上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありえない疲労感で、仕事から帰宅後バタンキュー。

まだ夕方かな?くらいの明るさで目が覚めたら



20:30


ベッレー~(=_=)


3時間以上も意識を失って…無駄なことを…

そんな1週間を毎日送っていました。


お別れのため、全部の病棟をまわって挨拶して、お世話になった人と写真撮って…

っていうのは結構疲れるんですね。

あ、現像して配ってっていうのもやってるからか。

夜勤とかもあるから、二度と会えない人っていうのもいるので、

毎日が一大勝負みたいな感じです。

でもまだまだ実感がわかなくて、ふとした時に『この人ともう会えんのかー』と考えて

写真を見て寂しさがこみ上げてきます。


同時に、保健省への報告書(ウズ語)、JICAへの報告書(ウズ語訳で部長と師長にも提出)、

JICAのネット公開の活動報告書、どっかの国の隊員がやってる活動データブックの原稿、

原爆展の開催報告書・・・

と、ありえない量の活動報告書類に追われてました。

が、昨日全~部提出して、ちょっと一息ついたところです。

あとは、ウズベキスタン医療部会(保健医療関係の隊員のグループ)と、全体報告用の

発表スライドと原稿を作るだけです。


自分のためにも残しておきたいので、ここで同僚の紹介をしたいと思います。

まずは、リーダーの3名。

サドゥルラエヴァ ディルフーザ1988年生まれ
ディルフーザ小
彼女はとても向上心が高くて、頭がよくて、患者さんのこともしっかり考えていて
私が一番信頼している看護師です。ウズ人には珍しく、しっかり物事を考えて行動してるので
いろんなことをよく討議しました。看護過程でも食いついてくるのは彼女でした。
これからきっとウズの看護界をひっぱれる人材。ぜひとも大事にしてほしい。


ルーズメトヴァ ディルノーザ1988年生まれ
ディルノーザ
彼女とディルフーザは同い年で家も近いらしく、いつも2人で行動してました。
ディルフーザよりは大人しくて、自己主張は少ない方だけど、処置担当の時期は
半年くらい一緒に仕事してたので、彼女にもいろいろ仕込みました。
あ、そうそう処置の時使用する物品、洗うのめんどくさいからって全患者に同じの使う人が多いんだけど
感染リスクがあるからだめだよね、ってちゃんと分かってたのは彼女。その時は感激したなー。
カンファで緊張してしゃべれなくなったり…でも頑張り屋さんです。


ジャベルギャノーヴァ ムカッダス1973年生まれ
ムカッダス
ムカッダスは赴任したての時に、重症部屋の日勤担当だったので、彼女と一緒に働くように
当時の師長代理の看護師にあてがわれました。最初は、この子をどーすりゃいいの!的な
感じでしたが(笑)そのうち絶大の信頼を寄せてくれるようになり、中堅看護師の中では
一番吸収力がいい人なので、私もなんでも彼女に言うようになってました。
私にとってはウズでのプリセプターみたいな存在の人。大好き。


この3人は、病棟の中でも納得できるほど仕事のできる人。
師長さんも経験年数関係なくリーダーに指名するってことは、ちゃんと分かってるんですよね。
リーダーは勉強会の担当をしたり、病棟内教育のリーダー業務をしているみたいです。


次は若手の看護師達

アブドゥハリモヴァ マフトゥーナ1991年生まれ
マフトゥーナ
彼女が新人として来た時に、私が基礎看護技術の指導を担当しました。
仕事終わりに一緒にアイスも食べにいったなぁ。去年のこのくらいの時期。
いつも会うとハグしてくれるカワイイ子です。
勉強熱心ではあるけど、自立心がちょっと…でも優しいNsです。


ラジャポーヴァ マンズーラ1982年生まれ
マンズーラ
若手っていってもうちより年上だけど(笑)彼女も信頼できる看護師。
病棟で一番美人やと思うけど、写真を見せると同期メンズには否定されます。
でもきっとフェロモンでてるんやわ。傍にいるとドキドキするキレイさなんですvv
 
頭もいいし、しっかり自分の意見を持ってるし、この人ともよく実のある討議したなぁ。
ディルノーザに『1患者1器具』を教えたのは彼女らしいです。
結婚して6年、流産ありで子供ができなくてノイローゼになって2ヶ月休んでて
最後一緒に仕事できなかったです。でも先日たまたま会って、妊娠してるということ。
無事に元気な赤ちゃん生んでね、マンズーラ!


