上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、看護計画について&浣腸について 計5回もミニセミナーをしました。

というか、ほぼ個人指導だけど。

覚悟してるけど、かなり疲れます。


なんていうか・・・

ウズベク語はラテン文字とキリル文字を使ってるんだけど、

これらは表音文字なんですね。

абвгдефэжмнпрс

アルファベットと似てる文字も発音が違います。

қとк、 ҳとхも形が似てるけど発音が違います。

ということで、こっちの人は耳で聞いて音で判断して言葉を思い浮かべるんだと思います。


で、日本や中国で使ってる漢字は表意文字で、音ではなく形で意味を表します。

【かな】は表音文字になるんだけど、

『くも』って言っても、前後の文脈を聞かないと何かなぁってわかんないけど

『雲』や『蜘蛛』って書いたらわかりますよね、日本人なら。

でもウズベク語には(というか多くの国で使われている言語で)表意文字がないので

発音 命!

なんですわ。

ホント、最後の1文字言い間違えただけで、

『考える』って言いたいのに『結婚する』になったりね(笑)

日本人が(っていうか自分が)不得意なのが лとр 。

アルファベットだとLとRです。 

日本語だとどっちも『ル』なんだけど、舌を巻くかどうかで全然意味が変わる。


ということで、何が言いたいかというと…

発音が悪いと、全く通じないってことです。

聞いてるほうも、嫌になってくると思うんです。わかんないから。

飽きてくると「はいはいはいはい・・・」って流されることが多いのはそのせい。


耳で単語を覚えていると、文字で書いてみてもわかんないことが多いので

言葉を変えて、表現をかえて、その単語そのものについて説明を加えていく必要があるんです。

たとえば「くも」を説明したいとき。相手は漢字わかりません。

「ほら、空にある白いものがあるでしょ。雨がふったら黒くなるやつ。」

漢字だと1文字ですむのに、こんなに長い説明が要るわけです。

この簡単な単語ならいいけど、複雑な単語、専門用語となると

どんだけ長い説明をせにゃならんのか…ってことは想像できるかと思います。


だいぶ発音はマシになったけど、ウズ人にしたら聞き取りにくいと思うよ。

そんな外人が講義しようとするんだから、生半可な努力じゃだめってことがわかりました。

今までは、なんとなく分かってもらえた気になってたけど、

きっと半分も理解されてなかっただろうなと思います。

だからこの新看護計画表にいたっては、毎日毎日、追加説明していかんといけんなと。



ほんで、浣腸の講義は、もともと師長に依頼されたもの。

毎月開催される院内カンファレンスで、各病棟から勉強会を実施している。

月毎に病棟が割り当てられて、その代表者が他の病棟に講義するというもの。

習慣はとてもヤフシなんだけど、今までは教科書を丸読みしてただけ。

そこで登場したのが日本人ボランティア。なんと綺麗なスライドを作るのでしょう!

マラディエッツ!!セミナーはこういうふうにわかりやすくなきゃだめよね!と部長。

我々のセミナーを認めてくれたのはいいけど、他の看護師にも同じレベルは要求できない。

でもセミナーや勉強会の資料の質もあげるように、部長からのお達しが(-_-;)

パソコンも触ったことのない人にスライド作らせようとするんだから無理があるよね。

でも、部長が言ったらやらなきゃいけないんです。


で、5月が外科の番。2つのテーマ【浣腸】と【出血時の看護】が割り当てられています。

その資料づくりを手伝ってほしいと言われていたのです。

3ヶ月以上も前から言われてたから、まあ準備はしたんだけど。

こっちとしては、正しい情報を提供したいし、この機会に今までできていなかったことも

教えたいと思って、資料を完成させました。

もちろん、ウズ人がウズ人に講義するときに使うものだから、言葉遣いとか表現とか

修正が必要だと思って、資料を一緒に見直す意味でお試し講義をしたのです。


したら、「これは必要ない」「これはよくわかんないから消して」だの、むちゃくちゃ。

あんたらが知らんなら、知らんといけんのんじゃぁぁ(;゚Д゚)!

『患者さんの羞恥心に配慮して露出を最小限にしましょう』という文言。

一言「必要ない。隠さなくていい」と。あっそ、もう勝手にして。看護の質ってなんやろね。

準備物品のおしりをふく紙も、「患者が用意するから要らない」と。

それを準備物品というのですよ!


ホンマ…マジ疲れた(o´Д`)=з

自分らが、『この情報が必要で、こういう風に教えたい』っていう内容も目標も

全くないのにさ。

準備だけしろって言われてさ。

こっちは本当に必要な情報を正しく伝えようとしてるのにさ。

『ウズでは違う』の一言で終わらすの、なんで?

ウズ人の体の構造は、他の国の人と違うのかい! ほんまにもー。

あえて低レベルな内容になるんだったら私が資料つくる意味なくない?


講義中に、コソコソと

「教科書持ってきて読んだほうがいいんじゃない」とかしゃべってたから、一気に白けた。

私も疲れてるし、たくさんの仕事抱えたなかやってるんですよねー。

そんなだるそうに聞かれるのたまんないんですけどー。

誰のために作ってきたと思ってるんよ、ホンマ。


というわけで、根拠のない情報を並べたいだけなら自分たちで作ってください、と

師長に言って帰りました。

ただでさえ時間ないのに、意味のない仕事ばっかやりたくないわ。

久々に気分が萎えました。

とりあえず今日は何もせず寝よう。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/409-fe060383
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。