上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しております。

そうでもないか・・・


2週間休みをいただき、ただひたすら休み

完全復活とは言えないけど職場に復帰したわけです。

首都では、健康管理員や調整員やSVの方に毎食お世話になり

食欲がないなんて言っていられないくらい、食べさせていただきました。

特に、あれほど食べたい食べたいと思っていた納豆を

あっさり食べることができ、幸せでした。納豆だけで幸せになれました。


今回、裏ではいろんな話をして、さまざまな選択肢を提示されて、

考えたあげく、またウルゲンチにいるわけなんです。

周りを巻き込んで、いったい何をしているんだ自分は・・・



事務所で話合いをしたあとにボランティアルームで同期に会った瞬間、

緊張が解けたのがわかりました。

あ、今までずっと緊張してたんだって、そのとき気づきました。

何時間、何日・・・いや何ヶ月も緊張してたみたいです。

そりゃ疲れがとれんわけだわ。

首都に行くのも一苦労だったけど、結果的にはよかったと思います。


再度職場に赴くのがどれだけ億劫だったことか。

ちょっと体調不良でと言っていたので、月曜日に職場に行った時は

さすがにみんな、気を使ってくれました。

しかも、なんでそんなに痩せたの?病気になったの?と、

病棟外の何も知らない人にも聞かれる始末。そんなにか??

いや、すぐ戻るよ。っていうか、今ちょうどいいよ。体軽くて(笑)


そうは言っても、同じ病棟の同僚が体調を気遣ってくれたのは1時間ほど。

さっそくばたばたとこき使われる日々。

水曜日の午前中で体力限界。3日しかもたなかったっす。

疲れすぎて夜も一睡もできないほど、アドレナリンが過放出状態。

4日目の木曜日は午前中でギブ。更衣室の中で放心状態になったり。

30分早く上がって、帰宅後しばらく動けなかった。

鏡見て、なんかの病気なんじゃないってくらい顔色真っ青で

笑ってしまった。

笑ってる場合じゃない。体力落ちすぎ。

3日間ね、3日間。外科病棟で働くの3日が限界。

ということがわかって、それを無理して働くと同じことの繰り返しなので

来週から2日間ICUでも働かせてもらうつもりです。

ICUは業務量は少ないんだけど、どっちかといったら

こっちのほうがボランティアとして介入するには苦労してる(先輩が)。

でも先輩が帰国される前に、新隊員が赴任する前に

ICU病棟も引き継いでおきたい気持ちもあり。

専門用語も勉強のためでもあり。

あとは、すこし環境を変えるためでもあり。


いろいろやりたいことも考えてることもあるんだけど、

一向にやる気が戻ってこないのは変わらず。そんな感じです。

来週は2日行けば、2日休み。

いよいよ独立20周年のイベントが行われるのです。

完全にウルゲンチの改修間に合ってないけど(笑)

どうなるのか・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。