ベクメトーヴァ スルタンパッシャ1991年生まれ
スルタンパッシャ6
クラスとか職場に1人はいる、すごく頑張り屋なんだけどできない子…なんです彼女。
眉毛つながってて、笑うとめっちゃいい顔するんだけど、いつもへの字になってます。
どうしても分かんないの、っていって私にいろいろ聞きに来てて、個人的には大事な後輩。
容量が悪いだけで、ホント優しくて愛嬌のあるいい子です。がんばってほしいな


ムスタファエヴァ サダカット1993年生まれ
サダカット
この子は逆に容量がよくて、可愛がられるタイプ。病棟で一番若手です。
スルトンパッシャより半年以上後に入ってきたけど、先に夜勤こなしてました。
吸収力はいいし、向上心もあります。指導に入ってないから技術面はあまり知らないけど
とにかく横に立つのが恥ずかしいくらい可愛いね(笑)


ユルダショヴァ フモール1991年生まれ
フモール
フモールも新人時代に指導しました。最初、患者さんに触れるのが怖くて、血圧図るのも
手が震えてた子。オゾダのようにチャッコン(テキパキ)働きなさい!なんて
私と比較されて怒られてたけど・・・今となっては堂々としたもんです。
昨年末に結婚して順調に妊娠して産休に入ってしまい、きちんとお別れできなかったです。
でも、愛嬌もあるし、忠実なので、もう一度現場に戻ってきてほしいなと思う子です。



教えがいがあるというか、一緒に働いていてため息をつくことがなかったメンバーが

以上です(笑)

若手のほうが、仕事に専念するのもあって、向上心が高いですね。やっぱ。

こっちも後輩のほうが教えやすいですし。

ちゃんと自分の考えを持って働いてるなと思うことが多く、私も信頼しています。

信頼関係が出来ていた分、向こうも別れを惜しんでくれてて、ホントさみしい(´Д⊂


ウズの結婚年齢は若いし、子供産んでなんぼなので、この若手のNsがどんどんと

入れ替わってしまうんです。しかも3年くらい育休とるし、ブランクがねぇ…

赴任1年目も『せっかく発掘したのに!』というような残念な別れを何度も経験しました。

学校と違って区切りもないし、夜勤だったり日勤だったりで、集中して関われることもないし、

最後まで見守れることもないし…

彼女達の日常のなかに、ふっと入ってきて、いろいろいちゃもんつけて、ふっと去っていく…

そんな存在にはなりたくなくて、関係作りはがんばったかな。


つづく
スポンサーサイト
いわゆる中堅Nsたち。

そんな年でもないんだけど、若手から急におばちゃんばっかりになります…

マシャリポーヴァ ショイラ1977年生まれ
ショイラ
飲み会や行事には必ずいてたし、私が1年目くらいの時に、数ヶ月重症部屋の日勤だったので
一緒に働いてました。っていってもコキつかわれることが多かった…
おねが~い、って言ってなんでも頼んでくる世渡り上手な人。
でも、パンとか手作りソースとか色々くれたなぁ。


サマンダローヴァ サロマット1972年生まれ
サロマット
思えば10歳以上年上だったんだね、サロマット…対等に言い合いをよくしたわ(笑)
基本揉め事嫌いで、ヘコヘコタイプな人。本音と建前がよく分からん典型的ウズ人。
飲み会の時は汗びっしょりになってダンス踊ってたりして、ムードメーカーではあります。
仕事となると、もー(ー_ー)!!って思うことがよくありました。



エギャモヴァ ナゾキャット1982年
ノザキャット
ここ、クセモノ!プライドが変に高くて関わりづらかった。
ウズでは基本年上の人にお姉さん(オパ:ホラズム州ではオプキャ)ってつけて名前呼ぶんだけど、
そんな年変わらんし、呼び捨てしてたら『私あなたより年上よ』ってぼそっと言ってきて
意地でも呼び捨てにしてました(笑)私のことは下の子も呼び捨てのくせにねぇ。
患者さんへの対応は優しいなと思うし、仕事もできるほうやと思うけど、なんでも笑ってごまかすし
こきつかわれて疲れるので、最後のほうは一緒にはたらきませんでした。


ラッザコーヴァ マロハット1984年生まれ
マロハット
この人は、最初オプキャとつけて呼んでましたね(笑)年下やんけ!
目立たない人やし、一番遠い部屋で働いてることが多いし、最初は不信感丸出しにされ…
オゾダと一緒に患者を迎えに行くのは怖い(言葉が通じないかもしれないから)!とかねvv
私も敬遠してたんだけど、1年くらいたってから急に信頼してくれるようになって、
いつもすれ違う度にウインクしてくれてました。意外と理解力が高い子やって分かって
看護過程については色々教えました。緊張しぃなだけで、スゲーいい子です。


ハッサノーヴァ マルーダ1985年生まれ
マルーダ
この子も年上やと思ってたわ!表情がふてぶてしく見えるし、おとなしすぎて
最初は全く関わりなしでした。でも、意外とカワイイとこあるんですよ。
マロハットよりはちょっと容量悪いけど、努力家タイプです。
年が近くてキャラが似てるからか、マロハットと仲がいいし、私もよく名前ごっちゃになってました。
もっともっと探りたかったなっていう子です。


