上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.01 ブハラでJUMP
中央アジアで一番古いモスクの前で



いっ

IMG_1604.jpg


せー

IMG_1605.jpg

のっ

IMG_1606.jpg




もういっちょ



よっ

IMG_1593.jpg


こら

IMG_1594.jpg



せっ

IMG_1595.jpg


体 重すぎやわ(笑)

スポンサーサイト
雨上がりのちょっと蒸し暑いブハラ。

暑かった…春通りこして夏やった。

JOと合流。
DSC02561.jpg

まずブハラ名物 鳥ソムサを食らう。withコーラ。
IMG_1409.jpg


満足したので、旧市街にワープ
IMG_2433.jpg

お土産やをひやかして、ヤフシなカフェへ。
IMG_1449.jpg
IMG_2515_20120403144626.jpg

ここのスパイスティーとお菓子で和む。

JOは仕事に戻り、あけみんと二人でバザールへ。

買い物についてはまた後日。



夜は、待ち望んでいたメフモンと会う。ブハラまで足をのばした目的。

バー”ペリカン”で。

1年前に帰国した先輩隊員達。マジ嬉しい!!

でも、忘れてた・・・この隊次、酒豪の集まり(-_-;)

風邪ひいてるから、ビールじゃなくてワインを飲もう…

から始まり、ワインは甘いからコニャック。

コニャックよりアルコール度数下がると二日酔いするからウォッカ。

ウォッカ、ウォッカ…

よくわからんけど、めっちゃ楽しかった!
IMG_1461.jpg

アイスもメチャうまかった!!
IMG_1481.jpg

そして、連れのウズ人以外全員潰れる。

なんとかたどりついたJOの家で全員爆睡しはじめて、連れのウズ人が

『どうしよう。みんな寝ちゃったよー。
 タクシー見つからなかったらもう一本ウォッカ買ってこようかな。飲むでしょ?』

と言われ、周りを見回して、自分に言われたことに気づく・・・

んで自分が一番普通なことに気づいた。

なんで!?一番弱いはずなのに・・・Σ(゚д゚lll)

さっきまでグルグルしてたのに\(◎o◎)/!


理性が勝ったのか、本能で立っていたのか…

私には、このウズ人の相手は無理です!神様!!!!!


でも神様は私の味方。

無事タクシーが見つかって、フラフラの2人を車にのせてゲロ袋渡して(笑)
ウズでは旅行者は滞在証明を出してくれるホテルかB&Bしか泊まれないの

ここだけの話、楽しソーに袋もってキャッキャ言ってましたけど(笑)


嵐のようなメフモンでしたな・・・

急に静かになって、ものすごく寂しくなりました。


酔っぱらいオゾダはそれから翌日の朝食と昼食の準備を。

なんか、料理したい気分になって。無心に…

もう一人、上の部屋でウンウン言ってた酔っぱらいアミーゴさん(もう一人のブハラ隊員)

が心配で、ドアの前まで行ってみたけど(家が上下)

I can't stund up! Keyin boraman.

と英語とウズ語で言われたので、You can stund up! keling!! と返してみた(笑)

私もたいがい酔っぱらいだった。

真夜中に変な日本人が変な英語とウズ語を喋ってたと噂が流れたんではないか(_Д_)

途中で諦めてJOの部屋に戻ったけど。

そんで米を研いでから寝たらしい。



翌日、おいしい味噌汁とご飯を食べて、出発。

おべんと持って!

でも砂埃が強くて、またもや昨日のカフェに。持ち込みOK!ヤフシ!!
IMG_1549.jpg
大好き唐揚げ~☆彡
IMG_1550.jpg
おむすびー


いっぱい歩いたら、アイスが食べたくなって、またペリカンバーに。
IMG_2534_20120403144625.jpg

夜はタバカ(鳥の丸焼き)とサラダでおうちご飯。
IMG_2544.jpg


鳥とアイスとスパイスティーで満たされました、2日間(#^.^#)

大満足!
ブハラと言えば・・・かれこれ通算7回目?8回目?

ブハラーウルゲンチ間のタクシー移動、一番多い隊員だと思います。

この移動がなければ、ブハラは一番好きな街!

