上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
首都から帰ってきて、ウルゲンチはまだ氷点下だったけど、
室温も10度下回ることがなくなり、日が長くなってて…
ウズベキスタンの短い春の兆しが少し見えてきた

自分にとって
出来事を記録に残す、ブログに書くということは、
少なからずその出来事に関して自分なりに整理するということで…
良かったことでも悪かったことでも
ある程度消化できた時点で、やっと文章にすることができます。
というわけで、面白味もない記事ばかりで
なんのためにもなりゃーしないブログになってます。



今回の5日間の首都滞在。
最初から最後まで緊張していて気持ちに余裕がありませんでした。
それに加え、
いろんなことがありすぎて、自分の中で吹っ切れてない部分が
たくさん残っています。


その中でひとつだけ。


保健省傘下の医療系隊員は、3ヶ月に1度、保健省に赴いて
活動報告をする必要があります。

保健省のトップの人にお会いできるので
自身の活動で困っていることや問題などがあれば、言ってもいい場になっています。
それでも言葉を選ばないと、配属先の看護部長が怒られてしまうことも多く、
それを懸念し、とても言える雰囲気ではありません。
といっても、このトップの人が直接解決できるだろうことも限られてはいますが。

前回は、今後の活動については話せることがなく、
こんなことしてます、外科の看護師と一緒にがんばりたいです。
としか言えなかった。
でも今回は、今後やりたいことが少し具体的になってきてたので、
こういうこと教えていきたいと思ってます。と付け加えてみた。

問題については聞かれても答える気がなかったですが、
相手から聞かれた問いは
『あなたは、ここの看護師から何か学ぶことがありますか』

なんか、うまく表現できないけど、
胸の奥が冷たくなるような
痛いところをつかれたような
言葉につまるというのがぴったりな心境。


初日に受けたこの質問に
さらに衝撃を受けて、丸1週間考え込みました。


初めのころは文化も教育も法律も違うこの国のこと
少しでも理解したいと思って、いろいろ聞いてました。
もちろん語学も含め、教えてもらうことばかりでした。

そういう気持ちが少しずつ薄れてきていることに気づいてました。
別に自信過剰なわけでも、上から目線なつもりもありません。

なんでこんなことしてるんだろう、間違ってるのにって思ってたことを
日本と違うだけなんだなと思うようになりました。

でも最近は

ここは日本と違うなってことを、変えたいとは思わなくなっています。
何が正しいか分からないから。

ここはいいなって思うところを吸収しようとは思わなくなっています。
違う文化(日本)で通用しない気がするから。

正直、しかたないというか、諦めの部分が強くなっていると思います。

仕事も増やさず、物も使わずに看護の質をあげるって…
質が満足感につながるのなら、誰の満足のためなんだろう。

それでも今やりたいことはあって、
教えたいこともあって、
知りたいこともあって、
変えたいこともあって、
自己満足にならないようにうまくバランスとりながら
ひとつでも自分にできることはないかと奮闘している。


こうした自分の中の矛盾した気持ちに苦しんでるんだなと気づきました。


物もあふれている、最新の知識や技術も学ぼうと思えば学べる
そんな日本の教育しか受けてなくて…
昔の日本も知らなくて…

同じ目線にたとうと思っても、分からないんです。


たった2年。

自分がいたことの形は残せなくてもいいやって思う反面
せめて自分が何か得て帰らなければという焦り。

なのに、今後、ほぼ役に立たないだろうウズベク語+方言に苦戦し
技術は衰えていく一方。

半年前の自分に比べて、今の自分が成長しているとは思いません。
でも、半年間ここで、ウズベキスタンの人と一緒に
一生懸命働いてきたからこその気持ちだとも思います。

この国のこと、表面だけを見ていれば、
活動が自己満足でよければ、
こんなに悩むこともなかっただろうと。

成長するか退行するか、どちらにしても
今の自分の気持ちが変わる可能性もあり
間違っているわけでも正しいわけでもなく
ひとつの事象として
今後の自分のために残すことができるかなぁと。
今の自分も、この悩みもありだったんだと思える日が
くればいいなぁと。


1週間考えて まとまった気持ち。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/194-29d2237d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。