上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットの調子が悪くて、書いた記事半分消えた(つд⊂)ので変更。


昨日の夜から絶不調だったので仕事は休みました。

眠たいわけじゃないけど、起き上がれないほど脱力してました。


ほんの3週間前までは普通に食べてたご飯が、味もなくなり

量も食べれなくなり…

強い薬で胃も荒れ荒れなので、常に不快感がつきまといます。


ウルゲンチ会の夜にみんなと同レベルで食べてしまったので胃が限界だったらしく

昨日夕方から耐え難い激痛と嘔気・嘔吐で、今までで最大くるしみました。

挙句に停電で寒くなって…ガッツリ心がすさみます。

もうだめ、もう限界だわ、と。

あまりの激しさに人生終わりたい気持ちにまでなり、

ちょっと考え直して

活動辞めてしまおうかというレベルに少し下がり。

いやいや、予防のために飲んでるだけやから薬をやめてまえばいいんだわ

というところまでなんとか落ち着きました。

というか、薬どころか水分も飲めないくらいだったので

自己判断で昨晩の内服スキップ。


日本だったら夜間救急に行けばなんとかなるというのはあったけど、

ウルゲンチの救急センターは自分の配属先やからレベル知ってるし、

そんなところに行きたいと思わんし、どうにかなるとは思えないし、

でも胃薬内服すら無理で、改善方法が見いだせないまま。

というわけで安心感が全くないうえ、

こんな時に停電になっただけで精神的に限界を迎えてしまって

誰かにぶちまけそうになったけど、まあどうにか抑え込んで。

誰かにぶちまけているのをシュミレーションして、冷静になりました。

わめいたところで全く意味がない。

で、憔悴して寝ました。

ま、とりあえず生きてたし。バイタルも許容内だったし。

緊急かどうかの判断ができるがために、生死の分け目ほど緊急じゃないときに

結構限界迎えてても我慢してしまうのが職業病ですね。


化学療法、精神的にけっこうきます。

血液検査で、血球減少が許容内だったので内服続行してるけど

自己判断でやめようと思えばやめれるレベルなだけ甘い。

抗癌剤とか抗ウイルス剤が、生きるために必要な人のことを考えると

自分は、これを一人で耐えなきゃなと思ってしまいます。

だって期限つきだから。終わりが見えているから。


割と苦しんでいるのに、活動についても考えてしまいます。

焦ってるわけじゃないけど、時間も残ってないし誰かが代わりになるわけにもいかんし。

でも部長や師長にたのまれた講義の準備は全くすすみません。

今回の針刺し事故についても、当日以降は何も伝えられていません。


人に何かを教える、注意するときは感情に左右されたら伝わりません。

この国の人はそこまでドライじゃないので、情に訴えると感じてくれるところがありますが

この国の看護師に化学療法の副作用の厳しさを理解してもらえたり

感染症の怖さにきちんと気づいてもらえることは、正直ないと思います。

訴えることはできるし、知ってもらうことはできるけど、

それぞれが今後どうしていけばいいかというプロセスにはどうしても行き着かない。

同情してほしいわけでも心配してほしいわけでもなく、

今後同じ思いをする人を一切出さないように改善してほしいだけですが

下手したら『かわいそう』で終わってしまう可能性大。

糠に釘、暖簾に腕押し状態。

そこが理解できるだけの知識や情報がなかったのもあるけど、

神様が決めること、神様が守ってくれるはず的な意識があるところ。

心から信じる人の気持ちはわからないし、エセイスラムの人もたくさんいるけど

根本的に、『なるようになる』『なるようにしかならん』という精神が強い気がする。

この国の人からそれを感じているので、職場ではある意味、孤独です。


『伝えること』と『伝わること』の違いに気づいてから、

なんともやる気のでない時期を通過し、

それでも、言っていくこと伝えていくことは必要だと奮起していたのは

数か月前までの話。

伝えることの自己満足を実行できるだけの体力がありません。


今回の件は、被害者に近い立場だと思っていて、

