上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3度目の正直というよりは

2度あることは3度あると思っていいだろう。

以前、当日中止にされたセミナー

今日11時から開催ということで再度準備して臨んだ。

しかし・・・

またもや国の監査がはいるからとのことで中止。

ちっ

そもそも、保健省というところは何がしたいんだろう。

いつも病院の環境を見に来るということだが・・・

病院の環境というものは、患者さんのためによくするものではないのか。

この監査があることで

患者のケアや処置は全て後回し

家族の面会も中止され

この国の看護の質の向上のためにということで

派遣されてきた自分達ボランティアの活動も中止

っていう事実をご存知ではないのだろう。


今日、省の人が何を見に来たかというと

独立20周年を迎える9月のセレモニーのために、

病院の外観やお庭を見に来たって・・・

師長が苦い顔で言ってた。


朝も会場に資料を並べて、練習しながら待ってたら

片付けて帰れって。

どんだけ雑な扱いですか。

病棟に戻って看護師に愚痴ってしまった。

監査は確かに必要だと思う。

でもやり方と、見るべきところに疑問を感じる。


看護師に愚痴った後

師長さんはセミナーが中止になったこと知らなかったので報告したら

誰にも聞いてないわ!私達も2回も待って…
あなたのセミナー待ち望んでるのに…
省の人間はドゥムヨモン(めっちゃ悪い)
あの人たち医者じゃないのよ。
病院のことなんてわからないのに!

だって。


朝から振り回され、ぴりぴりしたムードの病棟で働いて疲れた。

午後は手厚いケアの必要な患者さんがいたので

残業までして処置をしていたら

みんなが突然掃除を始めて手伝ってくれなくなった。

しかも、部屋においてあるはずの処置に必要なものが消え…

なんなの!?

便汚染と、かぶれを放置されてかわいそうなのは患者さん。

薬とガーゼ、どこ持ってったの!?って看護師に聞くと

今から病棟に省の偉い人が来るから、部屋に置いちゃいけないの!と。



やりきれない思いでいっぱいだったけど、

他の看護師や看護助手は残らないといけない。

もっと気の毒だ。

日本でもこんななの?って聞かれたけど…

監査がきても患者さんをほったらかしには絶対しないって言っといた。

そうだよね…と疲れた顔をした彼女達に同情した。

ウズベキスタンを全部ひっくるめて、なんか違う!って思ってたけど

今日、師長さんや看護師と愚痴を言い合ったことで

この人たちは「不本意ながら従ってる人たち」なんだと感じた。


IMG_4610.jpg
独立記念セレモニーのため?空港から中心までの大通りを工事して拡大するとのこと。

通りに面した建物は全て崩されている。

強制的に立ち退きさせられ…

2月に一回引越し予定で見に行ったのに、大家がばっくれたアパートも崩されていた。

あそこに引っ越さんでよかった…

とはいえ、古い建物は全部壊して、

比較的新しい大きいものは見た目をそろえるそうだ。
IMG_4626.jpg
こんな風に。おわかりだろうか。窓枠を全部付け替えている。

住人は全員いなくなった。戻ってくるのだろうか・・・

不安になってうちのアパートはどうするのか近所の人に聞いた。

そうそう、明日からレモント(修繕)業者が入るよ。
1号棟から順番に。今月中かな~

とさらっと言われた。どーりで・・・

1号棟の人、引越してんなーと思った。

どのくらいの規模なのか分からないけど、どうなるんだ…

まあ、突然追い出されることはないと思う。

なぜなら


引越し先が決まったからー!!

私が引越すほうが早いはず!