でも残念ながら、まだ気軽に行けるヒヴァが一番だなぁ(笑)



ということで、今回は出会った【ヒト】に焦点を当てた旅記録を。


新市街から旧市街に入って、池のとこ。

路地を少し入るとシナゴーグ(ユダヤ教の会堂)

ブハラには300人ほどの信者がいるそう。
IMG_1499.jpg


シナゴーグのある路地に入るとこにある人形工房。

人形使いのおっちゃん。
IMG_1508.jpg
人形のショーを見せてくれます。表情がいいね。

と、その弟子。
IMG_1506.jpg

IMG_1513.jpg
この人形が、そのへんの古紙でできているとは知りませんでした(笑)


2番タキ(交差点)を抜けると開けた通りに出ます。

スパイス屋のおっちゃん。
IMG_1545.jpg
彼の調合したカレースパイスは絶品です!

あと、スパイスティーのお店もおっちゃんの。クォリティーが高い。
IMG_1440.jpg
ブハラに行った際はぜひ寄ってください。

お代わり自由、お菓子付きで1杯11000スム(330円)


毎回声をかけてくれるスザニ屋のおばちゃん。

DSC02605_20120403144621.jpg

会うたびに、また後で見にくるねといって、戻った確率40%。

まあまあ質のいいスザニが、割と手頃に手に入る店だけど、

もう少しゆっくり見たいんです。ちょっとせわしないおばちゃん。


2番タキから3番タキの間は、特に目移りするようなお土産屋が多い。

ピンバッチ。旧ソ連時代のもの。全部コレクションしたい!
IMG_1425.jpg
3人おソロで、モスクワオリンピックのキャラバッチを買いました。

ピアス。
IMG_2439.jpg
ブハラのピアスは日本人好みのものが多いのでは。今回はこれも目的の1つ。


おまけ
IMG_1540.jpg
ブハラのガキンチョたち。



場所をうつしまして、キャラバンバザールへ。

旧市街からダマスで500スム。ウルゲンチ行きのタクシーが出てるバザールです。

お目当てはアトラス柄の布。
IMG_1456.jpg
アトラスは絹100%の伝統的な布ですが、光沢がありすぎて、1枚あれば十分。

また、綿が混ざってるアドラスも売っています。こっちがほしくて。

ウルゲンチより、安くて種類もいっぱい。

今回の戦利品。
IMG_1626.jpg
こちらの布、1Mで4500スム。10M分買ったので45000スム(1500円弱)

ついでに、ウルゲンチにスニーカー売ってないので探していると、かわいいの見つけた。
IMG_2460_20120403144623.jpg
65000スムを58000スムで(1700円ちょっと)


さて、買い物と出会ったヒトの記録は終わりです。


毎回来る度に旧市街の写真を撮るけど、どれひとつとして同じものはない。
DSC02730.jpg
その時、その時で違う建物、ヒト、景色。

今回は風が強かったけど、砂埃にかすむブハラの街もなかなかよかった。

お題を決めて、雰囲気のある写真を撮ったり。

でも、これ、一番好きやわ!きれいに撮ってくれてありがとうJO☆彡
IMG_2492.jpg

暴風雨の中、ボロボロの観覧車に乗ってキャーキャーさけんでみたり(笑)
DSC02777.jpg

JUMPしてみたり
ブハラでJUMP


マジ笑いの絶えない3日間でした。ありがとう!
IMG_2561_20120403144622.jpg
今回の旅友。
4月4日、5日は全国をあげての【強制労働奉仕活動の日】

とっても矛盾する響きの言葉ですが、

学校も病院も役場も幼稚園までも…

おばちゃんもおじちゃんも子供も大人も

生徒・学生・先生・医師・看護師みーんな総出で

街路や敷地内をきれいにする日なんです。
IMG_0275.jpg

ほぼ強制っていうところを別にすれば、とてもいい習慣だと思います。

しかし、病院ではほとんどの看護師や医者が労働に出ていってしまうので

患者さんがほったらかし…

もう毎度のことなので、急変がなければいいかと諦めてます。


そんなこんなで、休みの看護師も全員集まってくるので、セミナーを開催しました。

どうしても4月上旬に終わらせたいテーマがあるんだけど、

この労働日以外にも毎日毎日、植樹や畑仕事で、日勤も夜勤も看護師がつかまらないんです。

少人数制のセミナー開催が困難なため、師長さんに相談すると、本日設定してくれました。

2つ返事でOKくれるようになったのも、それだけの信頼関係ができてるってことなんです。

長かったわ、ここまで来るの…

しかしながら、いったい何時になれば看護師が集まるのか分らないまま午前中経過。

正午すぎになって、昼食に行こうかと思っていると、

監視のために外にでてた師長さんが帰って来て、「今から始めて」と。

頼んでいたプロジェクターが準備できず、やっつけで開始。
IMG_1632.jpg

めんどくさそうに参加するかなと思ったけど、意外と看護師みんな元気。

クッキーと飲み物を差し入れすると

「なんで私たちがお腹空いてるって知ってるの~!?」と嬉しそう(#^.^#)