副作用のしんどさを分かってもらえないことや、思うように活動できないことで

割に合わないと強く思ってしまっているから。

それもエゴかもしれませんが、自分は少なからず伝えたあとの反応を期待しています。

だから、期待に反する反応があったときにモチベーションが保てなくなる可能性があり

今は完全に無視を決め込んでいる状態です。

処置の介助にも一切ついていません。

今の自分は、怒りや悔しさを抑えて見守るほどの余裕がありません。


それほど化学療法ってやつはダメージがでかいんだなと。

自分は、ウイルスや癌に侵されているわけじゃなくて、ほぼ健康体なのに

ここまでダメージが来てるんです。

家族として、看護師として

今まで、分かってるつもり心配してるつもりで病人に接してきたんだなと思いました。

なんともいえないイライラを周りにぶつけたくなる気持ちもわかりました。


痛みに寄り添う、孤独に寄り添うなんて簡単なことじゃない。

勉強して分かることじゃない、体験したから分かることでもない。

でも新たな痛みや孤独を作り出さないようには接することができるかもしれない。

これを感じるために、体験するためにここに来たと思えばいいのかな。

それで、帰国後の進路が全く考えられなくなってたのは、これを考えろということなのかな。


今思えば、1日半絶食していたから楽だったわけで、

急激に空腹感が来たので大丈夫かと思ってクッキーを食べたら

またもや胃から全身をやられているオゾダです。

そろそろ懲りてくれ、自分(_Д_)

いや、まあでも本気で糖分を必要としてるんですわ、体が。

低血糖で気持ち悪かったし…みかんじゃダメだった。

けどクッキーはあかんやろ。



昨晩21時半に布団に入ったにもかかわらず、2時半まで体勢がととのわなくて

その5時間、もっと有効な活動ができないもんかと若干後悔しつつ

ほとんど寝れなかっただるい体を起こして、本日は職場に出向きました。

ホンマ、ぼろぼろじゃなっ。

仕事は、一人患者をICUに迎えにいって、バイタル測って環境整えただけ。


副作用は対症療法しかないので、それを相談するのが目的。

夜に胃痛で苦しみたくなかったので薬を出してもらおうと思って。


プライバシー保護的な意識が全くない国なので、私らボランティアに何かあれば

病院中に情報が行き渡ってしまうんですが

特に体調不良な場合は、ホントほっといてほしいわけなんですよ。

興味本位でどうしたの?どうしたの?って言われて、

胃の調子が悪いらしいよ、なんて噂が広まった日には、

オゾダはウズベキスタンの食事や気候が嫌いなのか?ウルゲンチは合わないのか?

とか、米食ったらだめだとか、訳わからんことばっか言われるので

今は、そういうのもう一切受け付けたくない気分なんですね。

そもそも胃が悪くなった原因は抗ウイルス薬なわけで、

なんでその薬を飲まないといけないことになったのか、の部分すら説明できんし

ちゃんと聞く気もないのに野次馬的なので集まってこられると余計ストレスで。

なので、師長さんに相談して、こうこういう気持ちがあるので、

他の人にむやみに言わずに話を聞いてくれる信頼できるドクターを紹介して、と言いました。

師長さんも分かってくれて、あるドクターを(私はあんまり好きじゃないんだけど)

師長室に呼び出してくれました。

胃的にも精神的にも、これ以上錠剤は飲めないというところを配慮してくれ

胃粘膜保護のシロップ薬と、ブドウ糖とビタミンの注射の指示をいただきまして、一安心。

しかぁし

薬局で購入するために紙に書いてもらおうとしたら、

早速他のドクターに言ってるし(;゚Д゚)!

師長室に呼び出してもらって、他の人に内緒で相談した意味全くなし!


固まったわ それを察して師長さんも苦い顔をしてたけど。

みんな心配してるのよーとかそういう慰めはいりません。

だって帰宅する頃には、看護師が私に言う言葉。

『明日結婚式あるから、行くでしょ?あなたもウズベキスタンの結婚式知らなきゃだめよ』

『結婚式だから、綺麗な格好してきて準備してね。3時からだから!』

・・・

・・・・・・

・・・・・・・(-_-;)

なんも考えてないっしょ、みんな。ご飯食べれんっつってるが!

