上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.07 だめだ
ちょっとキャパ越え。天城越え~


またもや検査のための上タシ。

今週末ブハラであるイベントに首都から直行するため、連泊。

20$の差額で風呂付きの部屋に泊まれるみたいだったので、奮発して…

ダブルベッドの部屋に泊まっています。

お湯の温度が安定しているシャワーが浴びられるだけでも贅沢やけど、

ちょっとリラックスタイムが必要だと思ったので、バスタブ付き予約してました。

正解。

っていうか、若干間にあわんかった。

キャパ越えヽ(´Д`;)ノ

イライラ通り越して放心状態なったわ。


勉強会、マンツーマン指導が続いて、10回以上おんなじ内容でしゃべりました。

マンツーマンでいいタイプとだめなタイプの看護師がやっぱりいます。

数人でやるときは、復唱、または自分の言葉で言い換えて説明してくれる看護師に

ターゲットを絞り、その人に向けて話します。

すると、その人が他のメンバーにわかりやすく説明してくれるようになります。

そういう看護師と一緒にしたほうがよく理解できるやろうっていう看護師が数人。

私の言葉をアレルギー反応を示さず理解できる人で、ちょっと控えめの人は

マンツーマンだと、気になる点を詳細に質問してくるので、大勢でやるより理解がすすみます。


そのへんの見極めができても、勤務の都合で上手く調整できないのが難点。

アレルギー反応示す人やっぱいますよ(-_-;)日本人の英語アレルギーみたいな。

分かんない!って思ったら、外国人の話すウズ語は聞こえなくなるみたいですね。

自分も語学コンプレックスがあるほうなので、さすがにショックうけます。


今更、語学のことで浮き沈みはないんですけど、看護師のキャラとかに合わせて

自分でも無意識に、すげー気を遣って説明してたので、それだけで疲れました。

挙句・・・全く私の意図が伝わってないっていう(T_T)

まあ一発で理解できるとは思ってなかったけど、ここまでとは…

今日、ホンマ膝から砕けそうな。というか芯がポキッていうかボキっていきそうでした。

自分で勤務始まったら師長さんに取りに行ってね、っていうのすら理解されておらず、

気が遠くなりながら、全員に手渡しで用紙を配布して

また一から説明しながら書き上げた1枚の新看護計画表。

先が思いやられる。

あれだけ、もっと患者の観察しないといけない、ベッドサイドにいかないといけない

って説明して、看護師たちも大きく頷いてそうだよねって言ってたのに

開口一番『私昨日夜勤もやったから疲れてるの。オゾダ、この患者の血圧測って』と。

ICUから転床してきたばかりの患者です。

だーかーらー。。。ヽ(`Д´)ノ それがダメなんだって言ってんの!

いつまでたっても質の向上にはなんないよ。こればっかりは意志とか意識の問題だもん。

でも、観察は有無を言わさず一緒にやらせた。うっとおしがられても積み重ねるしかない。


っていうかね、ずっと停電やし、小旅行の準備も資料作りも滞って、

私も2日ほとんど寝てないんすよ。

今日仕事休まずに夜発の便で首都に移動してるのもね、全部自分の都合じゃないんだよ。

私がどんなにこの病院の看護師のことを思ってやってるかなんて、

別に知ってもらわんでいいんだけど、

それにしても、師長や部長から無理な注文は多いわ、いろんなこと調整せんといけんわで…

結構しんどい立場にいるんすよ。


あぁぁぁぁぁぁぁぁ

壊れそうーって思いながら仕事して、逃げるように帰りました。


21時発の飛行機。家の掃除や洗濯を済ませて停電だったので早めに出発。

タクシーに倍増しでふっかけられるは、毎度のことながら順番抜かしされるは

秩序のなさにイライラしながら飛行機に乗り込みました。

周りの状況を完全にシャットアウトして、何も見ないように聞かないように

窓際の席で無視を決め込んで読書に没頭しました。

飛行機が動き始めると、機内が少し薄暗く…でも構わず読書をつづけていると

少し明るくなりました。

ん?と思って見上げると読書灯がついている!

隣の人がさりげなく点けてくれたことにすぐに気づき隣を見ると、

ひとつ空けた廊下側の席には初老の男性が座っていて、ニコっとしてくれました。

それだけで心がじわーっとあったかく。

ありがとうと言うと、またニコッと(*´∀`*)

さりげない親切で全てが洗い流されたみたいです。



ほんで、夜遅くなったけど、予定通りバスタブ付きの部屋にテンション上がって、

いつもすぐのぼせるくせに、30分湯船に浸かって足を伸ばしました。



残り少ない活動期間。

できれば毎日笑顔でいたいんだけど、いろんなことを飲み込んでいるうちに

やっぱりこらえきれない時もあるんです。

IMG_0852.jpg


が、そのあと必ず人の小さな優しさに心があったかくなるのです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/386-8fa99bd9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。