あっちゅうまに無くなりました(~_~;)


さて、今回のテーマは「新看護計画記録方法の補足」と「虫垂炎のクリニカルパス」
IMG_1658.jpg
先月1ヶ月分の記録を全部集計し、記録ミスの多い部分を再度説明しました。

・記録者、記録日をきちんと書きましょう
・患者の年齢をきちんと書きましょう
・「入院日」と「記録日」は違っていても問題ありません(外科に来た日に記録するので)
・手術をしているかどうかきちんと書きましょう
・挿入物、患者の外観については申し送り時に他の看護師とも一緒に確認しましょう
・「既往歴」の欄は以前にかかった病気についてを書きましょう
・特記事項がない場合は、「なし」と書くようにしましょう

基礎患者情報と観察した結果を書く情報収集の欄についてを重点的に。

看護診断と計画については別日に詳細説明することにしましたが、

たくさん質問がでました。
IMG_1656.jpg
このへんの中堅の看護師がやる気を出してくれて助かります。

夜勤専門で、今回の記録について説明していない看護師も関心が高い。
IMG_1663.jpg
他の看護師が説明してくれたりして、なんとか理解できてもらえた様子です。


何が嬉しかったかって・・・
IMG_1638.jpg
看護師が楽しそうに聞いてくれてたんですね。

ICU隊員あけみんさんに写真撮影してもらったんだけど、

後でこれをみて、いい顔だなぁと。

管理職がいなかったから、看護師がリラックスしてて、発言も活発でした。

でも、収集つかなくなることはなく、みんな結構真剣に聞いてくれて…



虫垂炎のクリニカルパスは、ほぼ導入方向なんだけど、初の試みなので

もう一度説明する予定。
IMG_1675.jpg
記録物を減らす方向にもっていってるので食いつきがよかったです。

虫垂炎みたいな簡単な病気でも、看護師は何を観察しないといけないか、復習の目的で説明。

それから看護診断→計画→記録にもっていきました。

ただ単にスタンダードを提示するだけでは、看護師の理解につながらないなと思って。

講義の組立て、全く考えずに始めてしまったんだけど、今日は神が降りたらしい。

質問にも臨機応変に答えられるし、看護師の意見を引き出す機会もたくさん作れました。


今日のセミナーは、直前まで全くイメージできずぶっつけ本番だったけど、

今までで一番楽しかったです。
IMG_1681.jpg

こちら、看護助手さんたち。
IMG_1673.jpg
なんでいるのかなぁと思ったんだけど、後で師長さんが教えてくれました。

看護過程について、助手も知っておいたほうがいい。

それから、オゾダが教えてるところを見せたかったの、と。

師長さんも彼女たちに説明することがあったんですが、それを先にすると

助手さんたちは帰っちゃうから、だからあえて顔をださなかったんだと。

マジで、師長さんの配慮に感謝感激です。


4月に入って、カレンダーを見ると、どうしてもカウントダウンにはいってしまいます。

計画通りにすすむことはほとんどないんだけど、残り時間が限られてるんだよって

看護師にも伝えたほうがいいかなと思って、活動最終日を宣言しようと思ってました。

でも、みんなの顔を見ていると突然寂しくなってしまって、言えませんでした。

残り半年をきってから、特にみんなを愛おしく感じます。

腹がたつこともあるし、がっくりくることも多いけど、

こうやって意見を交わし合うこと、笑いながら冗談を言えること、

こんな日が来るなんて思ってなかったので・・・。

特に人数の少ない病棟なので、1人1人に思い入れもあるし。

最後は絶対泣いてしまうなと思いながら講義してました(笑)



