上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この日も午前中、一人で街をぶらぶらして、仕事終わりの
ちこちゃんとさわちゃんと、ウズ人のミズロヴさん(通称水野さん)と
4人で夕食を。
水野さんの、若いのに挫折を経て、工場を経営するまでにいたった話とか、
日本語の上手さとか、かなりびっくり。
そして尊敬。年下だけど尊敬できるウズ人いた!

ご飯もおいしかったし、涼しいのんびりできる木陰のレストランは気に入った。
また来よう! えーっと、グム百貨店の近くのプラトン

この日、夜行列車にのってウルゲンチに帰った。
夜行列車の話は盛りだくさんなので後にして…

サマルカンドペーパーについて紹介しようと思う。


サマルカンドペーパー

捕虜に紙すき職人がいたことから、751年にサマルカンドに紙が伝わった。
8~9世紀にサマルカンドは中近東一の紙の生産地だった。
サマルカンドペーパーは養蚕に使う桑の木を原料にしていたこと、
仕上がりが絹のような光沢を持つことから、シルクペーパーとも呼ばれる。
っていう、すばらしい歴史があるが、そのことを知っているウズ人は
少ないんじゃなかろうか。
19世紀半ばになぜか紙作りは停止してしまったと…
ということで、この製紙法を復活させるべく、紙すき工房が造られた。

まず、桑の木をかまどでぐつぐつ煮ます。
IMG_5138.jpg

そうすると、皮がつるっとむけます。気持ちいいくらいつるっと。
IMG_5139.jpg

表面の黒みを削り取ります。
IMG_5141.jpg

これが繊維となるわけだけど・・・繊維を細かくするためにたたきます。
IMG_5143.jpg
水車の力を借りる方法もあるらしい。

細かくなったら、水にひたす。
手をつけてみたんだけど、なんともいえないさわり心地。
もずくみたいな・・・でもふわっとした・・・
これを型に入れる。
IMG_5148.jpg
和紙とかは原料の木が違うから、均等にするのに繊細な作業が必要だそう。
桑の木の繊維は割りと均等になりやすいんだとか。
IMG_5151.jpg
これをぱかっとすると、繊維が紙状になっている!

これを何枚か重ねてプレスプレス!
IMG_5154.jpg

木やガラスの板に貼り付けて乾かします。
IMG_5156.jpg

石や貝で磨きこすると、表面がつるっつるになります。
IMG_5159.jpg

想像以上にキメの細かい紙になってびっくり!

毛筆以外の筆記用具に対応する紙の出来上がり!

ここの紙すき工房で加工した製品も売っている。
専門家で来た人が、他の製紙法も伝えてるみたいで・・・
それがいいか悪いかの判断は自分にはできないが、写真にあるように
かばんや服なんかも紙で作れちゃうのだ。
防水加工もしてる。かわいい帽子もあった。
IMG_5164.jpg
写真に写ってるかっちょいい女性はちこちゃん(笑)

この紙すき工房で専門家として今きているさわちゃんは9月までが任期。
日本人には癒し系のさわちゃんが、いろいろ説明してくれます。
彼女に会いたい方は早めの訪問をおすすめします!

とにかく、ホントに癒される空間!

あ、ここで働いてるウズ人はめっちゃ元気やった。
IMG_5136.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/250-44ee89c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。