所詮こんなもんですわ。



とりあえず指示をもらったわいいが、誰かに注射してもらわんといけん。

外科の看護師の技術レベル知ってるので

悪いけど信頼していないオゾダは、他の病棟に逃げました(;・∀・)

ICUで技術信頼できる2人のNsに挑戦してもらったんだけど、脱水ぎみ・血圧低い・体温低い

っていう、看護師にとっては一番いやな血管コンディションだったため

7回トライで3つの血管潰れたため断念。

まあ1回は自分のミスで潰してしまったんですが。

痛みと痺れで若干腕に力が入らなくなっため休憩。

何度もチャレンジさせてしまってホント申し訳ないです。

水分とりに食堂へ行き、血管を復活させて

最後の砦という小児病棟の師長さんのとこに行きました。

なんでも、どんな細い血管でもとらえることができるらしい…都市伝説?



その師長さん、元から好きだったけど、今日、大大大好きになりました。

さほど忙しそうじゃなく談話されてたので頼みやすくもあったんですが、

お願いがあるんです、と言っただけで満面の笑みで師長室に入れてくれ

私に注射してください(今思うと、だいぶ怪しいがな(笑))と言うと

理由も聞かず詮索もせず、座って座って!と準備をしてくれました。

師長さんなんて、通常業務につくことなく、注射なんて自らすることはないはずですが

技術に自信をもってる感じと手際の良さで、安心感を抱きました。

7回失敗したんです…って痕だらけの腕を見せても、ビビリもせず
(私だったら、自分も失敗するかもって思っちゃうわ…)

薬をあっためないとね。あなた手冷たいから私があっためるわ!

とアンプルを握ってあっためてくれ、一発で血管を仕留めてくれました。

今まで外科で見てきた看護師にはなかった配慮とテクニック…あざやかぁ。

正直感動しましたね。小児病棟の看護師長ともなると、このレベルか!と。

この病院、部長はサイテーですが、各病棟の師長はホントいい人ばかりです。

仕事のできるできないはそれぞれでしょうが、コミュニケーションがとれる人ばかり。

言葉だけじゃなく、気持ちの面でも…って意味で。 

まあ、外科にしても師長さんたちに支えられてなんとか活動を続けているわけです。


ハッピーエンドで終わったのでよかったですが、お茶を飲みに行ったときには、

ICU隊員のあけみんにボヤきもはいり、

ボロボロすぎて、何をしてても体も気分も楽な時間がない

グロッキーぎみのオゾダが、せめて家にいるとき

何か気晴らしになることはないんかと一生懸命考えてくださりました。

どれもこれもピンとこないなぁと思ってたんですが、家に帰って気づきました。

料理レシピを見てる時間が好きやわ、と。

PC膝に乗っけて、グダグダしながら見てるだけでいいしね。

しんどくなったら横になればいいしね。

食べたくなるけどね

カフェご飯とかのブログとか見まくって過ごしてます。

日本帰ったら、こんなご飯作りたいなぁとか。ウズで作れるものないかなぁとか。



アボガト食べたい

オクラ食べたい

納豆食べたい

レンコン食べたい

なす食べたい

豆腐食べたい

ハム食べたい

白身魚食べたい

もずく食べたい

レタス食べたい

さつまいも食べたい


・・・ってなるけどね。

食欲あっても食べれんもんヴぁっか。



12月のクリスマスパーティーの時に作ったメニューっす。

なんで今頃??って感じでしょうが特に意味はありません。

あえていうなら、このメニューについてずっと前に記事を書こうと思ってて

写真を圧縮して保存してたんだけど、記事を書く機会を逃してしまった…

アップせずに消去するのもなんなので、ちょっと邪魔になったところで投稿しちゃおう

という個人的な理由があったからです(-_-;)


あ、ちなみに載せるレシピはウルゲンチでも作れる材料と作り方なのであしからず。

1人暮らしを始めたばかりの隊員とかのために、記録に残してます。

あ、料理隊員じゃないので、そちらもお忘れなく(笑)