これで隣人や近所の子供から解放されるー。
スポンサーサイト
2011.06.03 街の改装
独立記念イベントに向けての街の大改修だが、

特に首都タシケントではバザールが潰れたりとホントに大掛かり。

首都に近い街でも突然商店が潰れたとか聞いていたが、

大変だなぁ、よくやるなぁ、と他人事だった。


ウルゲンチが本格的に動き始めたのはつい1ヶ月前。

こんな西の端の忘れられたような街のセレモニーに誰が来るのか知らないが

たった3ヶ月で、どれだけの道路や家を壊し、建て替えようというのだろう。

でも、それをやってしまうのだろうな・・・という勢い。

というか、できなければ責任者は消されるのではなかろうか。

それくらいの強制力があるんだろうなと思う。

空港から街の中心まで通った道路に面した家は全て潰れた。

写真を撮ったら、近くにいた人が

みんな出て行かなきゃならなかったんだよ…
ちゃんとした説明もなく。

と嘆いていた。

それでも頑として譲らない、なんて人はいない。

そんな反抗なんてしたら消されかねない…のだろう。

IMG_0965_20110603231045.jpg
去年の独立記念日に撮った写真。

今は
IMG_4627.jpg
3ヵ月後にはどうなっているんだろう。

この道をまっすぐ行くと空港。

反対側は
IMG_4412.jpg
この道、縦が全て封鎖されているので、バスやダマスが通れなくなった。

どこを通っているかわからない。たまに見かけると満員。

朝の通勤に困っている。



どっから金がでてるのか分からないけど・・・

大切なのはハードを整えるのではなく、ソフト面だと誰か気づかないか。

見た目がキレイでも、耐震構造にはなってないアパート群。

監査が来る時だけ掃除して物品をそろえても

それが精一杯取り繕った姿で、普段は決してできていない病院。

物資不足、インフラの不安定さは国レベルで解決しないといけないのに

国(省)が見に来る時に完ぺきな姿を見せないと怒られるって…


なんかちょっと怖い。なにがしたいのか分かんない。

国がどの方向に行きたいのか分かんない。

自分が外国人だから客観的に見てしまって、そう思うのだろうか。

この上からの圧力に痺れを切らして爆発する人はいないのだろうか。

ウズベク人は、それでもおおらかで

ぼらでぃ やふし

って言うんだろうか。
引越し・・・
あとJICAのセキュリティーオフィサーにチェックしてもらってOKなら契約できる。
でも、ほぼほぼ大丈夫だろうと思い、さっそく荷物の片付けなどをはじめた。
もう出るから今週は掃除しないって決めて。

外が騒がしいなと思ったら、レモント業者っぽい人が近所をうろうろ。

うちのアパートは今のとこアパート入り口の扉を新しくするのと
踊り場にある穴(笑)に窓をとりつける。
あと、壁をはがして色を塗り替えると。
おやおや、きれいになるならいいじゃないですかー。

周囲で取り壊しされてるとこが多い、ベランダのことはまだ言われてない。
だから引越しますし、私にはもう関係ありませんけどって感じ。

そうそう、引越し先決まったし調整員にメール送らなきゃ
とネットカフェに来ると先輩から電話が。
先輩のアパートはベランダと鉄格子を撤去しないといけないらしい。
そうなると、安全管理上住めなくなる可能性大。
引越しの可能性もあるとのことで・・・大変。家探し手伝うことに。

新しく決まった部屋の大家は他の隊員の紹介だったし、私もその大家に相談。
すると訳のわからない展開に。

先輩の家の件は事務所も絡んでるためセキュリティーオフィサーから
ツテがないか探してとうちの新しい大家(他の隊員の大家でもある)に連絡が行ったっぽい。
その2人の中で話がごっちゃになって、
「引越したくて家を見に行って気に入って住むことにしたウルゲンチにいる日本人ボランティアの女の子」
ってだけで勝手に先輩のことだと思ったらしい。


で・・・
引っ越さないといけないけどもう家を見に行ったらしいじゃないか。
引越し先は決まってる、OK!
あとはチェックだけさ、でもこの大家なら信頼できるからOK!
事後承諾でいいから明日から住んでいいよーん☆
だって早く引っ越さないと困るジャーン?

