上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連続更新です。


本日午前中は農作業をしました。

話には聞いていましたが、

春になったので木を植えるんです

看護師と医者が。病棟毎に決められた畑に。



外の掃除やら農作業やらも仕事のひとつ。

分担すればいいのに、みーんな行ってしまうんです。

看護師2人と医者1人だけ残って。

監督のため管理職も出て行ってしまう。

いつも私は残って患者看ててって言われてました。

そんなこと言われたって、30人の患者を2人でって

ケアも処置もないけど、

ただ見てるだけにはいかないし

語学力だって自信ないし

なんか急変でもあったらどーすんのよって

いつももやもやして残ってました。


今日も最初は残ってって言われたけど、

妊娠してる看護師と体調不良の看護師がいたので

その2人が病棟に残ることに。

私は外の作業に借り出されました。

カメラを持ってきていたので、写真も撮りました。
IMG_3103.jpg


なんですか・・・

トラクターでまず掘り起こされた土を

ひたすらクワやスコップで掘り返して柔らかくし

水路を造るんですね。

それから木を植えて

川から水を引いてくるところまで

2時間でやれっていうじゃないですか。


積極的にやってる人も多かったです。

やらにゃ終わらんし。

年寄り軍団は管理職の目を盗んで

ひまわりの種かじってましたが…
IMG_3046.jpg


『眉間に皺』 の先生も

おうお前も手伝ってくれてるのか?

何?日本では看護師も医者もこんな仕事しないのか?

それじゃぁお前は畑仕事をした初めての日本の看護師だな

わっはっはー



いや…初めてじゃないかもしれないですが…

かなりご機嫌な先生
IMG_3112.jpg

でも彼が、

お前つったって何やってんだ?終わったのか?

お前はこっちを手伝え。スコップもってこい。


と的確な指示を(?)医者や看護師に送るので

昼前には無事に作業を終わらせることができました。


IMG_3118.jpg
カラカラだった土地に水が…

自分達の造った水路を流れ 染み渡っていく。
(木の下のほうが白いのは、虫がつかないように石灰を塗るためです)


妙な達成感でしたね。

こんな土いじりをしたのは何年ぶりだろう。

本気でスコップで土を掘り返したのは何年ぶりだろう。

体中が痛いよ



でもなんていうか…

見てくださいこの写真を

IMG_3023.jpg

ウズ人は普段

写真撮るときに

こんな満面の笑みにならないです。


自分は中心にいるのに、この写真を客観的に見て

たのしそーって思った



みんな

しんどいって思ってないんですよね。

楽しんでるんです。仕事を。

病棟での仕事もどっか適当だけど

しんどいとは思ってないんじゃないかな。

彼女達なりに一生懸命ではある。

一生懸命やってても、なんかしんどかった日本の病院。

仕事楽しんでたかな とふと思った…


こんな農作業 看護師の仕事じゃないでしょ

って思ってたけど、

ここでは看護師がするしかなくて…

日本ではしないって言ったら、いいなって顔をするけど、

嫌っていってもしかたないから

楽しんでするんですよね。


ウズベキスタンは、ずっとこうなんだろうなって

でもこれでもいいんだろうなって

思いました。

それはあきらめにも少し近い感情だけど

自分にはどうしようもない部分っていうのが大きいから。


でもこういう仕事を経験して

彼女達の仕事量や質を肌で感じることで

改善したいと思っていること

取り入れたいと思っていることが

負担にならないように配慮できるかなと思いました。


なんとなく、また輪に入れた気がしたから

自分も楽しかったです。

ただのお客さんじゃなくて、病棟スタッフの一員になりたいんです。

距離は少しずつ縮まってきてるかなと思います。



赴任して7ヶ月。患者さんのことばっかり考えてました。

だから看護師に対し

不満に思うこともあったし、あきらめてしまうこともあった。

でもまず看護師のことを考えないといけないんだなと

それが私の任務だったなと

初心にもどった1日でした。


看護師のニードとレベルに見合った関わりができるように。

それを忘れないように。




気温とともに

少しずつモチベーションが上がってきたようです。


全ては春になったからですね



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/205-e704e77c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。