上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログテンプレートのカスタマイズとやらをしてみました。

ちょっと難しかったけど、今のところ思ったようになっています。

今後はこれをベースにしてちょっとずつ改善していこうかなと。


さて、気合を入れて準備していた看護過程セミナーですが、

1月末の突然の中止から、今月2週間にわたる首都からの…そして

ホラズム州からの監査集団の来院のため、とーんと計画はすすまず。

っていうか、全員にとかもう無理やし、やめさせてもらおう。

しかしですね、看護過程について妙に力を入れ始めていて、

なかなか開催されないセミナーにヤキモキしている病棟師長。

外科だけにでも教えてくれ、とのことで、先週からミニセミナーをしています。


実は、今までの記録用紙を変更していくことに。

残り4ヶ月となって引き継ぐ人もいないので、早速計画を立てて、6月までに

改良&指導が完了するように準備しています。

その最初のとっかかりとして、やはり看護過程とは何か、という基本的な知識をテーマに

第1回病棟ミニセミナーを実施。

今回工夫した点は、小人数制にしたこと。

夜勤明けの看護師3名に朝10時から、日勤の看護師6人を3人ずつ

2日に分けて15時から。それぞれ15分程度のセミナーです。

日勤の看護師は1ヶ月メンバーが変わらないので2日で終了します。

夜勤の看護師は3人ずつ日替わりだから、3日~4日で全員カバーできます。

病欠の看護師が2人いるけど、それぞれ個別に対応するとして…

20人だけの病棟なので5日間で全員にみっちり教えられるのです。

やってみて思ったのは、やはり少人数の方が理解度を確認しながら進められること、

そして看護師からの意見や質問が引き出しやすいというメリットに溢れていることです。

私自身も、看護師が何をわかってて、何につまづいているのかを逐一確認できるので

2回、3回と回数をこなすことで講義の質がアップしている気がする…



そして、20人程度なので全員に資料を配布しています。
IMG_0820.jpg
クリアファイルを買ってきて、印刷した資料をはさんで配布しました。

ファイルの質が悪くてペラっペラなので、隊員に配られるJICAの雑誌クロスロードの

表紙と裏表紙だけとって、厚紙がわりにつかいました。

JICAのロゴが入ってるし、表紙のデザインがかわいいと思うし(ファイルに閉じたら裏表紙になる)

中にちょっと書いてある日本語も看護師受けがよく…

我ながらナイスチョイスだなぁと(・∀・)

IMG_0823_20120219185447.jpg
表紙に名前を書いてもらって、自分のものって認識してもらい

講義資料には適宜書き込みをしてもらうようにしています。

このファイルは病棟内の図書棚みたいなところに保管することにして

私が確認したり、新しい資料をはなむことができるように

看護師は自由に閲覧できるようにしました。

もって帰ると忘れちゃうしね…何度も行う講義の度にこれと筆記用具を持参ということで。

こちらの教育の問題ですが、授業の内容で重要なところを自分で考えてノートに書く

という作業ができない人が多いです。

これ大切だから写すように!と言われたら、一語一句ノートに書き写す…

内容をまとめる、ということは全くできません。

看護師になってしまうと、勉強会でもノートに書くなんてことはほとんどないため

授業の内容を忘れないように記録に残す、という作業に慣れてもらうために

わざと空欄を作ったり、課題を出したりしています。

人によっては(特に年配の看護師)

これは記念に残したいから、書き込まない!といって、自分のノートに書く人がいて

それを見て、仕事できない新人も書き込まずぼーっとする、など

あるグループで資料の使い方でもめましたけど、その3人も結局書き込みはするように。

その新人は、いつもいつも、あんたは忘れるからちゃんと書け!って言われてるから、

あなた覚えていられるの?と質問したら、すぐ自分で気づいて書きはじめました(~_~;)


今まで4グループに実施しましたけど、全員に資料配布できると教えやすいです。


ちなみに自分のレジメ
IMG_0831.jpg
今までのセミナーと大きく変わったこと。

それは、説明文を日本語でしか書いていない、ということです。ちょっとした単語はウズ語で書き込んでるけど

レジメにちょちょっと書き込みして、それを見ながらウズ語に訳して話しています。

今までは、1つのスライドで説明する文章を全部ウズ語に訳して、それを読んでいましたが

途中で自分も意味がわからなくなったり、他の言葉で説明できなかったり・・・

それでも大人数に対して実施するときは、緊張して頭真っ白になるから、

こうしないとだめだったんです、自分は。

でも、少人数だと緊張しないし、いつも指導する時みたいに話せるので

レジメも参考程度でOK。看護師の反応を書き込んで次回に活かす…とか。
IMG_0832.jpg
びっくりするくらい余裕が持てています。

出席表も作成し、師長さんと共有。講義が終わるたびに、看護師の理解度なども報告。
IMG_0829.jpg

あと2グループ残ってるけど、これまでの反応として

看護師の食いつきがとてもいい!

仕事終わりなので若干眠そうな人もいるけど、少人数だからちゃんと聞くし、

質問がしやすい雰囲気なのですごい活発になるし、

資料がもらえるっていうの(しかもカラーで)っていうだけでやる気がでるみたい。

順番待ちで週明けに設定している日勤の若手看護師は、気になるのか

仕事の合間に、毎回毎回覗きにきています。

あなたは月曜日にやるからね!っていうと、待ってるね、と心待ちにしてくれてます。

糖分補給のためにチョコレートとか配ってるっていうのもありますが(笑)



近い目線で、お互いに言葉のやり取りしながらできるので、とても楽しいです


第1回のセミナーの内容について、そして終了した時点で評価し、また記事にしたいと思います。


外科の看護師のレベルアップのため、がんばります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。