1品目はみんな大好き

【ミートソースパスタ】

材料(2人前くらい)
 にんじん 1/2~1本(みじん切り)
 たまねぎ 1~2個(みじん切り)
 にんにく 1~2欠(みじん切り)チューブやパウダーでもOKと思います。
 IMG_9872.jpg
 牛ミンチ 300gくらい (日本やと合挽が普通。鳥ミンチだとあっさりしそう)
 トマトペースト(瓶詰めで、3000スムちょっとで売ってる)
 コンソメ 1~2個
 塩・コショウ
 パスタ 250gくらい?食べたい量
 
 
作り方

①ニンニク→玉ねぎ→にんじんの順で炒めます。普通の油でOK。少なめで。

 オゾダはパフタ油でお腹を壊すので、作ってくれるときは注意してください


②焦げない程度に火が通ったら、肉とーにゅー!
IMG_9873_20120215215136.jpg
 パラパラと混ぜながら、全体が生っぽくなくなるまで炒めます。


③トマトペーストとーにゅー!
IMG_9874.jpg
 まんべんなく具と絡めたら、コンソメの素と塩コショウで味付け

 ペーストの濃さにより水を足してもOK


④煮込んでいる間にパスタを茹でます。

 茹で上がったパスタは、ざるにあけ、油をサッと回しかけます。
 ザルをフリフリして、油をパスタに絡めます。
 こうすると、パスタがくっつかず仕上がりがキレイになります。

⑤おいしそうに盛り付けます
IMG_9918.jpg

チーズとかパセリとかあったら最高!と思うけど、これだけでもおいしかったね



2品目は意外と簡単

【シーチキンとキャベツの和風ぱすた】

材料(2人前くらい)
 シーチキン 1缶(油切ってね)
 キャベツ  1/4玉(角切りor千切り)
 めんつゆ  3倍に薄めたやつ 大さじ2杯くらい
 醤油    大さじ1杯くらい
 バター   適量


作り方

①まずパスタを茹で始めます

②バターでキャベツを炒めます。しんなりするくらい

③シーチキンを混ぜて、さっと火を通します。

④めんつゆと醤油で味付け ※1

⑤茹で上がったパスタは、ザルで水切りをしてバターを絡めておきます。

⑥パスタを※1と混ぜてからおいしそうに盛り付けます
 IMG_9931.jpg

 
オムライスの時もだったけど、和風にするときはバターがおすすめ。
 
醤油やめんつゆとよく合います。

めんつゆがない時は、和風だしの素+100mlの水とかポン酢でもOK.

味の雰囲気はもちろん変わるけど、美味しいと思う。

日本では青じそドレッシングを使ったこともあったなぁ。


あと、具は白菜、ほうれん草、キノコ、ベーコン、納豆、明太子なども

和風パスタには合うと思いまっす!

ボリューム出したければ玉ねぎ入れても邪魔にはなりません。


食材も味もウズ人受けはしないと思うけど。。。(;・∀・)



パスタはランチじゃなくても、2種類あれば豪華に見えるし、

みんなで集まる時にはちょっとずつ食べれていいよねー。 
2012.02.18 爽快
今日、オゾダはとっても気分がいいんです。

体調がどうとかじゃなくて、気分がとってもいい!

なんでかって??




プリンターが直ったんですー



あぁ、プリンターが壊れたことを説明してませんでした。


帰国された先輩隊員が、そのまた先輩隊員から譲り受けた

日本製のスキャン付きのめっちゃヤフシなプリンターを

引き継いでいたんですが…

勉強会の資料を半分印刷して、一回PCとプリンターの電源切って…

紙買ってきて続きをしようとおもったら、


ウンとも


スんとも



いわないーY(>_<、)Y


ではないですか…

マジ意味わからんし。

プリンタ運悪いのもほどがある。

過去の記事参照↓
プリンター


もし修理できなければ、次の首都出張時に購入せねば…

なのでダメ元で修理屋を探しました。

一人目に聞いたドクターが奇跡的に修理できる場所知ってたので

地図書いてもらって行って…みると閉まってて(想定内)

近くの店の人が他の修理工場教えてくれて、たまたまそこにいた他の客が

その工場まで連れてってくれて

っていうふうに何軒かたらい回しされたけど、

みなさんがとても親切で、やっぱ田舎のいいところだなぁと不覚にも癒されました。

最終的に、エプソンのプリンターを修理できるのはウルゲンチに1人だけ!

