上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.02 新人指導
ウズベキスタンは急激に夏模様です。

週末はいつになく活動的に行動し、
特に昨日は外を歩きすぎて若干日射病っぽくなり
早めに就寝。
夜中に嫌がらせのような電話で起こされ
だるさを解消できないまま朝を迎えました。


月曜ってなんて憂鬱なんだと思いながら出勤。


病棟に到着しいつものように挨拶をして回っていると
見慣れない看護師が。
最近看護学生や医学生の実習が多かったので、また学生かと思ったけど…
仲のいい看護師に聞くと、
この病院で働きたいから今研修に来ている看護師だ、とのこと。
その流れで、なぜか研修指導をお願いされました。

まあ、ここに新人教育はあってないようなものだし、
自分も新人のレベルを知る機会にもなるしと思い、
協力はすることを了承しました。
あくまでも協力

ところが、忙しいをかこつけて
都合のよいこと
(カルテをどこそこに持って行くとか、薬を棚からもってこいとか)
を頼むこと以外は、積極的に教えようとしない同僚達。
未来ある新人看護師に、やっぱりちゃんと指導してほしくて
まず自分がやっているとこを見せないとなと思って
いつのまにかがっつり関わってました。

なんだかんだ、新人もカルガモの雛のごとくつきまとう
でも今まで見てきたここの新人に比べて、プライドも高くなく
教えてほしいと積極的に言ってくる。
なんて学ぶ姿勢の強い子なんだ、と感心しました

学生にすら
これくらい知ってる(やらせるとできないが)とか、
あんたも日本から実習に来たのか

と言われることも多く、やきもきすることも多かったので。
しまいには、なんでわざわざここに実習に来なきゃなんないんだ
とキレかけますよね。
どんなでハイレベルだと思ってんだ!?

日本では学生や新人なんてこれ以上ちっちゃくなれない…くらい
ちっちゃくなって、びくびくしてるのに
こちらの学生も新人も教えてもらう身という意識はないようです。
ガムはくちゃるし。堂々と反発するし。


とにかく学生を見てると学校で教えてることが少なすぎて
ほとんど何もできないまま看護師になってるんだと分かります。
でも指導する側も意識をもっていないので、
就職してもなんとなくで日々が過ぎていくのです。
ちゃんとした知識や技術がいつになっても入ってこない現状。
そのまま経験を重ねた人がまた次の新人を指導する悪循環。
そういう学生実習や新人指導の現状を見て、
途方にくれていました。

そんな中
この新人のムボラックはちゃんと育てたいなと思わせてくれました。
若干集中力がない印象がありますが。

話をしてみると、高校看護科にあたるカレッジを卒業(18歳で)
すぐに就職しなかったとのこと。現在21歳。(3年のブランク?)
昨日からこの病院に来ました~っていうガチの新人。

ブランクがあるにしても…
ムボラックは
カルテの読み方、
脈拍の測り方、呼吸回数の数え方
水銀体温計の使い方・見方が
分かりませんでした

日本の学生でも実習時にはできていること…
というわけで、カルテの表紙に何が書いてあるかから
みっちりみっちり教えたのです。

検温は2時間に1回。血圧計の巻き方から一緒にやって。
合間に自分は消毒の介助やら転床の手伝いやらやりながら。
教えてる最中に、看護師に邪魔されながら・・・
(あれ持って来てとか、これ持ってけとか新人に頼むから)

脈拍の測り方が分からないっていう感覚が分からなくて、
教えるの困りました。
測定部位は分かるけど、数えられないんですよ。
私が測ったら102回/分の患者さん、彼女72回/分って測ってました。
ムボラックが測ったほうが正常値ではあるんですけどね。
頻脈傾向の患者さんだったんです。
でも2年目とかの看護師も、脈が速いと数えられないんです。
どこでどう間違うのか…

とにかく基礎の基礎からですね。
日本の学生以下のレベルです。
日本でも新人指導って大変なのに、ウズ語でなんて…
ホント疲れますよ。

自分のウズ語でどこまで通じてるかわかんないですが、
今日口をすっぱくして何度も言ったのは、
最初に患者さんに触れるとき、
ちゃんと挨拶して名乗って、名前を聞きなさい。
体調はどうですか?と声かけしなさい。
血圧測ったあと、記録する前に血圧計をはずしてあげなさい。


接遇ですね。基本的な。

ウズでは教えてません。
あくまでも個々の感性に委ねられているとしか思えない…

しかも指導項目とか到達目標は言うまでもなく
担当指導者というものも決まっていないので、
日がたてば段階があがって、
いつの間にか夜勤にはいっていたり一人で仕事していたりするんです。
患者目線で言えば、むちゃくちゃ怖い。

自分が指導してるのを横で聞いて、
同僚が何か感じてくれれば、気づいてくれれば…
そんな期待もこめて。
完結はしないと思いますが、諦めずにかかわりたいなと思います。

また、この新人指導を通して
教え方っっていうのを学べればいいなと。同僚も自分も。


ま、気の遠くなる話ですよ。


明日行ったら新人いないっていうオチもあるかもだし。

こっちが思うほど、向こうは求めてないし。

前向きなようで…
考えれば考えるほど、自分必要あるのか?
なんて思う今日この頃。
自己満足で終わらず、表面だけを取り繕うのではなく
芯から整えて浸透させることができる、
そんな活動ができるのなんて一握りなのかな。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/218-4c4dc70a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。