上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.09 訓練64日目
今日、午前中は語学発表会がありました。朝早く起きて準備し、暗記がんばりましが、単語が難しくていまいち・・・
発表は1番で、途中スタッフが、見にきたので緊張して頭真っ白になりました。
なんとか質問にも答えて、無事終了
まあウズベク語は1クラスしかないので、いつものメンバーだし、あとは気楽にできました。
残った時間は会話と今までの復習。
最後に先生に手作りでフォトアルバムやらを作ったのを渡しました。
男の子ばっかりでドライなお別れだったけど、先生が『カッタタナフス』と言ってドアを開けたとき泣きそうになりました。タナフスは休憩のこと。いつもチャイムがなるとタナフスと言っています。その日の授業が終わるときも言ってました。カッタは大きいという意味。
最後に『じゃあ大きい休憩』と言ってくれたんです。さよならではなく、また会おうね、と。確かに明日壮行会で会えるんだけど・・・
訓練がついにおわっちゃうんだなー。ぜんぜん実感わかない。

午後からは青遺海の会の講演がありました。不幸にも活動中に命を落とした隊員のご家族によって結成された遺族会です。
アフリカで大きな事故があり、隊員6名がなくなりました。ご遺体を搬送中に大雨が降ってきたとき、トラックの2台で棺を支えていた隊員たちが上着を脱いで棺にかけた姿をみて、協力隊の心をみたと号泣されたというお話を聞き、思わず鳥肌がたちました。同期隊員の死は、自分でも受け止められないと思います。まして、遠い日本で無事に帰ってくることを待ち望んでいたご家族の気持ちははかりしれません。
便りを出すこと、友達を大切にすること、自分自身の体と心は自分で守ること、の3点を約束してほしいと言われました。どんな講義より心にひびく言葉です。
その後外務省より講話があり、すべての課業が終了しました。

そこから、集荷のため、6階から荷物を下ろしたり、共同環境・自室の掃除、食事をとって語学クラスの掃除と、身辺整理に追われました。荷物運びは男子が手伝ってくれ、ホント感謝です。
夜はばらばらとみんな飲みに行ってしまい、訓練所は静かです。
最後の夜に自分は1人でなにやってんだ…って思いましたが、これも現実。
訓練所内に残ってる人とちょこちょこ話しながらすごしてます。

明日最後の日。広島に帰ります。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/79-cbb7cad3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。