上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.01 3月1日
3月ですね。

ネットニュースを見ていると、卒業式の話題がちらほらと。

こちらは9月始まり5月終わりなので、全く意識しなかったけど

日本では卒業シーズンなんだなと(@_@。

卒業して数年間、感慨にふけることはなかったのに、去年は何も思わなかったのに

学生の頃を思い出して、月日の流れをしみじみ感じてしまいました。

そろそろ帰国のことを意識しはじめて(自分も周りも)

2年間という活動の終わりと学校生活の終わりっていう区切りが

少し重なったからかもしれません。

といっても、まだ3ヶ月残ってるんですけどね。



で、1月くらいに真っ白になった帰国後の事ですが、

最近また徐々に具体的なプランが浮き出てきました。

時間を置いてみてよかったです。


幸い(?) 私の身を心配してくれる親族・知人友人はいますけど、

経済的にも精神的にも依存している関係の人はいないので

何に拘束されることもなく、自由に羽ばたける身であります。

思えば、昔から自分の進路は誰にも相談せずに決めていました。

全て事後報告で。

突拍子もないことを言い出さなかったのは大学進学までで

県外の救命センターに就職してみたり、海外協力隊になってみたり

驚かせることはあったと思いますが、

それなりに信用されているので、みんな笑顔で送り出してくれます。

私ならやりかねない、言い出しかねないっていうのはあると思いますけど。

まあ、コツコツと積み上げてきた色々もあるのです。



これから看護師と言う立場では仕事を続けていくつもりです。

それがどんな形でかはまだまだ選択の幅は広いままですが、

今後何をするにしても、実務経験5年以上(できれば同じ分野)っていうのは

条件として高い確率であげられると思うんです。

この2年間、救急看護の分野ではありますけど、はたして臨床経験として認められるのか…

確かにマンパワーとしては働いていますけど、日本のレベルで考えるとほとんど何もしちゃいない。

認められない可能性です。とすると、実務経験4年になってしまうんですね。

だから、もう1年くらいはICUとか急性期で働きたいなぁとは思っています。

帰国して住民票を出すために落ち着き場所を探す選択肢もあったけど、

1年でやめさせてください!なんて言える病院はまずないでしょ(-_-;)

そういう意味でも、腰を据えて働きたい所がまだないってことと

今後も国際看護の分野での活動を視野に入れているので、語学力を伸ばしていきたい…

っていう思いがあって、私は居候のままで放浪しようと思っています(笑)


語学(英語)と技術の両方を同時にレベルアップするために、もう一度海外へ。

今度はJOCVより自由な立場のボランティア&インターンで。



今までは、短期目標に向かってたくさんのことに手を出してきたんですが

ホントのところ何が必要なのか分からんし、遠回りしたくないがため

目標が見えなってしまうこともありました。自分、何したいんだっけ?みたいな(/ω\)

もしくは、「こんなんじゃたどり着けない」って焦るとか。

でも要は人生に必要なのは長期目標であって、それは、死ぬ時に笑えること!ただそれだけ。

そのために後悔せずに毎日毎日を生きること!

最終的には教育の部分でも関わりたいとか、国際関係の仕事に携わっていたいとか

漠然と思っていることはあるけど、それを目標に置かず

一番大切なところをまずキープしておいて(自分は、看護師の資格と経験、加えて語学力)

あとはその時その時の感覚や思いを信じて、道を選択していこうかなと。

【△】だった人生設計が【▽】になった感じ。

ま、だから語学力はとりあえず自分のなかでは一番底辺で必要なので、

それをクリアしなきゃなと。

こういう感覚、当たり前なのかもしれないけど、自分の中ではま反対な感覚なんです。

この2年間で柔軟性が高まった証拠です。

無駄なことしてもいいじゃん、何が起こるか分かんないしー、的な余裕が持てたってことで。



ウズベキスタンにも春が来ました、おめでとう

職場から歩いて帰れる日も増えてくるかな。

ポカポカ陽気に少し浮かれ気味のウズ人に代わって

去年の杏の花を。
P4010164.jpg







関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/382-fa2fa028
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。