上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日目は朝9時から5時までみっちりのスケジュール。

1年目の隊員の中間報告と帰国隊員の最終報告です。

人数が多いのに1日でやろうとすると、こんな無理なスケジュールに。

一番前に座ってるのに、寝てたりだるそうな職員がいて

発表するほうはさぞ嫌な思いをしたことと思います。

予算の都合でしか考えていないと思うんですが、削減するところはそこ!?

と聞きたい。

充実した報告会にするためにも、余裕をもったスケジュールにすべきと思います。

あと平日しか空いていない銀行に行って生活費もおろさないといけないし

銀行でスムーズに手続きがすまないのは周知の事実だし

地方隊員が増えてる現在、ちょっとその辺考えてほしいと思います。

ちなみに地方の銀行、国の都合で潰れるから口座作れとか言われても困ります。


まあお役所仕事にグチグチ言っても誰も取り合ってくれませんけどね。


報告会は、我々隊員にとっては自分の活動にも還元できるよい機会です。

特に今回1年目を迎えた22年度3次隊の方々はプレゼンが上手だなぁ

と思って聞いていました。

どの隊員も1年目、2年目でぶち当たる壁は似たりよったりです。

でも、各々で課題を見つけてチャレンジし続ける姿勢が報告に現れます。

自分が後輩のときは先輩隊員の活動にヒントを見つけ、

先輩隊員となってからは、他の隊員に刺激を受け…

そうやって1年目、2年目を乗り越えていくんです。


そして最終報告は一番身近でお世話になった先輩達。

複雑な気持ちで聞きました。

特にセトラ先輩の活動は、自分が見てきたものも違う感じ方があったり

違う考え方があったりで、同じ職場だったけど新たな発見も多いです。

病棟が違うし、お互いに新規なので、違って当たり前ですけど。
IMG_9645.jpg

最後のセミナー、大成功っていう言葉になんかすごくホッとしました。


あと最後のコレにやられました。
IMG_9650.jpg

2年間たくさんの思い出をありがとう、残りの活動がんばってねって・・・

泣けるわー。

でも、自分も同期や先輩や後輩、事務所の人、たくさんの人に支えられています。

最後まで活動を終えて、ありがとうございましたと言えるように

残りの活動もがんばろうと思います。

セトラさん、改めてありがとうございました。

託されました!残りのセミナー(ー_ー)!!



そして夜は送別会。 

帰国隊員に全ボランティアからプレゼントを贈呈するんですが、

今回、セトラ先輩のはウルゲンチで用意してはどうかと提案されました。

一生懸命考えたんだけど、ウルゲンチでいいものが見つからず、

ヒヴァまで行く時間すらとれなかったので、やっぱり幹事にお任せしました。

持って帰るのに邪魔にならなくて思い出に残るものを準備してくださって、

毎回、そういう気配りも幹事のみなさまには感謝です。

直前に、セトラ先輩への贈呈はオゾダから…と言われ、ドキドキでした。

いっぱい伝えたいことがあったけど、胸が張り裂けそうで、何もしゃべれませんでした。
DSC01130.jpg


それと、ウルゲンチ隊からの出し物。

IMG_9782.jpg
ウルゲンチでの思い出スライドを流しながら、小田和正をハモリで。
IMG_9786.jpg

個人的には、ウルゲンチ隊の熱い気持ちに感動してました。

出し物系苦手なメンバーで構成されているウルゲンチ隊(-_-;)

でも最後くらいしっかり気持ち伝えようよって…

全員そろって練習できたのも

スライドに歌を合わせたのも前日だったけど

本番で一番心のこもった歌声が横から聞こえてきて

こんないい仲間に囲まれていて幸せだなということと

セトラ先輩も幸せだったかなという思いと

一人いなくなっちゃうんだっていう寂しさと…

胸がぎゅーっとなって、泣くの我慢するのでいっぱいでした。

後から聞いたらもらい泣きしてた隊員がいたとか…



最後のフェルガナ隊の出し物は少し面白くて、それに救われました。

みんな多才だなぁ…と。

毎回送迎会では驚かされます。

…って、次は自分たちが送られる番なんだなぁと思うと変な感じ。


今までで一番、胸が張り裂けそうだった送別会でした。

また日本で会えるってわかってても、別れはさみしい。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/332-d161c864
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。