上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.05 KOICAの部屋
昨日KOICAの子と約束して、大家との交渉のために家に行ってきました。

なんしか、ずっと苦笑いでした(~_~;)


一番の問題は、大家が電話にでないこと、引越し日は29日だったのに

全然住める状態にないこと。彼女は1ヶ月以上ホテル暮らしのままです。

本日、やっと大家を捕まえて直接話したところ新たな問題発覚。

ウズベキスタンの厳しいところですが、大家が望んでも国が許可しないと

アパートの部屋も自由に使えないんですね。

で、大通りに面した部屋の一つは、もともと店舗用に作って申請してるらしい。

住居用にするには、ドアを壊して窓にして、外につながってた階段を取らないといけないと。

ちなみに1階の部屋。

だから、黙って住まわすと罰金とかもあるから、その一部屋を使わないでほしい

というのが大家の言い分。

KOICAの子は、契約時にそんな話はなかったので、使うなというなら家賃を下げて欲しいと。

店舗としての使用も拒否(住居スペースと繋がってるから)当然の言い分ですね。

しかし、大家は他のウズ人なら共用でも借りる人がいるはずだから、納得しない。

家賃下げるなら店舗としての使用を譲らない。もしくは家賃そのままで空き部屋にするか。

ま、お互いの言い分は理解できるわ。大家の方の事情も分かるしね。


2人の意志を確認して話し合った結果、

①使用するな、家賃も下げないというなら住まない→他の住む人を探す、他の部屋を探す

②住んでもいいというなら、契約成立。
 まず1ヶ月分の家賃を払うので、全ての必要家具を2日以内に揃える。
 揃えてくれたら、さらに2ヶ月分払う。

ってことで、とりあえず役所に契約の可否について早急に確認することを約束してもらいました。

まずは契約するかどうか。できるかどうか。

彼女が語学が不安だと言うので、私に連絡がくることに(゚∀゚)

ダイジョブかなー。それを通訳して彼女に説明できるかなー私。


ウルゲンチで2回も引越しした身としては、めちゃめちゃいい大家でいい部屋なんですよ。

彼女も、最初はいい人だと思ったけど、電話にでない、仕事が遅い、説明がない…

っていうのでイライラするんだって言ってました(笑)

あなたには新しい部屋に引っ越してハッピーなところを見てもらいたかったのに

プンプンしててごめんねーって言われたけどね。ノープロブレム。

去年の自分を見ているようだった(笑)

言いたいこと言えないからよけいイライラするんよね。

英語しゃべれないけど、聞くのはOKなので、彼女の言い分を全部通訳してあげました。



KOICAは現地生活費と住居費がJICAの倍以上なんですね。

だから、大家にめちゃめちゃ強くでれるんですわ。

洗濯機・掃除機・電子レンジ・6人がけの机と椅子…

と、新品のものを要求。中古でもあるならくれっ!

ガスコンロはうちの1件目・2件目・3件目(今)の部屋のどのコンロよりいいのに

新しいのに変えて!と(@_@;)

大家は全然理解できないらしく、これ使えるよ!って言ってたけど(ちょっと同感)

結局家賃を先に払うんだから、買ってこいってことになりました。

JICAのシニアボランティア並の生活水準です。

彼女の方に妥協がまったくないので、ずっと苦笑いで通訳してました。


うちの近くだから、停電もしょっちゅうだし、こんないい部屋でも冬はガスがないと思う。

そしたらどんだけ怒られるんだろう、大家さん(~_~;)

私も1年以上住んでやっと、この国の事情とか理解できたからね。

最初からしょぼい家住んでたから求めなかった部分はあるけど。

ウルゲンチで、韓国の生活水準求めるのは厳しいよーって言いたかったけど言えなかった


元々店舗として申請したものを、住居用に貸すことを国が許可すると思えなくて、

この話はこじれるんじゃないかと自分は予想してるんだけど(多分大家もそのつもり)

KOICAの彼女にはその展開への予想がないらしく、契約を進める前提で他のものを要求しているから

こりゃ、もうぜひ、役所から住んでいいよーって返事が来てもらわんと困るわ。

お願いします。フドイム(神様)


彼女と仲良くなったので、今後英語力アップするといいなと思います。

あ、今度うちに招待する約束したけど、びっくりするやろなー

家賃半分以下やで、それ相応ヽ(´Д`;)ノ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。