してからの出来事でした。

本日付けで2人、訓練所を去るという事実を知りました。
毎次隊、2~3人は途中退所するという情報は聞いていましたが、リアルに考えることはありませんでした。
でも、今回その1人が仲良くしてもらってた人だったので、すごい衝撃でした。
一緒に委員会もがんばってきた仲間でした。
昨日そのことを本人から告げられ、何が起こっているのか全く理解できず…しばし方針状態になりました。
今日の講座のことも心配してくれ、ずっと笑顔でいてくれて…
それなのに自分は何も気のきいたこと言えませんでした。
部屋に戻って一人で泣きました。
ボランティアスピリット意見交換会の資料作り、修正など夜中までやっていて、さらに仲間の中途退所という出来事でかなりのショックを受けてしまい、一睡もできないまま朝を迎えました。

志半ばで…という彼女の気持ちを思うと、胸がしめつけられます。
たった2ヶ月だったけど、一緒に苦楽を共にした、本当に大事な仲間です。
今日の朝は、出発の時間に合わせてほとんどの隊員が玄関前に集合し、涙で別れを惜しみました。
もっと最後にいろいろ話したいこともあったのに、泣くのも我慢してしまう。泣きたくないから顔が見れなかった。
でも、彼女はまた次の隊ででも、もう一回受験してでも戻ってくると言ってくれました。いつまでも待ってます!
ずっとずっと22年度1次隊の仲間に変わりありません。

頭の中も心もぐちゃぐちゃ。整理できないままなのに、一方で講座の準備を淡々とすすめている自分に腹がたちました。これを乗り越えるのも、自分たちに課せられた課題なんだろうか…

そして最後の砦、ボランティアスピリット意見交換会。
メンバーの変更など直前のトラブルにも、みんな臨機応変に対応してくれ、当日準備はスムーズに進みました。
スタッフの方にも多大なご協力をいただきました。
講座自体は、会場を6つに分けて講座委員がファシリテーターを努めました。
先が見えないまま、不安なままで講座が進んでいきましたが、見ている限り、意見交換も盛り上がってたし、講座目的も達成できたのではないかと思います。
P6050775_convert_20100605222741.jpg
講座最後には、JICAボランティアとして活動するにあたって核となる目標・信念を各自書いてもらい、カードにして配布するという企画をしました。
P6050788_convert_20100605222845.jpg
終了後、みんなが「よかったよ。他の人の意見が聞けて楽しかった、ありがとう」と声をかけてくれ、本当に楽になりました。スタッフからもねぎらいの言葉もいただき・・・
講座委員のメンバーも「意見のぶつかりあいがありながらだったけど、最終的にいいものができた」と言ってました。いい仲間に囲まれたなーと思います

表現しきれないくらいの疲労感で、そのまま寝たいとこでしたが、最後の土曜ということで、中央アジア組で打ち上げがありました。そこで、気持ち的に少し発散できたような気がします。
P6050800_convert_20100605222936.jpg

訓練生活、残り5日。
2010.06.04 訓練59日目
本日朝はウズベキスタンの国旗が掲揚されました。思ったより国歌が長くてびっくり。
でもまるで自分の国であるかのように感じました。
P6040759_convert_20100604203829.jpg
ウズベキスタン派遣、JOCV8名、SV1名です。

上の空色の帯は、青天と純水の象徴である。この晴天を象徴する三日月と12個の星が描かれている。三日月は、イスラムとウズベク人の伝統に基づいている。12個の星が選ばれたのは、12という数字が完全性の象徴だと考えられているからである。
白色は、平和と純粋さの象徴である。下の緑色は、天恵の自然の具現である。各色の間には、赤色の細い帯が走り、生命力を象徴している。



そしてついにファイナルテスト終了~
8時45分からリスニングで開始しました。 
今回は難しかったし、文書が長かったメモ書きを清書するのに時間がかかり、あせりました。

