上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(2012.5.12記)
1ヶ月後の今日はいよいよ地方隊員引き上げの日。

ウルゲンチを離れる日です。

なんてしみじみと感じる暇はなく・・・

扁桃腺ががっつり腫れて、久々に高熱が2日間でました。それも旅行中に。

38度39度出ても寝込んだことはあまりなく、目的は遂げるオゾダです。

ま、1週間、ハードな旅行をしていたんでね(゚∀゚)

その最後だったんで、まあ仕方ない。


それではハードな旅行の序章から。


アラル海

ウズベキスタンは、世界ただ2つの二重内陸国と言われています。

海にでるために2つ以上の国を通らなければいけないっていう

最も海から遠い国なんです。

そんなウズベキスタンですが『アラル海』と呼ばれる塩湖があります。

正確には隣国カザフスタンとの境界に位置しています。

世界第4位の大きさを誇っていた時代もあるそうです。

1960年代には琵琶湖の100倍の面積があったという…
DSC03602.jpg

アラル海は水の流出口がなく、アムダリョー・シルダリョーというふたつの大河が流れ込んでいます。
(ウズ語で川は【ダリョーДарё/daryo】)

シルダリョーは天山山脈からフェルガナ・タシケントなど東側を通りカザフスタンを抜けて、

アムダリョーはアフガニスタン・パキスタンから西側カラカルパクスタンやホラズム地方を通って

中央アジアの国々を潤していた川です。

その2つの大河の水量が減ったことにより、湖の水位が下がりどんどん縮小しているのです。
DSC03603.jpg

2009年には完全に分離してしまっています。
DSC03604.jpg


このひとつの湖の消失は、地球にも人間にも多大なダメージを与えています。

気温の上昇、乾燥、供給される水の塩分濃度上昇。

それらがヒトに何をもたらすかというと、

舞い上がる塩分を含んだ砂を吸入することによる呼吸器の病気、

塩分濃度の高い水を摂取し続けることによる、腎疾患、血圧への影響…

ウズベキスタン西側の健康問題の一つでもあります。


私は恥ずかしながら、ウズベキスタンに赴任して初めてこの環境問題の事実を知りました。

しかも、アラル海の縮小は人的自然破壊なのです。


アラル海縮小は20世紀最大の環境破壊と言われています。

冷戦真っただ中のスターリンの時代に、旧ソ連は

『西側諸国に頼らない生産力を得ること』『社会主義の強さをアピールすること』

などを理由に、「自然改造計画」として農地開拓を行いました。

科学万能主義が【科学は自然を凌駕する】という間違った解釈に…

2つの運河に水路が作られ、灌漑用水として使用。

年間降水量が200mm以下の乾燥地域に広大な農地をつくりました。

今や児童労働の問題ともなっている綿花栽培もこのときの計画の一部で始まったようです。

農地を維持するためには運河からの水を頼るしかありません。

こうして2つの運河から流れ込む水が減少し、結果的にアラル海の水位が下がったのです。


ウズベキスタン・ホラズム地方に住んでいて、水不足は痛感させられています。

そして、綿花栽培が人々に与えている影響も…

ここに来て、現地の人と同じ生活をして初めて知ることができた自然破壊の影響。

帰国前に、アラル海の現実を見ておきたいと思って、同期・同任地隊員と行ってきました。




ホラズム地方からカラカルパクスタン自治区の首都ヌクスまで車で2時間。

ヌクスから湖の水の見えるところまでは8時間くらいでしょうか。

延々と砂漠を通るので専用の車を出してもらわないといけません。

そして、電波も食糧も水もないところなので、できれば2台以上の車で行くことを

おすすめします。



長くなるので続きます。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/419-febb66cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。