上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
活動開始4ヶ月目(2010年12月:派遣6ヶ月目)

院内カンファレンスにて、首都の病院見学の報告とともに

『JICAとは・ボランティアとは』というテーマで発表をしました。

それが初セミナー。

【聴衆はウズの看護師】ってことに、あんまりピンとこないまま準備。

とにかく言葉の壁だけに苦しみました。



活動開始6ヶ月目(2011年2月:派遣8ヶ月目)

病棟カンファレンスにて、『病棟内の問題点』というテーマで講義をしました。

半年一緒に活動して、日本人の目からみた問題点を提示してみました。

意外にも、一緒に考えましょうという雰囲気になって安心。

このとき、師長さんと情報を共有して味方になってもらう方法を見つけました。



活動開始8ヶ月目(2011年4月:派遣10ヶ月目)

ホラズム州の全病院の看護部長対象にセミナーをしてほしいと依頼を受けました。

日本のケア紹介が目的で、テーマは自分達で決めて欲しいと。

【褥瘡の予防とケア】というテーマで資料を作り始めました。


しかし部長の交替とともに、全病院の看護部長対象という条件は厳しくなり、

配属先の病院の看護師長達を対象にということに変更。

活動開始9ヶ月目(2011年5月:派遣11ヶ月目)のことです。

内容をもっと臨床に沿ったものに…と考え

【スキントラブル】と、少し広い範囲に修正しなおしました。

いわゆる床ずれだけでなく、汗疹やムレなどのスキントラブル全般への

看護介入の必要性も訴えたかったからです。

スライドも原稿も、語学の先生に頼んで添削してもらい準備万端に。

資料も印刷し、開催日も決定していましたが、まさかの延期。


結局1ヶ月の内に3回にわたって当日中止という事態が続き、

病院の修繕工事による休暇、管理職の長期休暇、パフタ…と

セミナーなんて開催できる状態ではなくなりました。


きちんと連絡がないことへの不満、振り回されることへの疲労が積み重なり

準備に力を入れていた時期を過ぎてしまってエネルギーも持続せず

院内セミナーはもうしない!と自分のなかで決めたのが

活動開始1年1ヶ月目(2011年9月:派遣1年3ヶ月目)。

その志は即うち崩されましたけど…


どういういきさつがあったか自分はよく知らないけど、

突然、院内の全看護師対象にあの褥瘡のセミナーをしてほしいとの話が…

活動開始1年3ヶ月目(2011年11月:派遣1年5ヶ月目)のこと。

うぇ~…いやじゃぁ…という気持ちは押し込め、気合を入れ直しました。

もう一度資料を見直し、やっぱり【褥瘡】にポイントを絞ることに。

作成したときより半年経過して、

もっともっとウズの臨床のこと、看護師のことが理解できていたので

とにかく難しいことは省き、ケア実施に直結させる内容に修正。

また、講義時間を半分に減らして、実習を取り入れました。

最悪中止になる覚悟もしながらですが、無事カンファレンス時に時間をもらい

これがまさかの高評価。


これでもうセミナーはしないと思ったけど、次のテーマを与えられ…

まあ先輩が最後に1人でやるならいいかと思って話を聞きました。

看護部長の提示しているテーマは【看護過程】

赴任してすぐ、看護師のレベルをここにもってくるまでに基礎知識が必要!

ってことで、看護過程のまえに基礎看護分野のセミナーを予定してました。

でも、結局そのセミナーも計画倒れ…

部長が変わってから、看護過程(看護計画)に関しては日常業務内でも

一切触れないようにしてきました。

なぜなら、難しいから!日本でならともかく、ウズでは無理!!

そんな経過もあったテーマ。自分の中でも避けてきたテーマ。


難しいから他のテーマにしてもらうかという案もでたけど

看護部長の希望も強く、先輩・後輩隊員と話し合って、

全5回の連続セミナーにできるなら…という条件で承諾。

活動開始1年4ヶ月目(2011年12月:派遣1年6ヶ月目)

先輩隊員が活動終了直前に連続セミナー第1回目

【看護過程:概要】というテーマでセミナー開催。

今後引き継いでいくために必要な資料作成などの手伝いをしました。


活動開始1年5ヶ月目(2012年1月:派遣1年7ヶ月目)

JICAの制度を使ってストレッチャーを寄付。

その使用方法と、患者移送についての講義を病棟内カンファレンスで。


時を同じく2012年1月、引き継いだ連続セミナー第2回目

【看護過程:情報収集】開催決定。



開催できたセミナー

院内3回、病棟内2回。

今後5ヶ月で開催予定のセミナー

院内4回。

元々基礎看護分野でセミナー計画を立てて準備をしていたので、

1年9ヶ月で作成してきた資料

計7種類。

セミナーの代わりの情報提供手段として書いている病棟新聞

発行第7号。

準備のために費やした時間と労力 

プライスレス。

君の笑顔

プライスレス。

IMG_4602.jpg





。。。いや、プライスレスの響きが好きなだけで写真にも文にも意味はありません。

今後、一切やらないと決めたはずのセミナーが

活動の核になっていきそうなので、詳細を記録しておこうと思います。

まずは今までのセミナーについて。振り返りました

停電して作業ができない時間が多いのでその間に記事を書いています。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/351-4cb13251
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。