上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖かかったり寒かったり・・・
ウズベキスタンの春は毎日寒暖が激しいということで
そうこうしていて
気づいたら夏になっているそうです。

でも今年の冬は寒いが晴れている日が多かったし
今の時期も去年よりは寒くないらしい。
大雨が2日続けて降ったりもして…
気象の異常さってのはあるんだろうなーと思います。
地球レベルで。

そんな気候の変化に身体がついていかず
そんな自分にもどかしさと腹立たしさを感じています。
みんなに聞かれるたびに
風邪はよくなった、と答えていますが咳がとまらない。
ほら、まだ治ってないじゃないと心配されます。
ありがたいけど情けない。

そんなウズベキスタンでも地震のニュースを知っている人がいて、
みんな本当に気にかけてくれています。
日本のことを。
神様のご加護がありますようにと。
世界中の人が見守ってくれています。
私はそれを伝えることしかできませんが。


今はここで自分の活動を一生懸命やろうと
そう思いました。


春になったので、病院でも
畑仕事や掃除をする職員の姿が多くなりました。
大変だなと思います。
看護師も医師も看護助手も本来の仕事とは別に働かなきゃいけない。

看護師が看護だけをやれる環境であれば
もっとモチベーションや能率はあがるのだろうか…
患者を別の部屋に移してまで重症部屋を大掃除する看護師を見て、
上から言われるからという理由だけでここまでしてるんだろうかと
疑問に思いました。

きれいにしたいなという思いがあれば、
タイミングや方法はもっと違うであろうし、
単に上から言われるから、やらんと怒られるからってだけなら
ここまでおおがかりになるかなと。
その辺の感覚が正確につかみきれていないので、
ただただ傍観しているだけですが。

その汚い雑巾で壁を拭いた後に床を拭いて
その手でドアを触って患者を触って…
最初から最後まで一人のスタッフを目で追ってみると、
掃除って、きれいにするっていったいなんなんだろうと
頭が痛くなります。

消毒液の割合も量も 拭く回数も
全部法律で決まってるから、
考えてやってないんだと思います。

毎日掃除しまくってみようかとも思ったこともありましたが
(掃除ってこういうことだよと見せるために)
使う消毒液の割合だとかやり方とか
いちいち指摘されそうでやめました。

やっぱり難しいです。
法律でぜーんぶ決まってる中で
考える力をつけてもらいたいっていうのは。

でもそれでもがんばろうと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/200-9010810b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。