上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
善と悪

朝寝坊させてもらって、今日は一人でサマルカンド観光へ。
2つバザールがあって、どちらもバス1本でいけるのでまず遠いほうに向うことに。

徒歩数分のところにあるバス停からちょうどよく来たバスに乗る。
混んでいるのもあり、入り口に2人男の人がいて、邪魔。
その人たちをよけて奥のほうにはいると、その男性2人もこちらに寄ってきた。
といっても、そんなにくっつくほどの混みようじゃない。

ウズべきスタンのバスで、何回か痴漢されたことがあるんだけど、
1人の男性が密着してくるので、また痴漢かなぁ、嫌だな・・・
と思って背を向けないようにした。

後ろには座席があり、もう下がれないけど、男性は押してくる。
完全に動きが不審。警戒してることアピールするために、何度も顔を見た。

バスの急停車と同時に、前の男性が抱えていたビニール袋が腕から落ちた。
ハッと下を見ると、肩から前にかけていたかばんのチャックが開いている。
財布はチェーンをつけていたし、大きいカメラがあって、物は出てなかった。
なんで開いたんだろうと疑問に思って、またチャック閉めて、
男性の動きに警戒。

もう一人の男性は真横にたって、同じようにビニールを胸に抱えている。
フッと、嫌な予感がしてかばんを見ると、前に立った男の人の手が、
ビニールの下から自分のかばんのポケットに伸びていた!

スリだ!

と、ビクッとしてかばんを隠すと、男性2人は慌ててバスを降りていった。

ポケットに入ってた携帯が盗られそうだった。
でも調べたけど、結局何も盗られてはいない。
海外旅行でもスリは(しかも目撃したのも)初めてなので、
びっくりしすぎてしばし呆然。

男性のかばんに伸びた手の残像が頭にこびりついてる。
まんまとカモにされたのが悔しかった。2人はぐるだった。
気を抜いしまってた自分に腹が立った。

そして、バスの乗客や車掌までグルなんじゃないかと
周り全部が悪い人に見えた。

完全にブルーな気持ちでバザールを回る。


2つ目のバザールで、なんか人だかりがあるなと思ったら
売り子同士が大喧嘩してた。
女同士なのに、殴り合いになりそうな…

暑いし、こういうのもなんか疲れるなぁと思ってボーっと見てると
スザニ売りのおばちゃんに声かけられた。
最初は買って買ってっていうのかと思ってたけど、
買わなさそうなオーラだしてたので諦めたのか、おばちゃんは世間話を始めた。

学校の先生をしてたらしく、なかなかアクリー(頭のいい)なおばちゃんだ。
別に急いでなかったし、おばちゃんの話につきあってみた。

買いたいものがあったので、相場がいくらか教えてもらうために
買い物も付き合ってもらった。
1つは値段交渉してくれたけど、もう1つのものを買うときに、
なぜか反応してくれない。
これ、普通?高くない?と聞いても目配せするのみ。
なんかよく分かんなくて買わなかった。
そのあと、おばちゃんに、ちょっとおいでとバザールの端に連れて行かれた。

そこで聞いた話。
サマルカンドはタジク人という民族が多い。
バザールの売り子はタジク人だった。
私が外国人だから、ものすごく高く値段を言ってきたらしい。
特に2つ目のやつは、べらぼうだった。
でも、これに文句を言うと、あとで自分が彼女達に殴られるかもしれない。
あなた(私のこと)が買わなかったから、よかったと思った。

おばちゃんはウズベク人だ。
おばちゃんはタジク人が嫌いだと言った。

うそをつくし乱暴だ。女でもすぐ手が出る。だから嫌い。
でも、自分はここにスザニを売りにこないといけない。
だからうまくやっていかなきゃいけないんだと。
あなたが分からないのを知っててタジク語で数字を言ったり、
高く値段を言った。本当に悪い。
世界中どこの国も、いい人と悪い人がいるでしょ。
日本でもそうでしょ?
ウズベキスタンでもそう。いい人もいれば悪い人もいるの。
タジク人みんなが悪いわけじゃないけど、悪い人が多いの。
だから気をつけなさい。

多民族国家であるウズベキスタンだから、いろんな民族がいるのは知ってた。
でも、民族間の仲がどうとかあんまり考えたこともなく…
この日、初めてウズ人の口から、対民族感情というものを聞いた。

そんなことも知らずに、しつこくおばちゃんに値段の正当性を聞いたりして悪かったな…

朝、スリに遭いそうになったのもあり、ずっともやもやした気持ちだった。
ウズベキスタンに対する嫌悪感っていうのは、こんなちょっとしたことで
ふつふつと湧き上がってしまう。
でもそれを沈めてくれたのはおばちゃんの話だった。

で、スリのことも何にも話してないんだけど、おばちゃんはこうも言った。

心をオープンにしていれば、正しいことがちゃんと見える。
同じように心がオープンな人と出会えるの。
私は、今日心をオープンにしていたからあなたと出会えた。
最初に話した時に、あなたは心がオープンな人だと思った。
だから、あなたも必ずいい人と出会えるはずよ、と。
IMG_5189.jpg
ありがとう、おばちゃん。
またの再会を約束して別れたときには1時間以上たっていた。

タシケント通りっていう名前の、サマルカンドのきれいな通りは
お土産屋さんが並んでる。
なんか、京都でこんなところあったなぁと思いながら、店を覗いて歩き、
レギスタン広場というところに行った。
ここ、結構好きなんだけど、8月にある音楽祭の準備をしてて様変わりしてた。
ちょっと残念。

早めに帰って、ちょっと昼寝して本読んで…
この日の夕食はちこちゃん手作りのカレーとサラダ。
おいしかった。
IMG_5194.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。