上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.19 表と裏
なんで土曜日こなかったの?

私はいつも土日は休んでるよ。家でしたい仕事もあるし。

今、パフタで人が少ないじゃない!?知ってる?

知ってるよ。でも私は前からいつでもずっと同じように働いてるよ。去年もそうだったよ

この前の土曜日、あなたがいなかったから、私一人で消毒介助するの大変だったのよ!?

私、来年には帰ってしまうよ。ずっといるわけじゃないよ。そしたらその後はどうするの?

いつもはサニタリカがいるから大丈夫なのよ。

・・・・(自分はサニタリカの代わりか?)・・・

で、あなた、いつ帰ってしまうって言った?

来年の6月。私の次には誰も来ないよ。それでもやっていかなくちゃいけないんだよ。

いつかはいっちゃうのね。でもその時はその時よ。とにかくパフタが終わるまで土曜日も来て。

・・・・・・(なんで?)・・・

いい?分かった?土曜日も来て消毒手伝ってね。

・・・・・・・・・・・・・・



今の働き方じゃだめだってことが身にしみて分かりました。


しかも、この看護師、自分から見ても言うべきことがありません。

消毒担当の看護師の中で一番完ぺき。

清潔操作は考えながらやっているし、処置前の準備も手際がいい。

準備が整ってから、医師や自分(介助として)を呼びにくる。

患者への対応も丁寧。

医師が床に物を捨てたら、『違うの、落ちちゃったの』と私に言い訳をする。

つまり、捨ててはいけないということを知っており、なおかつ

速やかに医師をかばって、トラブルを回避する能力も持ち合わせている。


だから最近、医師が床に汚いものを捨てて『お前が来るのが遅かったからだ』とか言っても

私は別にいいよ。私はあなた達のため、患者さんのために言っているだけだから。

と、自分が嫌だから怒るわけじゃないとアピールしている。

それでも医師は分かってない人が多いけど、消毒担当の彼女マンズーラは理解していそう。

誰かに怒られるからとかじゃなくて、なんでいけないかってことを。


物がない、水がない、の状況でやるにしては完ぺきだと思う。

だから、彼女を手伝っているのは、ホントにホントにただのマンパワーとして。


自分の活動として何か形を残すなら…彼女と一緒に、他のスタッフに教えれることはないかな。

それから1人で消毒介助を回れるように工夫できることはないかな。


でもその気持ちの裏には

別に形に残んなくていいし、新しいことやらなくても…

という冷徹ヤルキナイオゾダも潜んでいる。

どう折り合いをつけていくかです。


なんか、看護師やドクターたちの雑談がよく耳にはいるようになった。

結局、どーでもいい話ばっかしとる。

たまに、アホらしーと思って一人でにやけてしまったりしとります。

そりゃイラっとすることもあるけど、かわいいなと思うことも増えた。


そろそろ赴任して9ヶ月終わるし。任期はあと8ヶ月くらいだし。

この前の話し合いでは、師長欠席により、まったく未消化のままの自分の思い。

疲れてて時間もなくてあきらめてて…そんな人たちにホントに伝えたいことって何?

もう少し厳選していかないといけないんだろう。

何にもしない、っていうぎりぎりのところまで妥協が必要なんじゃないか

と思う今日この頃。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/295-0521c958
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。