つい先週までは蕾がなかったのに、ここ2日で杏が満開です。
IMG_1692.jpg

IMG_1695.jpg
病院までの桜並木ならぬ杏並木。


IMG_1694.jpg


突然暑くなってしまって、花も虫もびっくりしてるだろうな。

杏が散るころには夏模様だろうな。

夏がくると活動が終わります。

さあラストスパート、駆け抜けよう。
2012.04.05 薬の整理箱
最近1日の作業量が半端ないです。

PC作業以外にも、活動に必要なもの、帰国後に必要なもの…などなど。

よくこんなにできるなぁと自分で感心するほど(笑)


やろうやろうと思いながら、なかなか取り掛かれず

昨日やっとこさ重い腰を上げ、集中してやった作業。


このゴミみたいなの
IMG_0278.jpg

広げたらこんなになります。キレー
IMG_0279.jpg


一番難しかったんはコレ。
IMG_0277_20120405213345.jpg

IMG_0280_20120405213342.jpg

これをどうするかというと・・・

こうします。
IMG_0293.jpg


5Lの空ペットボトルをキレイに飾るため。

そう、切り絵です。


これ、患者さんの薬入れ。

うちの病院は無料診療ですが、薬や物品(注射器とかガーゼとか)など治療に必要なものを

患者は自分で用意しないといけません。

それを、今までは
IMG_0290.jpg
こうやって袋にいれて結んであったんです。

こうなってればまだいいほう。

枕の下にあったり(隠してるわけじゃないんだけど…)

1部屋に1つしかない床頭台に、食べ物と一緒にぐっちゃり入ってたり。

使用頻度高いのに、いちいち探すのが大変だったんです。

どれがどの患者のものか分からんし。

袋に入れてベッドに吊るしてあっても、その袋開けるのが一苦労。

ほんで、すぐ破れる。


半年くらい、頭の中ではアイデアが浮かんでたんだけど、なかなか取り掛かれず…

本日、1日で作成出来た3部屋分だけ設置しました。
IMG_0294.jpg

看護師からも好評。

意外や意外、ドクターからも好評。
IMG_0295.jpg

ヤフシ!


昨日、設置前に、サンプルを作って見せて看護師たちに相談すると、

いいねいいね、病棟医長に許可がもらえたら。あなたが許可もらって!と(~_~;)

師長に相談すると、めっちゃ気に入ってくれたけど、病棟医長がOKくれないと思う…と苦い顔。

基本、外観を乱すようなものはダメなお国柄。

実は、カーテンもつけたらダメなんです。だから病室はカーテンなしです。

新しい床頭台を1人に1台設置するほうがよっぽどいいと思いますが、

金も物もないのでね。ローコストで精一杯見栄えよく作ってみました(笑)

カーテンの件も赴任当時はダメェ!って言われたくらいだし、見栄えよくてもペットボトル。

クオリティと必要性を考えたら、設置許可をもらう交渉する価値があるかどうか…

気に入ってはくれたけど、師長は間にはいってくれないなぁと言う感じ。

だから病棟医長に直談判しました。


最近 『お前は俺の友達だー!』なんて言ってくれる病棟医長。

看護師の業務負担軽減につながるし、ベッド周りの整理整頓のためです、っていうと

あっさり、マイリィマイリィ(いいよーいいよー)と(~_~;)

あっさりすぎて拍子抜け。

許可もらえたよ、って師長に言うと、パァっと顔が明るくなりました

なんや、でもうちが交渉したほうがもめずにすみそうです。


そして本日設置。

もちろん病棟医長も、そして今までなにかしらケチつけたがってた医者も、

あれはすごくいい(・∀・)と言ってくれたので、嬉しかったです。


効率をよくするための改善も、今までにない方法は取り入れたがらないので

やってみないと分かんないよ、許可は私が取るからやってみよう!

って引っ張っていかないとだめです。

病棟医長が何でも言うことを聞いてくれるようになったので、

今からいろいろ言っていこうと思います。


IMG_0281.jpg
それにしてもこれ、まだあと7部屋分…

ペットボトルは用意したけど飾りが(_Д_)

同期隊員にお願いして、学校の活動の中で子供たちと4分の1くらい作ってもらうことに。

大量生産なので、自分では凝った柄にできないのが残念ですが…

看護師達も患者さんもみんな『かわいい!』って喜んでくれたのでボラディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。