上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日からの吹雪、積雪ですが…

めったにないことなので(年間降水量が少ないため)

大変混乱しております。ウルゲンチ。


昨日は病院からのバスもダマス(乗り合いタクシー)もなく

半分歩いて帰りました。

一昨日の雨でぬかるんだ土の上に、積雪。

もちろんタイヤが整備された車両なんてひとつもないので

立ち往生している車も多かったです。


夜間にかけて、積雪量が半端なく風も強い。

首都から帰ってくる予定のYさんに

飛行機飛ばないかも・・・と連絡すると、

なんと首都は春の陽気と

何この違い・・・



そして本日朝。


ここ、どこ!?

な風景。


案の定、朝7時の飛行機は遅延しているとYさんより連絡。
(結局今日は飛ばなかった)

こんな中、自分はどうしたかというと、

職場に行った!

おそらく、市内に住んでいる私しか行けないのではないかと…

病院には入院患者がいるので、休みにすることもできないし

夜勤の看護師も困ってるんじゃないかと思って。

強い責任感があったわけじゃないけど、

何しろ同僚や部長と電話が全くつながらなかったのもあり・・・


車は全く走っていない。

でも人は歩いているみたい・・・
IMG_2486.jpg
ということで、歩いて行きました


途中、何を思って走ってたのか埋まってしまった車もあり。
IMG_2502.jpg

膝までの積雪で足が動かない・・・

ところどころ思わぬ深さで腰まで埋まったり。

人の足跡たどって歩いてるのに溝にはまったり(おそらく前の人もはまったのだろう)

車が通った跡は凍っていてすべる


途中吹雪いてきて、出勤をマジで後悔しました。

遭難する人の気持ちがよく分かった!

だって座り込みたくなったもん。

なんか雪柔らかそうやし、汗かいて寒さ感じなくて・・・

寝たら気持ちいいかも~

なんて死神のささやきが・・・

商店のドアなんて半分埋まってるんですよ・・・
IMG_2498.jpg

そうこうしていたら視界10mとなり、自分がどこ歩いてるか分からなくなったり。

病院どっちですか?

って聞きましたよ(笑)いつも通ってる道なのに。

マジで遭難するかと思いました。



1時間以上かけてたどり着いた病院に

最大のトラップが!!

道がない!

マンホールの蓋がない箇所が2~3個あったと思うけど

場所が分からん!!

危険~

ずいぶん前に誰かが歩いた跡があるけど…

ほぼほぼ埋まりながら玄関まで行きました


病棟に着くと、日勤者、自分しか来てなかったです。

師長さんも部長さんも来れてなかったです。

ドクターも 夜勤と、歩いてこれる範囲の人しかいなかったです。

それでも患者さんはいるので、仕事が半端ない!

来るかわからない日勤の看護師を待ちつつ

夜勤の看護師と一緒に業務をすすめる。

最悪なことに、断水・停電。

インフラストップ。


途中ドクター達が外に行くからカメラを貸してと。

雪だるまつくろーと言われたけど、

丁重にお断りした。

アホかいな。そんなことするために来たんじゃないわー

でもちゃんと外で仕事もしたらしい
P2040455.jpg
雪かきするドクター達が写ってた


正午前、徒歩2時間以上かけて看護師と看護助手が1人ずつ到着。

この人たちは、必然的に今日の夜勤もしなければいけない。

その後6時間遅刻して、トラクターで来たという看護助手も(笑)


オゾダ、お願い残って

という看護師たちの悲痛な叫びを聞きながら…
(日勤が来ないため、昨日の昼から連続勤務の人たち)

雪が止んだのを見計らって帰りました!

ごめん、ホント
だって、私記録できないし・・・体力限界

走ってる車は数台見かけたけど、ホント自家用。

なのでまた1時間以上かけて歩いて帰宅。

走ってる馬も見かけた
IMG_2510.jpg




やっと家にたどりついてほっとするも・・・

停電中

うち、ガス暖房なくて、お湯もでないので

電気ストーブだけが友達なんです・・・

しかも、ベランダに積もった雪の重さで(?)

台所からベランダに出るドアがしまらない・・・


ささささささ・・・さぶ



春の陽気なタシケントの事務所ではウルゲンチの豪雪事情なんて知らない。

交通機能が麻痺しており、現地人も右往左往している状況。

なので写真つきで出勤前に事務所にメールで報告しました。

だって、もし出勤中に…職場で・・・家で…

何かあったとしても、すぐ来てもらえないし。

それなりの不安はあります。

それから戻ってくる予定のYさんは空港で待機という指示。

飛行機が飛んだとしても、ここに帰らせるつもりなのか!

整備もされてない車で、こんな道とても危なくて乗れないですよ?

歩いてると遭難しかけますよ?

心配しなくても、状況把握のために連絡くらいくれてもいいようなもの。

私とYさんがこまめに連絡とって、事務所に指示仰いで、その挙句空港で待機!

ただの雪かと思うかもしれませんけど、この状況は確実に自然災害でしょー。

もっと配慮された判断が必要やと思いますけど…

今ひとつ状況が事務所に伝わらなくってがっかりした1日でした。

半日空港待機したYさんは結局1日首都に延泊になったそうですが…

だから言ったでしょう!って事務所に言いたい。



愚痴しかでないですけど…

だってマジ寒い。

でも雪止んだっぽいしもう大丈夫なのか??


そして、子供が外で遊ぼうって呼びに来る。

出ません。

ドア閉めて・・・お願い。

室温が下がる
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/184-d100f268
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。