上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.05 日本展開催
半年越しの願いがかなって、今週の土曜日8月6日に日本展を開催する。

場所は首都ではなく、自分の任地ウルゲンチ。

日本のことはおろか、首都のことさえもあまり知らないウルゲンチの人たちに

少しでも異文化を経験してもらいたいという勝手な思いをもっていた。

でも根源にあったのは、世界平和に貢献したいという気持ち。

そう、8月6日はヒロシマへの原爆投下日。

広島出身である自分は、幼いころから、平和学習を当たり前のように受けていた。

そんな中、広島の子供には、核根絶と世界平和を訴える心というのは

自然に備わっているわけで。

特に自分達は被爆3世。戦争体験者を祖父母にもつ。

戦後70年近く経ち、

戦争体験者の生の声を聞く機会が少なくなっている。

『自分達が、伝えていかなければならない』

そんな使命感のようなものも自然にもってきたように思う。


大人になるにつれ、平和学習という名の与えられる時間はなくなり

広島の地を離れていくようになるが、

それでも8月6日は夜勤中だろうと8時15分に黙祷していた。

広島から離れるにつれ、広島を好きになり

戦争や原爆のことを常に見聞きする時間がなくなるにつれ

忘れてはいけないという思いが強くなった。

それでも、人に説明できるほど知っているわけではなく、

世界に訴えていきたいというほどの強い意志があったわけではなかった。

ウズベキスタンに派遣される前の表敬訪問時、広島市民を代表して

JICAボランティアとして任地でできることがあるのだということを知った。


JICA広島が、原爆資料館と協力して、DVDやポスターなどの資料を提供している。

それをどう使うかはボランティア次第。

自分にできることをやってみようと、原爆展開催を決意したのが

赴任当初の1年前。

具体的に協力者を集めて、こんな風にやっていきたいと口に出したのが年末。

場所をウルゲンチに決めて、企画が進み始めたのが1月。


ウズベキスタンは旧ソ連の一部あり、第二次世界大戦時も

ソ連軍として闘い亡くなった人もいる。

もともと中枢国と連合国として敵対していた日本とソ連。

ウズベキスタンの人は米国に対してはいい感情を持っていない。

終戦間際のソ連と米国との関係に付随するものか?

とにかく、どんな教育を受けているのか皆目検討もつかない。

でも、日本に対しては『原爆を落とされてかわいそう』

というイメージをもっていることが分かった。

そこから復興し、発展していることを知っている人は

敬意を表してくれている。

それでも原爆展の開催が政治的に問題ないのか、事務所を通して審議し

日本文化紹介の一部として原爆展を開催することに決めた。

原爆展の開催という思いに共感して協力してくれるメンバーがいて、

役割分担をしながら、ウルゲンチ派遣隊員と同期隊員中心で企画をすすめた。

全ボランティアを巻き込んで、ウルゲンチという遠い地に

日本人を集めたいという思いや

地方隊員からイベントを企画して、みんなで団結して

1つのイベントを作り上げたいというよがった思いもあった。

様々な事情と障害があり、それはかなわなかったが

それでも、原爆展に共感し、一緒にやろうと言ってくれる仲間がいて、

ここまできた。


ウズベキスタンという国は、集会などを極端に恐れる。

だから、外国人がこんなイベントを企画しても、ほいほい許可はもらえない。

ホントに長い道のりだった。

なのに、許可がでたのは2週間前。

許可証をもらうという、ホントのホントに開催が確実になったのは

つい3日前。



正直、今はブログ書いている余裕もないので、

ちょっと前に下書きしてた文を使ってる。

どんな準備をしているのか、当日どういうイメージでしようと思ってるか

とか書きたいことはいっぱいあるけど、終わってからになりそう。


自分が至らない点が多すぎて、上手くまとめる力もなくて

たくさんの人を巻き込んで、迷惑をかけてしまっているんだけど

もう明日で終わり。

だから最後の力を振り絞って全力で準備したい。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/266-168c83b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。