上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年目と2年目の変わり目と言っても、他の人には全く関係のないことで
自分自身、少しだけ気が引き締まっただけ。

新居での生活はどうかと言うと…
結局、留守の間に前住んでいた人が勝手に入って荷物を持っていったそうで
いい歳した大家のお父さんに説教した。
私に言わずに人を入れるのは言語道断。
せめて、あなたが一緒に入るべきでしょう、と。

ウズでは大家が生活に必要なものをそろえるのが普通。
布団や食器類も含めてそろっていると思っていたが、フライパンなども
前の人が持っていってしまったのでいまは料理もできない。
鍵も変えてください、物をそろえて下さいといっても
なかなか腰のあがらない大家一家。

昨日、夜がちゃがちゃとドアが勝手に開けられ
前の住人と思われるおっさんが入ってきた。
どう考えても危ないでしょう!!
女一人で住んでるんですよ!
まあ幸い(?)いい人で、文句を言ったら忘れ物を取りに来ただけと、
謝って帰って行ったけど。

新しい生活といってもそんなもん。


職場はというと、先週から改修工事が始まっていた。
私が行ったときには、外科とICUに患者がいるのみ。
他の病棟は本格的に工事を始めていた。
IMG_5016.jpg
とりあえず、病室や病棟入り口のドアを全部統一(街中と一緒)

月曜に外科の16人の患者が2人を残して退院。
ICUから2人の患者を受けて、院内に患者は4人のみ(外科)
そのまんま本気の工事が始まった。
IMG_5008.jpg
患者がいなけりゃすることもない。
改修工事を手伝ってたらキリがないので休めると思っていた。
しかし、病棟の一番偉い医者に、1週間だけ来いといわれた。
患者の基礎情報を書いたノートを工事期間にデータ化するので
パソコン作業をしてほしいと。
裏の事情は、パソコンが使える看護師がいないこと。
全員ではないが、医者と看護師が改修工事をしないといけないこと。
だから事務作業要員というわけ。

といっても、工事期間休んでいる看護師や医者はいっぱいいる。
なんで私に休みをくれないのか、若干不満もあり。
首都に行ったのも、遊びにいったんだろうといってくる医者もいて、
たくさん仕事を抱えているのに、知らずに「もっと働け」なんて思ってるんじゃないか。
最初は工事の手伝いもさせるつもりっぽかったので、
それはできないと言うと
あなたが望まないなら来なくていいわ、とか師長に言われるし。
望む望まないではなく、できることとできないことがある。
そういう微妙なニュアンスが説明できず、
今後の関係のことを思って、データ打ち込み作業の件だけ了承した。

ただし、ペンキの臭いで気分が悪くなるし、休んでるスタッフもいる中
自分だけ職場に行くのもおかしな話なので、家で作業するってことだけ主張。
朝寝坊できるのでそれはそれでいいが、軽く軟禁状態だ。

これ、赴任した当時、何もできない自分に
『パソコンならできるだろう』といわれ2日間やっていた作業。
あの時に比べると格段に筆記体が読めるようにはなっていたが・・・
なんか悔しい。

っていうか、なぜこまめに打ち込んでおかないのか。
たまりにたまって1500人分だ。
あと、これ必要ないやろって思う項目あり。住所は絶対いらん!
入院時と退院時の診断名、いるか?統計とらないだろ!
そもそも氏名もふくめ、固有名詞は予想がつかないので
読み取れないこと多々あり。
ノート自体は保健省に提出するために書いているものなのに、字が汚すぎ!

できなかったらウズ語できないのね、みたいな目で見られるだけだし
できたところで自分には全くメリットがない!
ホント、イライラしながら作業をしている。

病棟に顔を出すと、作業している看護師や医者は嬉しそうにするんだけど…
まさか、自分と一緒に働きたいがために理由をつけて来さそうとしたわけでも
ないやろうし。
一緒になってこき使われてるだけで、病院の上の人とか、ウズの上の人に対し
ちょっとイライラ感がおさまらない。
それなら、土木とか建築とかのボランティアを要請してくれ!
私は看護師だー(怒)

でも現地スタッフの中でも、こういう作業をさせられているメンバーは
決まっていて、気の毒だなと思う。

でもたった一人だけ残ってた患者さんが気の毒すぎた。
治療っていっても点滴だけ。
看護師も医者も普段着で工事の合間に点滴の様子をみるだけ。


だから

なんのために病院をきれいにしてるのか

ってことですよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。