ジャバロヴァ アズィザ1981年生まれ
アズィザ
アズィザは一緒にいて安心できるオーラというか雰囲気のある人ですが、
写真とか現像してあげても一切お金払ってくれなかったな(笑)しれっとしすぎて。
なんでも流すタイプで、別にすごくできるわけじゃないけど怒られることの少ない人。
まあ、こっちも真正面からぶつかるようなタイプじゃなかったってことですね。


フダイベルギャノーヴァ グリスタン1962年生まれ
グリスタン
グリスタンオプキャは言わずもがな、病棟で一番年配。
そして、私の生まれた年にこの病院で働き始めたという長い経歴の持ち主。
でも他の看護師は、グリスタンオプキャはねぇ…というふうに色々諦めていてて
関わってみると、スゲーいい人なんだけど、もうおばあちゃんっていうくらいの人でした。
忘れっぽいし、テキパキは働けないし。でも、最後の看護過程の授業のときは、
色々教えて!って意外と積極的でビックリしました。
母親くらいの年なんですよね。そう思うと愛おしい人です。


クルヤゾーヴァ ディルフーザ1982年生まれ
ディルフーザ大
彼女はねー…医者とイチャイチャするし(未婚)最初は嫌いでしたね。プライド超高いし。
仕事は出来る方で、PC入力も唯一できる看護師だったので、そういう仕事を一緒に
やらされることが多くて、関わりは多かったけど、よくイライラしたわ。
『いうてもオゾダは看護師やし、私は消毒介助のこともっと勉強したいけど、あなたは
 教えることできないでしょ』って最初にアンケートに書かれてイラっとしたんだけどね(笑)
日本の看護師をなめんなよ。
たまにカワイイとこもあるし、意外と若くて年近かったし、最近になって嫌悪感なくなりました。


ボルタエヴァ ショヒダ1984年生まれ
ショヒダ
病棟の宴会部長。これだけのメンバーで唯一同い年ショヒダ。
強引で上から目線で、めっちゃよくイライラしたわ。でもこっちも対等に言いましたけど。
1年半くらい、面会者をさばく入口で仕事してて、病棟の会計みたいな仕事もしてて
看護職なのか??と疑うほどだったんだけど、やっぱり看護師やったらしい。
容量だけはいいしイベントには必ずいるからスタッフとの仲はいいけど、私は好きじゃなかった。
でも、いつもPC入力頼んでくるから、もう私帰るし自分でできるようになりなよ、と
昨日PCの基本的な操作方法を教えたら大興奮してました。
言葉の壁で微妙なニュアンスが通じなくて、イラっとさせられてただけなんかもね


ラジャポーヴァ イクボル1972年生まれ
イクボル
巨体さん(笑)この人は、飲み会には必ずいるんだけど、赴任して2ヶ月目くらいの時に
『私から師長に頼むから、今日の夜勤交替して!お願い!!』と言われた時以外
一切職場で見かけず、何者なんだ!?と思ってたら、夜勤専門のNsでした。
もちろん交替はしませんけど。月に数日、どうしてもスタッフが埋まらない日に夜勤してるっぽい。
年齢不詳だったけど、師長と同い年ってことが判明。




仲がよかった人たちより、この人たちのほうが書くことがたくさんあるっていうね(笑)

喧嘩するほど仲がいい、というのとは違うけど、もめた分だけ印象には残ったかな。

1年目の時に一緒に働いていて仲のよかった看護師が2人(育休中)
グルノーラ、シャフロー

2年目、意外と看護過程に食いついてきていろいろ教えてた看護師1人(産休中)
ソヒヴァ

新人指導したけど、他の病棟に移った看護師1人
ムボラック

他にも何人か入れ替わったのかもしれないけど、私の記憶に残ってる

外科病棟の看護師は以上です。


今となっては全員愛おしい人たち。

もっとたくさん伝えたいこともあったし、話したいこともあったし、聞きたいこともあった。

家庭がある人は子供の前では一気に母親の顔になって、仕事と家庭との区別をあんまつけないし

みんなそうだから、子供を職場につれて来てもOKな雰囲気は日本では考えられなかったかな。

看護師になりたくてなったけど、家族のために仕事してるっていう感じです。

だから、向上心も持ちにくいし、改善とか質の向上とかには関心がなかったでしょうね。

中堅・年配のNsにはウズ語とかロシア語とか、言語面でいろいろ教えてもらい

若手の看護師に期待して一生懸命教えて、食いついてきた人には真剣に対応して…

そうやって関係を築いてきました。

こっちの熱意は伝わって、2年目後半は病棟全体の雰囲気も熱くなってたと思います。

外科から変えていこう!みたいな。

病院内で一番忙しい部署で、みんな辞めたい辞めたいって言うんだけど、

どうかみんなで頑張っていってほしい。せっかくいい病棟なんだから。


2年間本当にどうもありがとう!いろいろ悔しかったけどいろいろ楽しかった。

みんなとあえなくなるの、めっちゃ寂しいわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。