上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウズベキスタンにはめずらしく、蒸し蒸しした1日でした。
室温は34度以上。風もなく、立っているだけで汗をだらだらかくような感じ。

そんな中、エアコンはもちろん扇風機すらなく、しかも断水しているという病院の中で、患者さんもだいぶ
イライラしていたように思います。暑いし痛いし、寝るしかないけど、寝れないっていう・・・
かわいそうだ
みんな体温38度近くになってたしでも冷やしてあげれない。

そして、上手くコミュニケーションがとれないことで、さらにイライラを悪化させてしまいました。
日本でもなんらかの理由でコミュニケーションとるの難しい人はいたけど。
今は相手は普通にしゃべってくれるのに、私が全部を理解できないから申し訳ない・・・
しかも緊急の訴えとか分からなくて(吐きそうとか、トイレとか)何回も聞いて困らせてしまったし、朝からかなり凹みました

断水・・・こちらとしてもかなりイライラします。
今、タオルを濡らしたいのに、今、手を洗いたいのに・・・できない。
水の大切さっていうのを身にしみて感じています。
ぶっちゃけ、停電は気にしてないです。機械なんてひとつもないから(ICUとか検査室とか手術室は大変だろうけど)病棟は部屋の電気なんてほとんどつけないし。

自分の家だと、どちらもあきらめられるんですが、病院は患者さんがいますし。

どうしたらいいもんかと悩みながら午前中を過ごしていたら、いつも声をかけてくれるドクター達が
「日本にもコーラあるか?おいしいか?まあコーラ飲めよ」と、冷たいコーラを恵んでくれました
水分摂ってなかったので、生き返りました。


午後から、ちょろちょろと水が出る水道があったので、数人、体拭いてあげました。

あーもっとしゃべれるようになりたいなぁ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinotori422.blog129.fc2.com/tb.php/120-a75b2867
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。