2限目3現目は筆記。ここ何週間か、混乱しやすい文法を、授業中にプリントと会話練習で復習してくれてたので、引っかけ問題以外はすんなり解けました。まあ、どこに引っかかったかもあんま分からないくらいのレベルですけど
文章構成能力としては、活用・変化を
間違えることが多いのと、スペルがうろ覚えの単語が多いということが課題でしょう。
午後からは1人20分面接です。
初めに2題提示されていて、それについて自分の考えを述べるもの。
あとは先生の質問に答えるもの、の2段階ありました。
お題がなにせ難しくて、思うようにしゃべれず・・・(日本語でも説明しにくいものだったし)
普通のスピードでも質問は聞き取れるようになりましたが、やはり答えがすぐでてきませんでした。
最後の試験ということで、やはり緊張してたのもあると思いますが

とにかく、終わってしまった~という感じです。
退所日まで、残り数時間の語学授業。最後の最後は語学発表会もあります。
その準備で、まだ開放感にはひたれませんが、あと少しがんばろうと思います。

午後後半に語学&終了時オリエンテーションがありました。
退所日のこと、荷物整理のことを説明され、いよいよ最後なんだなーという実感。
国や班が違う人とは、これから先全く会わないかもしれないし名残惜しいけど、今のうちに別れを惜しんで退所日は速やかに解散するように、とのことでした。そりゃそうだ。でも、さみしいなぁ。

講座は明日で最後かな。
自分の中ではメインイベントに近い、ボランティアスピリット意見交換会Ⅱがあります。
講座委員として、この講座の企画・運営を任されており、この忙しい短い訓練期間に計11回も会議を重ねて考えてきました。語学と両立してこそですが・・・正直しんどい以外のなにものでもない、というのが本音。
なんど投げ出したくなったことか
でも、それもついに明日で終わり。
近づくにつれ、メンバーもまとまってきたし、いい雰囲気でできそうです。
今日は多くの人が打ち上げに飲みにいっています。実はうちの生活班も打ち上げでした。
これがあるから参加できずですが、これもみんなの講座のためだし、もう少しだけがんばる
2010.06.03 訓練58日目
そうですね・・・
明日は語学ファイナルテストがあります。
今までの訓練の成果をチェックするため。自分の課題をみつけるため。
しかし、残念ながら合格点に到達できないと訓練所から去らなければなりません。
毎年数名いるそうです。
ウズベク語クラスは、合格レベルには十分到達できてるから、試験は今までの復習のつもりで気楽にやって、と先生からお言葉をいただきました。
が、やはりここで気を抜いて落第してもだめなので、必死に勉強する我ら。

今日も午前中は小テストをして、文法をみっちり復習。
中間試験の時に比べたら、格段に理解はすすんでいますが、新しい文法が増えたのも事実。
今更単語も覚えらんないし、何から手をつけていいやら・・・という感じですが、とりあえず今までの小テストを見直しています。
リスニングが不安ですが、もう睡眠学習に頼るしかない


疲れもピークだし、試験後の委員会の準備もしてるし、不眠だし・・・
ってことで、午後後半は自習でしたが、途中から部屋で休みました。
ご飯を食べたらがんばろ


そうそう。
毎朝、朝の集いで、各派遣国の国旗掲揚があります。
今日はお隣の国キルギスタンでした。
掲揚される国旗の紹介と、国歌も聴けるので非常に興味深い時間です。
キルギスタンの国旗の柄は国民から募集したそうです。初めて知った!

多くの国の旗が、赤い色は独立戦争時に流された血の色を表している、と説明されました。
国旗にこめられた思いは計り知れないな・・・と感じました。
明日はウズベキスタンの番。どうか晴れますように
2010.06.02 訓練57日目
最近、夜な夜な悪夢にうなされ熟睡できない日が続いております。
今日も朝からあくびがとまりません・・・
朝の集いの前に玄関前でボーっとつったってたら、突然スタッフに委員会のことについて聞かれてびっくりどっきり。班長がきただけかと思って完全に気をぬいてました(ちょっと似てた・・・)

ここ数日まともな授業をしていないので、5時限の授業もしんどかったです。
先週末にでた宿題のチェックと、あとはひたすら復習復習。
最近リスニングやってないから、最終試験が不安だなぁ
でも、今日先生に「うまくしゃべれるようになってるよ。びっくりした。」と言われ、かなり安心しました。
試験まであと2日、がんばろ


