上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.02 なちゅらるに
2連休はバザールに買い物に行ったくらいで(しかも閑散としてた)

事務所への提出書類とか、諸々・・・ずっとPCに向かってました。

昨日の夕方、あまりに自然にクラが家に来ました。

ただいまーとでも言ったのではないかというくらい自然に(笑)
実際は『あ、どもども』だったと思うけど・・・


それで独立記念のセレモニーのことや、独立記念日の町の様子を聞いたのですが。

全然、久々ではないけど、いつ会っても話がつきないよね。

じゃあご飯食べて帰る?

え?作ってくれんの!?

家が近いと自然すぎるね(徒歩1分)。

元ホームステイ先の家の子の誕生日パーティーがあるとのことで

ちょっと田舎に帰ってたモモも、夜は食べずに戻ってくるとのこと。

じゃあ、ご飯食べにおいでよ。

ってことで直帰。今は家が近いから自然だね(徒歩2分)。

残念ながら食材が限られていたけど、日本からの支援物資があればこのとおり。
IMG_6387.jpg
おいしい炊き込みごはんと
IMG_6389.jpg
なすのみぞれ炒めとか海草サラダとか。


ウズベキスタンには信用っていう言葉が必要なんだ。
なんでこんなにパフタが早く始まるんだよー。
やっぱりこの国は流通がないのが痛い。
・・・・
っていうクラのぼやきを聞きながら(笑)

すでにウォッカを飲まされて来て眠たげなモモ。


みんな時間は気にしない。

そう、うちら3人、家が近いんですよ。

ばらばらに引っ越してきて6月に集結。

ウルゲンチで安全そうな場所はここしかなかった。。。ってこと。

いいとこです。4番ミクロライオン地区(笑)

道路はさんで向こう側は、麻薬中毒者やアル中がいたりの無法地帯。

土壌が悪くて害虫も多い。雰囲気も暗い。

知り合いの警察も一般ウズ人も、絶対住むのやめろ、という地域。

道路一本はさんでこっち側は、ホントに平和。羊もいるし(?)

引越し当時、改装の対象になってなかった地区。


でも、なにより、やっぱり近くに仲間がいるってのはいいことです。

マーキーは田舎でホームステイを続けてるけど、

ペンションオゾダでご飯を食べて、近江屋旅館に宿泊するAコース

またはホテルオークラに宿泊するBコース

が、いつでも用意されているから、フラッと来てね。

引っ越す前はセトラ先輩と家が近くて、

冬は先輩の家はお湯がでるので、よくお世話になりました。

今度はオゾダの家のほうが広くなったので、みんなで集まる時は

気兼ねなくペンションオゾダ泊のCコースで。なちゅらるに。


日本に一時帰国した、モモとマーキーには嬉しいおみやをもらいまして
IMG_6386.jpg
駄菓子と(マーキーが)好きなチョコあんぱん。てっきり『雪の宿』かと思って期待してたにょ(笑)

お菓子(駄菓子)は食べたいなと思っても、わざわざ郵送してもらおうとは思わん。

だから、ちょっとウキウキ感ももってしまうくらい嬉しかった。

当たりがでたらどうしよう!って思ったけどくじのついてるお菓子はなかったー。残念


それから、日本で見守ってくれている先輩から『蝉の声』。。。

いやいや(^^;)プレゼントを預かってきてくれました。

大好きな抹茶グッズとヒーリングミュージックをいただきました。

真ん中のカードは押すと蝉の声が流れるんです。ウズで聞けないからと(笑)

さすが協力隊OGの心遣いは温かいですね。

カードも含めて嬉しいものばかり。本当にありがとうございます。


やさぐれてもくさっても見守ってくれている人がたくさんいる。

日本で待っててくれるみなさん、ホントにありがとう。


やっぱり曲げられない自分の芯と、優等生ぶる思考との葛藤の毎日。

正しい道はない。信じたい道のみ。歩きたい道のみ。

だからこそ迷ってばかり、悩んでばかり。

それでも近くにいてくれる人がいる。

ウルゲンチは嫌いやけど、ウルゲンチの仲間は大好きです。

ウズは好きになれんけど、ウズの仲間は大好きです。


濃い時間、長い時間を一緒に過ごしているというより、

自然に一緒にいるからこそ分かり合える感じ。

大丈夫だよ、オゾダのこと知ってるから

っていう一言がふっと心を軽くしてくれる。

そうだ、自分もみんなのこと知ってる。

あぁ、仲間っていいなと。なちゅらるで。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。