上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院の改修工事が終わって、再開業してから1週間。
最初の2日はほとんど患者がいなくて(手術がないから)暇だった。

なのに、病院の隣にある大学の医学生が実習に来ている。
そして、なぜかドクターに
こいつらに看護師の仕事教えてやって!今実習だから。
と押し付けられた。

ちなみに、こちらで『看護師の仕事』とはいわゆる『診療の介助』のこと。
点滴、胃管ドレーン挿入、消毒の介助、検温などなど
医者と二人三脚で、もしくは医者の指示で実施する業務のみを指す。

看護師の専門的な能力を発揮すべき『患者の日常生活の援助』の分野は
もちろん医者の頭にはない。ついでに看護師の頭にもないことがある。
分かりやすく言えば、
環境が変わっても、病気でも、今までの生活レベルにより近づいた入院生活が
送れるように、食事とか排泄とか清潔行動とか…に介入すること。


それを教えるために私は来ているんだけど、まったく取り合ってもらえない。

業務内容はわかりやすく区別してるけど、日本で実際に働いている時は、区別して考えてはいない。
だって全部あわせて看護師の仕事だし。


教えたいこと、考えてほしいこと、患者さんにやってあげてほしいことは
いつでも後回しで・・・
結局、時間がない、物がないで済まされてしまって、
要請内容は看護の質の向上なんだけど、
それは何を持って評価すればいいのかも
すっかり分からなくなってしまってるのが現実である。

と、このままだと話があさってのほうに行ってしまうので…


で、学生のお守りをまた押し付けられたんだけど、看護学生とはわけが違う。
医者の卵なわけで。でもまだ何も勉強してきていないわけで。

ホント基本的な患者情報のとりかたや血圧とかの測定方法を教えて、
さあ、何しよう!?ですよ。

学生はね、ただでさえ日本人に興味津々でやる気まんまんですよ。
気づいたら他の病棟で実習してるはずの子まできて、
うら若いメンズ8人とか9人に取り囲まれてる私・・・

しかたないので、看護師にもやってない実習をすることに。

『ザ・手洗い講習』
いや、医療者なら、手洗いは必須。
ホントに教えたいことの一番のテーマだ。

ウズベキスタンで数年前、大きなプロジェクトが動いていて、
保健医療分野のボランティアがたくさんいてたことがある。
その時期のセミナーの資料が残っていて、参考にさせてもらった。

必要物品は
IMG_5271.jpg
片栗粉とお湯。
片栗粉をお湯に解いて溶かしておく。

IMG_5273.jpg
あと、イソジン液を作っておく。

デンプンにヨードがくっつくと青色になっちゃう反応を利用したあれ!

①片栗粉溶液を手にぬって乾かしてもらう
②石鹸を使って、正しい手洗いをする
③手を乾かしたあとにヨード液につける
④青くなっちゃった部分はよく洗えてなくて、デンプン質が残ってるとこ。
っていう実験。合ってるかな。

今回、国立ホレズム州外科病棟仕様にしたところ
・まず看護師に教えて、その看護師から学生に実習をやってもらう
・片栗粉溶液を手に塗ったあと、まず片手だけヨード液につけて、
 色が変わるってとこを確認。その後、手を洗ってもらう。

理由はたくさんある。
・看護師にも興味を持ってもらうため。今後につなげるため。
・看護師に指導方法を知ってもらうため
これは、1つ目の方法に関して。指導自体に対する思いがあって。

でも、2つ目の方法はどうしてもとらざるを得なかった。
・ウズ人の手の色が濃すぎて、変色が分かりにくい。
・ヨード液につけるときに、汚れ部分も流れてしまう。
・実験や実習慣れしていないので、これをやる意味が分かってもらえない。
 →日本で手洗いする時は片栗粉を使うのかといわれた・・・

IMG_5277.jpg
反省点としては、ヨード液は薄い器で、ぎりぎりつかるくらいの水の量。
反応するのにびっくりするくらいの濃さが必要。
イソジンガーグル1本じゃ足りなくて、急遽薬局で消毒用ヨード液を買った。
1本1000スム(40円)


でも、片栗粉溶液も満遍なく塗ることはできなくて、最初にムラがあるうえ、
水で流せば比較的簡単に落ちてしまう。
準備不足もあったから、もっといい方法が他にあったのかもしれない。
が、しかたない。
結局、みんなちゃんと洗えましたねーってことになるんだけど、
それはそれでよかった。
ウズ人はプライドが高い。指摘はできるだけしたくない。

今回は、ホントにまっさらな状態の医学生だった。
手洗いについては方法がちゃんと絵付きで水道に貼ってある。
その存在を知ってもらい、見ながら実際に洗ってもらうっていうだけで
目標達成
IMG_5278.jpg

楽しんでたみたいだし。
IMG_5275.jpg
手洗いはいつするべきか、今は医者も看護師も手洗いの回数が少ないけど、
君達はちゃんとしないといけないってことがしっかり伝えられたし。
断水してることが多いけど、水が出てればとりあえず手を洗えって言えたし(笑)

この実験の時は奇跡的に水が来てるときでラッキーだった。

もう1つ予定通りにいかなかったのは、
看護師には教えれたんだけど、学生が集まった途端
他の仕事頼まれて行っちゃって
結局自分が全部やることになってしまったってこと。
でも看護助手のボスにも実習してもらえたから、この次の機会は
スタッフということで。
もう少し勉強して、方法を工夫してみよう。

IMG_5285.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。