月曜日にやった講座・保健テストの結果が返却されました。
なんとなんと~、4分野中2分野が100点!
イエイトータル、奇跡の9割越ですよ。これで語学に集中できる・・・


昨日のバス移動で体調を崩した隊員もいて、最後の最後で疲れがでてくる時かもしれません。
退所式後の話もちらほら出てきています。最後の文化祭の話もまとまってきています。
ホントにもう残りすくない訓練。
もうちょっとだけ、気をひきしめてがんばりたいと思います
2010.06.01 訓練56日目
6月になりました。
今日は、東京まで日帰りバスツアー
先日から予告していたとおり、皇太子殿下に御接見する日でした。
JOCVの制服を着て、国毎にバスに乗り込む
P6010698_convert_20100601221809.jpg

途中休憩をはさんで日本青年館に到着です。同じ22年度1次隊の二本松訓練所の仲間も少し早く到着していたので、事前研修があった職種は久々の感動の再会をしていました。
P6010724_convert_20100601222023.jpg

昼食後、少し時間があったので、誘われて明治神宮まで足を運びました。
P6010718_convert_20100601222723.jpg
訓練所でも話したことのない人たちと連れ立って・・・めちゃめちゃ暑かったけどでもすごく楽しかったです。もっと早く仲良くなっとけばよかった。

さて、なにせ東宮御所にはいるので、時間管理はシビア。
JOCVでなければ絶対入れなかったであろう御所の敷地内は、とても静かでした。
カメラ・携帯などはもちろん私物のもちこみは禁止。
私語も禁止。
敷地内で国毎に整列し、順番に中に入りました。ふかふかの絨毯が階段にもしきつめられており、建物自体が厳かな感じ。自然と背筋も伸びます。
「待機中は壁に寄りかかったり、ポケットに手をいれない」と事前に注意されていましたが、そんなことはできない…ほぼ直立不動になるくらいの緊張感でした。

30分程、移動の仕方などのリハーサルがありました。侍従の方達は、毎日こんな緊張する空間にいて大丈夫なんかな…と思ったり。
そして皇太子殿下をお出迎えし、まずは全員で挨拶。JOCVの事務局長が挨拶される時、緊張のためか台詞がぶっとんで、数秒沈黙されました。緊迫しすぎ~・・・それで、自分の緊張もピークへ。
その後、隊列を変えて、国毎にお話をしていただきました。
国別リーダーは代表で挨拶をしなければなりません。
口がカラカラで、ジュースが配られましたが、飲んでもさっぱり潤わない(笑)
ついでにクッキーも配られましたが、とても食べれないので、手に握ったまま順番を待ちました。

さて、1グループ目最終国が私たち。殿下と目があったら挨拶です。
「ウズベキスタン国派遣予定8名です」
その後、殿下から何点かご下問いただきました。
訓練生からの質問は禁止、とのことでしたが、できたとしてもそんな余裕全くなし!
自分が何答えたか覚えてません
殿下は視線が全くぶれずに、まっすぐ目を見て話されます。
そして少しお辞儀をしたら頭がつきそうなくらいの至近距離。
小柄な方でしたが、存在感はすごかったです。

交代のため移動する段になって、汗が滝のように流れ体がふるえました。
手ににぎってたクッキーはわけわからんようになっとるし
他のメンバーに後で、私がすごく緊張してるから逆にリラックスできたとか言われるし・・・
待機の間も直立不動。すごく長く感じました。
東京のど真ん中にあるのに、御所内は無音。
靴音とカエルの鳴き声しかなく、時間が止まってるんじゃないかってくらい。
あと5分長かったら貧血おこしてたな。
でも、待機中にジュース3杯ももらいました

帰りのバスの中で夕食の弁当を食べ、長野まで帰ってきました。
家に帰ってきたーってくらい、訓練所の生活に慣れ切っております・・・
が、21時前だったので、お風呂がごった返してました。2時間で120人ぐらいがはいらないといけないので・・・
火曜日はシャワーのみの日だったのでさらに残念です。

とにかく疲れた・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。