上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
看護過程について、最後のセミナーのチャンスをいただいております。

新記録用紙を導入していない病棟は4病棟。

その病棟には書き方を、すでに導入している病棟には込み入った情報を。


1日目は導入していない2病棟をあててもらっていました。

書き方に関しては、嫌というほど指導してきて、ウズ人のわからないところとか

決まって出てくる質問も全て把握してあります。

なので、先周りしてポイントを押さえながら説明。

するつもりが、今回他のテーマで担当になってる外科の看護師が1人参加していて、

『私知ってるから』って感じで、先に説明しはじめて・・・

確かに、指導のできる看護師を育てるのは一番の目標でしたが、

この看護師はそもそも出しゃばりなだけで、主旨をあんま理解していない。

ホント余計なお世話って感じでした。

打ち合わせもなにもなしに、勝手に説明されてもマジで困る。

ただ注意点もなにもなしに、『これはこう書くの』なんて誰でもできる。

ウズの講義なんて、教科書丸読みっていうのが普通になってるし。

でも、そういう説明を聞いているほうも、ハイハイハイハイって感じで

流して聞くようになるんですよ。

その講義方法があんまりよくないっていうのは、管理職はみんなわかってます。

だから、我々がスライドや写真を用いて、実技を用いて説明するのを褒めてくれるんでしょ。

その期待を裏切らないように、私は、講義方法も妥協せずに工夫してきてるんです。

ひとつひとつ理解度を確認しながら進める方法も最後まで貫いてきたので、

それを邪魔されてイラっとしました。


あと、私が以前に教えた浣腸についての講義を、外科の看護師がほかの病棟に教える日

でもありました。

担当になったのはそのでしゃばりの看護師と、私が信頼してる若い看護師。

若い看護師のほうは私の作った資料を読んでたんですが、緊張して何度も

つっかえちゃったんです。

そしたら、看護部長に途中でとめられちゃいました。

自分で作った資料じゃないのか?練習してきたのか?と・・・

練習してなかったのは事実だけど、緊張してたんもあるんでしょう。

部長の対応とかは別にしかたないかなと思ったんだけど、私が腹がたったのは

でしゃばりな方の看護師が、そのことをすごく馬鹿にしたことです。

ほんで師長にちくってました。

いうて、その看護師はただ資料を丸々つっかえずに読めたってだけですよ。

何が違うん?あなた何か工夫した??と言いたい。


かなり腹がたったんで、セミナー中も、セミナー後に師長の部屋で反省会したときも

あんただって全部正しいわけじゃない!と啖呵きりました。

同い年なんでこっちも遠慮なしです。

で、失敗しちゃった看護師のほうには、1つずつ上から資料を一緒に見て、

こういう風に説明したらいいよ、ここを強調したらいいよとフォローしました。


残念ながら2日目は担当がまた変わったので成果は分からずですが…


ほんで2日目。

参加部署はICUと循環器。

どちらも新看護記録用紙を導入済みです。

なので、ひとつ上のレベルのことをテーマにしました。

専門的になりますが・・・

情報収集した後、『何を問題とするか、解決すべきことは何かを見つける』過程についてです。

まずは、書き方の復習とポイントから。

PCが使えないという最後にしてアナログになってしまったんですが、

最大限できる準備をしました。
IMG_0967.jpg
パーツたち
IMG_0969.jpg
IMG_0968.jpg


シュミレーションは何度もしましたが、始まる前にふと・・・思いました。

なんか、通じない気がする。と。

時間通りに集まらないのはいつものことですが、まず全体的にだらけている雰囲気がありました。

それから、こちらとしてもスライドや配付資料を使わない講義は初めて。

使用する教材がどの程度理解されるものなのか手探りなスタート。

でもスタートしてる場合じゃないんです。

これが最後なんです。

もちろん反面教師として後任への参考になるならいいんですが…


基盤になる絵や表に、情報を付け足していく方法をとりました。

説明しながらテープで貼ったり、プラカード状のものを持って見せたり。

でも、予想外にバタバタして、それが集中力を切らした最大の原因になったのかもしれません。

日本人なら、次に何が出てくるか少し注目するであろう場面も、

間を置くことで、集中力が切れるという…

看護師の雰囲気をみて、2つ3つ飛ばして進めました。

そしたら、微妙に内容が繋がらなくなって修正もきかなくなって

無理やり終わらせた感じでした。

興味を惹きつけるのと、内容を理解してもらうのと、同時は難しいなと思いました。

これも反省のひとつですが、4日目にもう一度チャンスがあるので

もう一回進行方法を考えようと思います。

その日が本当に最後のセミナー。

タシケントから後輩隊員が見学にきます。お客がくるくる、っていって看護師も楽しみにしてるし、

参加するのは、外科も含めて、まあまあ濃い関わりをした病棟。

私も自分の活動を見せるチャンスでもあるし。

できれば今日みたいな雰囲気にはしたくないなぁ。




あ、活動は6月8日までやるつもりでしたが、1日から改修工事が始まるようです。

病院全体だから、患者は入院させないし、工事に関わるスタッフ以外は無給休暇です。

なので、実質2週間、病院が機能しません。

つまり、私はいても意味がありません。

毎年6~7月に工事は設定されます。

去年は6月中旬で、休みたいと思っていたのに

JICAの行事とかぶってしまってあまり休めなかったのに、

最後だからしっかり働きたいと思ったら、今年は時間を奪われることになりました。

外科は手術後の患者が最後まで残るので、他の病棟のように、

『今日から改修工事始めます!』とはいきません。すべては患者の病状次第。

スタッフだけ徐々に減らしていく、という。

なのでいつが終わりなのかハッキリしないまま・・・

なんとなくお別れになっちゃうんですね。


まあ元々自分のための活動ではないので、最後まで黒子としていればいいということですね。

とりあえずあさっての最後のセミナー時には、外科病棟のスタッフだけには

きちんと2年間の締めくくりをしてしまおうと思います。



昨日から給料配布が始まってました。

初めてちゃんと観察したけど、当然、ウズ人はここでも並びません。
IMG_0953_20120523214459.jpg

このときばかりは、本気でウズに生まれんでよかったというか、

日本人でよかったと思ってしまいました。

秩序はみんなで作っていくものですよ。



モチベーション下げてる場合じゃないので、ラストラン悔いのないように。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。