上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愚痴を全国発信してしまいましたけど(笑)
なんかかなりすっきりしたというか
開き直ったというか。

興奮してたしなかなか寝れなかったけど
いろいろ考えてたら、なんか
つっかえが一個取れた気がしました。
それが何かはわかんないけど。
あきらめとかじゃなくって
もっと前向きな感じ。
でもやるしかないよね
みたいな・・・


実は、カンファレンスは全看護師に同じ内容でやるため、
3回実施されます。
だから今日もありました。
(明日もあります・・・)
もちろん昨日来ていない病棟。
だから、やっぱやるしかないってのもあり。

ひじょーにふっきれた状態でカンファレンス室に行きました。

今日は看護部長さんも出席。
医長は看護師の出席をとったら退出。
看護部長さんが上手く看護師をまとめてくれ、
最後まで話すことができました!

それだけで満足です


スライドのトラブルもあったけど
1人じゃなかったからテンパらなかったし。

まだ序盤だったんだけど
ボランティアで来た経緯とか
自己紹介的なものを話し終わったあと、
めちゃでかい拍手いただいたし。

一番最後に、まとめとして言いたいことを書いたノートを
手元に置いてなくて・・・
完全にアドリブでしゃべってしまったけど
でもその場の雰囲気で、
やっぱそれが一番言いたかったことだった。
だから(ちゃんと言えたか分かんないけど)伝わったと思うし。


プラスアルファでほっとしました


あとは、やっぱ聞いてるほうもあきちゃうのが見え見えだから、
いかに聴衆の集中力をきらさずに最後までもっていくか
ってのが課題かなぁと。


あと、看護部長さんから昨日のことについて、
看護師達のカンファレンスに対する参加態度
(欠席・遅刻が多かったり白衣を着てなかったり…)
に医長は怒った。
講義の内容が悪かったわけじゃない。

と説明がありました。

看護師たちも一発でピシッと集まってくれたら
カンファレンスもあんなことにはならなかったもしれん…
と思ったその気持ちは、昨日の時点でとっくに消えてました。
だから
月1回のカンファレンスに参加する意味はなんなのか
という最大の疑問だけが残ってます。
聞いた話では
重症患者の部屋を看るために欠席した看護師が反省文を書かされるとか。
患者のために残るっていう意志は間違ってないはずだと思います。
でもそれが尊重されない。

服装もできればきちんとしてたほうがいい。
遅刻も欠席もしないほうがいい。
でも、休みや夜勤明けだったり、
仕事が残ってたりっていう理由もあるはず。
そんな頭ごなしに怒るようなことじゃないと思ってました。

それより、講義や会議の内容をきちんと理解してほしいし、
それに対して自分の意見や考えを持ってほしいし、
できればその後に活かしてほしい。
みんなで意見交換をしてほしい。
せっかく全員集まるんだから
そういう意味のある時間にできないのか。


でもそれも含めて課題だと思います。
今回のこと、やっぱ勉強になりました。



今日は病棟にでる日じゃなかったけど
帰りにちょっと顔だしました。
ホントはこの人達に最後まで言いたかったんだよなぁ
と思いながら。
4ヶ月働いてますけど
ちょっとしたことで、やっぱ余所者だよなって感じることがあります。
時々、孤独感をもってしまいます。
だから仲間としてみてもらいたいって気持ちが強いです。
教えるだけじゃなく、マンパワーにもなりたい。
みんなが何を考えてるのか知りたい。
もっとたくさん話したい。
もしもっとよくしたいと思ってるなら
一緒に考えたい。
一緒にがんばりたい。
ホントはその気持ちを伝えたかったんです。

今日、他の病棟の看護師に話をした手ごたえと

昨日のことも含めて、自分の
いろんなものに対する不信感と疑問によって生じた
看護師に対する連帯意識と

昨日のことを心配してか
いつも以上にねぎらいの言葉をかけてくれた
外科病棟のみんなの笑顔

それがあったから
なぜかすごくほっとする空間でした。

今の自分の気持ちをあらわすなら

冷静と情熱の

読んだことのない本のタイトルが浮かびました。
内容知りません。
すみません。


でも

冷静と情熱の

それは

『ほっ…』

ではないかと

ふと思ったのです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/159-0a065f0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。