上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうやら冷蔵庫が壊れたみたいで、中身が全部くさってショックなオゾダです。

停電の影響で冷えないのかと思ってたけど、冷蔵庫がアカンかった!

あ、水は昨日くらいから出る時間も量も若干増えて、マシになりました。

でも水も電気も最小限でいけてるから、日本でも節約がんばろうと思います。


こういう国にきてるんだから、そういう環境はまあ仕方ないにして…

なんでか、引き寄せてしまうらしい。

何を?



霊!?



いやいや、困ってる人を。寂しい人を。


炎天下の中、飲みすぎて倒れた脱水状態のおじさんを2人ひろったり。

抱えて連れて帰った。

見てみぬふりなら、しようと思えばできたけど。


それでも隣の人にはそうはいかない。


先日、夕方突然の訪問。

『あなた、ドクターなの!?』

いやな予感・・・

いえいえ看護師ですよっていうと、そんなのはどうでもいいみたいで

『子供が熱出してる。みてほしい』

有無を言わさず、家に連れて行かれる。

11ヶ月の男の子。見た目はぴんぴんしてた。

熱はあるけど母乳もしっかり飲むし、大丈夫そう。

尿や便の量や正常も問題なさそう。

とりあえず注意してほしいとこだけ伝える。

で、明日病院に連れて行ってください・・・



話を聞くと、旦那がロシアに出稼ぎに行っててあと8ヶ月帰ってこないらしい。

いつも女の子が2人いるから、てっきり娘だと思ってたら

お母さん、自分と同い年。2人の女の子は妹(か姪か従姉妹)らしい。

1歳に満たない息子との生活が寂しくて、2人の妹に交替で来てもらってる。

この妹たち、ホントよく働く。

日本ではこういう時は姑か実母が手伝いにくるんだろうけど、

この2人は、立派にその役目を果たしてる。

しかし寂しいというところは変わりなく、どうやら私に目をつけたらしい。

突然呼び出されたにも関わらず、話相手になってしまった。

アルバムまで全部見せてくれた。



若干疲れて早く寝たのに10時過ぎにたたきおこされた。

子供の熱が40度まで上がった。

たしかにぐったりしている。

病院の先生に注射するように言われた。だからして。と。

いやいやいや・・・無理無理。

押し問答を繰り返すも、この母子を見捨てることができなかった。

医者に指示された薬。薬の本と辞書を駆使して調べて確認。

量がただしいか、筋注でいいか何度も何度も医者に確認。

免許はあるけど、ウズの病院で働いているとき、基本注射はしちゃだめ。

薬の種類がちゃんと分かってて、かつのっぴきならない状況に限られる。

これはのっぴきならない時だと思う。

なのにこの後ろめたさ。罪悪感。不安感。

朝6時にも起こされた。

もうだめ、後にひけない。

自分で作り出してしまった、後にひけない状況。

自分の倫理観は間違ってるのか?

看護師になりたくて看護師になったんだけど

こういうときは医者であったほうが悩まないんだろうなと思った。

けっして法律をおかしたわけでも悪いことしたわけでもないけど
なんか、懺悔な気分。ホントによかったんですか。他に方法はなかったんですか。




2日間これを繰り替えし、やっぱりなんかの感染の疑いが強いので

点滴をしに入院することになり、先ほど見送った。

往診制度とかなくて、近くに看護師が住んでいれば何でも家で処置をする。

いろんな事情があってしかたない。それがここ。

でも病院で治療をすることを医者が指示し、

母親が決断してくれたことに安心。

というか、がっつり肩の荷が下りた。


病院でも振り回されすぎて、ぐったり。

明日休みやし…と思ってたけど、まだ木曜だったとさっき気づいた。



自分が引越してきてから、隣の玄関のドアは常にオープン。

自分が出入りするたびに、顔をだして声をかけてきてた。

適度な距離を保ってお付き合いしようと思ってたけど、

なんかがっつりになりそうな予感。結局・・・こうなんだね。




・・・うわぁ、しかも、今ねずみ見つけてしまった。

やっぱり、うちんち、ねずみ居るわ(><)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。