という情報を得て、その職人さんの店まで行きました。

以外とバザールの近くでラッキーでした。

路地に入ったところで、目の前通っても分からんくらいの場所。

小さな工房でした。

持っていくと、日本製っていうのにもかかわらず臆することなく

職人ウルースランさんは請け負ってくれました。

職人さんは、まだ30代前半くらい若かったけど、後輩育成に力を入れているのか

最初の対応をもっと若い見習い君にさせてました。

私が待っていると、

職人:おい、お前、ちゃんと御用件をお聞きしないか!ぼーっとしてないで!

見習い:いや…でも俺…韓国語も英語もできなっす。ボソボソ…

職人:いいから話してみろ!

見習い:でも…

オゾダ:(…韓国ちゃうしね(~_~;))わたし、ウズ語しゃべれるから!

見習い君のホッとした顔がかわいかったです。


そして、受け取り票みたいなカードをしっかり記入してくれ

明日取りにきてください、とのこと。

なんかしっかりした対応で安心ですよ!


ほんで、今日電話して取りに行くと

バッテリーの交換で直ったみたいです。寿命やったんやね。

でも、スキャナーも壊れてて交換が必要らしく

見積もり的な、値段交渉後に作業にうつってくれるとのこと。

やるなら1時間でできるしまた来てくださいと。

バザール回ってカフェでPC作業して行くと、出来上がってました!

ちゃんと動くしー仕事が早い!

100万スムと聞くと、ちょっとビビる値段なんだけど、

日本円にすると3000円。バッテリーとスキャン部分の交換で。

技術料とかほとんどとってないんじゃないかなぁ。

いやいやー、よい対応でいい仕事(#^.^#)

久々気持ちよく帰ることができました。

とりあえず、ウルゲンチでちゃんとできるか心配だったのでよかったー。

ちょっと型の古いプリンターだったので部品があったからですね。


もしこのブログを見ている協力隊希望の方で

ウズベキスタン、ウルゲンチで活動をすることになった場合(確率低!)

もし日本からプリンター持ってくるなら、

ちょっと型番の古いキャノンかhp性のものをおすすめします。

この2つは対応できる修理工房が何軒かあるし、こっちで部品が手に入りやすいです。

という、あんまり役に立たない情報提供でしたっ!

まあ、首都でプリンター買えるから、持ってこなくていいと思いますけど。



動くことは確認できたのでホッと一安心です。印刷物たまってるから早く使いたい。

ノズルクリーニングとかしたいんだけど、停電が多い!

