上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はなんか少し太陽がでていて寒くなかった。


そんな日も、病棟の光景は変わらない。

今から手術行くよって突然言われてアタフタしてた患者さんの脱衣をお手伝い。

虫垂炎以外の腹部の手術は少し準備がいるけど、だいたいの手術は基本服を脱ぐだけ。

今日のおばあちゃん、えらいモコモコやなぁと思ってたけど、

脱がせてみればびっくりする量の服を着てた。

こっちのおばあちゃんはみんな着てる、分厚いロングカーディガン(孔雀柄)

次に分厚い生地のワンピース。

上下に分かれたところで、下から。

靴下。男性物の大きめのチノパンの上に毛糸パンツ。

チノパンの下に太ももまでのスパッツ2枚。タイツ。

パンツも脱がなきゃだめ?って上目づかいで聞かれて、思わずニヤリとしてしまった。

いいよ、それは着てて(#^.^#)


次に上。

セーターの下は、長襦袢みたいなの2枚で、それから肌着。


早く早くって看護師に急かされながら、一枚一枚脱いだのを、私がたたんで…

いやぁ畳む暇もないわぁ、と嘆くおばあちゃんに、気にしないでと言いつつ

マトリョーシカみたいって思いながらほくそ笑んだのだった(^ω^)


病棟の廊下の先に手術室の入口があるからすぐだけど、やっぱり廊下は寒い。

だけど、手術に行く患者さんは、男性はパンツ一丁

女性も下着だけとか、ワンピース型のパジャマ1枚とか。手術着とかもないしね。

緊急手術が必要で準備のできなかった女性患者さんには、看護助手がパジャマ売ったり。

商売まで始まっちゃう(ちゃんとストックしてるし)。売店がないからしかたないね。

まあ、手術に行く前じゃなくても、若い男性の患者さんはみんなパンツ一丁だけど。

こんな季節でも…ほんま寒くないんやろうか。


というわけで、季節感にギャップのある病棟内だけど、

今日から病室にやっとお湯暖房がつくようになった。それでも凍えるけど

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。