上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月6日 14:00~19:00 日本展開催

まずは当日のこと。

この国はだいたい週休1日制。
学校は夏休みだけど、看護師や医者は仕事。
日勤が14:30くらいに終わるので、それからでもこれるよう。
あと、日中暑すぎて、人々の活動時間は夕方から。
そういう事情もあり、午後から夜にかけて時間設定をした。
他の地域から来る人も午前中の移動が可能だし、
準備も午前中にできるので、結果的によかったと思う。

会場は町の中心にある公園内の劇場
20110805_01_20110809133101.jpg
ここでやりたいと思って、会場費の件など問題はたくさんあったけど
結果的に実現できた。
そして、ここでやってよかったと思う。

が、当日やはり気温がかなり上がり、風通しの悪い館内は、クーラーだけで冷却が
追いつかず、立ってるだけで滝のような汗が流れた。

512席あるホールと、1階ロビーを使って開催。

ホールでのプログラムは
①開会式(開会宣言、スタッフ紹介、原爆展開催への思い、黙祷)
DSC05596.jpg

②DVD鑑賞:『ヒロシマ母達の祈り(30分)』

③ステージイベント:子供達のダンス(30分)

④DVD鑑賞:『あなたにとって平和とは?(26分)』

⑤ステージイベント:空手演舞、リフティングなど

⑥閉会

これを2時間ごとに2部繰り返した。
夕方からしか来れない人のため。
でも出演者には負担だったかな・・・


DVDはJICA広島から提供されたもの。
原爆について、当時の映像を元に、原爆症や人々・町の様子、
復興の様子が本当に生々しくまとめられている。
ロシア語訳でもらったが、ウルゲンチの人はロシア語があんまり
分からない人も多く、
ロシア語教育を受けていない子供にも見てもらいたくて、
語学訓練中にお世話になった先生に翻訳吹き替えをしてもらった。
本当に時間をかけて編集したのに、最後に映像として流せる状態で
保存するのが前日になってしまい、しかもPCがいっぱいいっぱいになって
保存を拒否!
PC隊員の力を借りて、当日流してみたけど、途中で停止するトラブルあり。
完全に自分のミス。
PC隊員のN先輩とクラがいてくれたからなんとか持ち直した。
本当にありがとうございました。

もうひとつのDVDは、同期のJOが作成した。
第二次世界大戦にかかわりのあった国で
『あなたにとって平和とは?』という質問をし、答えを集めて編集。
本当に感動的な仕上がりになっていた。
開催決定が直前だったのにも関わらず間に合わせてくれた。本当にすごい。

DVD2本を立て続けに見るのはしんどいと思ったので、
間にウズ人の好きなダンスをいれてみた。
これも1週間前に同期マーキーの配属先にお願いしてもらった。
わずかな時間で、ここまで踊れるのかーと、ウズの子供のダンス力には
驚かされた。
20110806_89_20110809133101.jpg
ここまで来るのもいろいろあったので、子供達がこのステージに
立って踊ってる、っていうその姿をみて、若干涙がでた。
いろんないろんな気持ちが混じって。
調整してくれたマーキーに感謝。

空手は空手隊員Mさんと、首都から手伝いにきてくれたH隊員。
うちの病棟のドクターが見に来てて、すごかったと興奮していた。
20110806_98_20110809133100.jpg
すごかった!

サッカーリフティングは前々日くらいに決まったんだけど、
司会をしてくれたモモとモモの配属先のコーチの計らい。
音楽に合わせて、リフティング。結構盛り上がってた。
20110806_92_20110809133101.jpg


つづく
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。