ブログテンプレートのカスタマイズとやらをしてみました。

ちょっと難しかったけど、今のところ思ったようになっています。

今後はこれをベースにしてちょっとずつ改善していこうかなと。


さて、気合を入れて準備していた看護過程セミナーですが、

1月末の突然の中止から、今月2週間にわたる首都からの…そして

ホラズム州からの監査集団の来院のため、とーんと計画はすすまず。

っていうか、全員にとかもう無理やし、やめさせてもらおう。

しかしですね、看護過程について妙に力を入れ始めていて、

なかなか開催されないセミナーにヤキモキしている病棟師長。

外科だけにでも教えてくれ、とのことで、先週からミニセミナーをしています。


実は、今までの記録用紙を変更していくことに。

残り4ヶ月となって引き継ぐ人もいないので、早速計画を立てて、6月までに

改良&指導が完了するように準備しています。

その最初のとっかかりとして、やはり看護過程とは何か、という基本的な知識をテーマに

第1回病棟ミニセミナーを実施。

今回工夫した点は、小人数制にしたこと。

夜勤明けの看護師3名に朝10時から、日勤の看護師6人を3人ずつ

2日に分けて15時から。それぞれ15分程度のセミナーです。

日勤の看護師は1ヶ月メンバーが変わらないので2日で終了します。

夜勤の看護師は3人ずつ日替わりだから、3日~4日で全員カバーできます。

病欠の看護師が2人いるけど、それぞれ個別に対応するとして…

20人だけの病棟なので5日間で全員にみっちり教えられるのです。

やってみて思ったのは、やはり少人数の方が理解度を確認しながら進められること、

そして看護師からの意見や質問が引き出しやすいというメリットに溢れていることです。

私自身も、看護師が何をわかってて、何につまづいているのかを逐一確認できるので

2回、3回と回数をこなすことで講義の質がアップしている気がする…



そして、20人程度なので全員に資料を配布しています。
IMG_0820.jpg
クリアファイルを買ってきて、印刷した資料をはさんで配布しました。

ファイルの質が悪くてペラっペラなので、隊員に配られるJICAの雑誌クロスロードの

表紙と裏表紙だけとって、厚紙がわりにつかいました。

JICAのロゴが入ってるし、表紙のデザインがかわいいと思うし(ファイルに閉じたら裏表紙になる)

中にちょっと書いてある日本語も看護師受けがよく…

我ながらナイスチョイスだなぁと(・∀・)

IMG_0823_20120219185447.jpg
表紙に名前を書いてもらって、自分のものって認識してもらい

講義資料には適宜書き込みをしてもらうようにしています。

このファイルは病棟内の図書棚みたいなところに保管することにして

私が確認したり、新しい資料をはなむことができるように

看護師は自由に閲覧できるようにしました。

もって帰ると忘れちゃうしね…何度も行う講義の度にこれと筆記用具を持参ということで。

こちらの教育の問題ですが、授業の内容で重要なところを自分で考えてノートに書く

という作業ができない人が多いです。

これ大切だから写すように!と言われたら、一語一句ノートに書き写す…

内容をまとめる、ということは全くできません。

看護師になってしまうと、勉強会でもノートに書くなんてことはほとんどないため

授業の内容を忘れないように記録に残す、という作業に慣れてもらうために

わざと空欄を作ったり、課題を出したりしています。

人によっては(特に年配の看護師)

これは記念に残したいから、書き込まない!といって、自分のノートに書く人がいて

それを見て、仕事できない新人も書き込まずぼーっとする、など

あるグループで資料の使い方でもめましたけど、その3人も結局書き込みはするように。

その新人は、いつもいつも、あんたは忘れるからちゃんと書け!って言われてるから、

あなた覚えていられるの?と質問したら、すぐ自分で気づいて書きはじめました(~_~;)


今まで4グループに実施しましたけど、全員に資料配布できると教えやすいです。


ちなみに自分のレジメ
IMG_0831.jpg
今までのセミナーと大きく変わったこと。

それは、説明文を日本語でしか書いていない、ということです。ちょっとした単語はウズ語で書き込んでるけど

レジメにちょちょっと書き込みして、それを見ながらウズ語に訳して話しています。

今までは、1つのスライドで説明する文章を全部ウズ語に訳して、それを読んでいましたが

途中で自分も意味がわからなくなったり、他の言葉で説明できなかったり・・・

それでも大人数に対して実施するときは、緊張して頭真っ白になるから、

こうしないとだめだったんです、自分は。

でも、少人数だと緊張しないし、いつも指導する時みたいに話せるので

レジメも参考程度でOK。看護師の反応を書き込んで次回に活かす…とか。
IMG_0832.jpg
びっくりするくらい余裕が持てています。

出席表も作成し、師長さんと共有。講義が終わるたびに、看護師の理解度なども報告。
IMG_0829.jpg

あと2グループ残ってるけど、これまでの反応として

看護師の食いつきがとてもいい!

仕事終わりなので若干眠そうな人もいるけど、少人数だからちゃんと聞くし、

質問がしやすい雰囲気なのですごい活発になるし、

資料がもらえるっていうの(しかもカラーで)っていうだけでやる気がでるみたい。

順番待ちで週明けに設定している日勤の若手看護師は、気になるのか

仕事の合間に、毎回毎回覗きにきています。

あなたは月曜日にやるからね!っていうと、待ってるね、と心待ちにしてくれてます。

糖分補給のためにチョコレートとか配ってるっていうのもありますが(笑)



近い目線で、お互いに言葉のやり取りしながらできるので、とても楽しいです


第1回のセミナーの内容について、そして終了した時点で評価し、また記事にしたいと思います。


外科の看護師のレベルアップのため、がんばります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。