みたいなことを、セキュリティーオフィサーから大家を通じて言われた・・・

え・・・まだ調整員に言ってないんですけど。

ともかく電話じゃラチがあかんってことで大家の家に行って話を聞いた。
事情を説明すると、隊員2人を混同してたってことが分かったけど。

どちらにしろ、部屋はセキュリティーオフィサーがいいって言ったし
彼はJICAのスタッフにOKもらってるらしい。
だから早く引っ越せ。そして、もう一人の女の子と一緒に住めばいい。
(先輩の家)探してみるけど、すぐに引っ越せる家はないかもしれない。
と。。。

とにかく勝手にいろいろ話がすすんでるみたいだし、
大家の早口についていけなくて、事務所に聞きますと言って帰ってきた。

休日なのに、調整員は対応してくださって、やっと解決。

やはりセキュリティーオフィサーが隊員2人を混同してしまっているらしい。
調整員のほうから言ってもらって、1つ解決。

で、チェックをしてからじゃないと契約はできないので、
チェック行くまで待ってくださいと。OKなんて出してないって。
そりゃそうだ。ちょっと安心した。
そんな適当な契約、事務所がOKするわけない。

あと1時間くらい
お互いに、ウズのこんな無理やりで突発的な街の改修に対する愚痴(笑)
住んでるうちらもだけど、事務所もふりまわされてるし。

セキュリティーオフィサーが探しているはずのツテには
私からもアプローチしてて…
彼から聞いた話では、条件が微妙な部屋なんですけど…
これだめだったら誰が家探してくれるんですかねぇ~みたいな(^^;)

こういう事情の時に限度額超えてもいいならいいんだけど…
今のウルゲンチで、急な取り壊しや改修がなさそうなアパート群を探すのは
困難
私が見つけたとこも最後の砦くらいだった。家賃の限度額内で考えるなら。

あーそうですよねぇ・・・と調整員さん。

で、まあこの電話で引越し先決まったことを正式に伝えて
それで調整員の中でも全てが解決したのだけど・・・

この国のことだから、次にどこで何があるかわかんないけど
とりあえず今早急な対応が必要なのは先輩の家。
先輩と話したこととか家探しをしていた自分の意見も聞いてくださって
あーだこーだとどういう形がいいのか、話合った。

先輩から聞いてた話も、やっとこ自分の中でつながった。

鉄格子を中にすればOKだとか、でも窓が開かないのはどうすんだとか
(普通に暑いだろ)
鉄格子つけなかったら安全管理上ムムキンイマスだ(住むの禁止)
引越しって行っても、先輩はあと半年しか任期は残ってなくて
首都出張やらもろもろを差し引くとホント数ヶ月しか住まない家。
今の大事な時期に、引越しって。
せめて家探し手伝わないと1人じゃきついですよー。

調整員も同じことを感じていたらしく、選択肢はたくさん考えたそうだ。
①こんなごたごた巻き込まれるの困るし、希望があれば引越し
②鉄格子あれば住むのOK
③どういう形になるかわかんないけど窓が開かなければ引越しの可能性
④鉄格子なければ即引越し
⑤市民の不満が高まっている今、周辺の雰囲気が外国人が住むのに不安があるなら引越し
  →引越し先が見つからなければ緊急避難的にうちに間借り。
   自分の今の家だと1部屋だから無理と思ってたけど
   引越し先は2LDKと聞いて手段のひとつとして考えたそう。
  →自分が見つけた新しい家をとりあえず先輩に住んでもらう。
   緊急性があれば当然のことだと思う。
   
うちへの間借りも、引越し後回しも自分も思っていたことだから全然OKだ。

それも視野に入れて、とりあえず・・・

大家が明日セキュリティーチェックに来るんだと言っていた意味が
やっと分かった。
明日、先輩の家の様子を見にセキュリティーオフィサーが来るらしい。
鉄格子がだめそうなら引越し先のアテがないかアパートを見て回るらしい。
その彼自身の選択肢の一つにうちが見つけた家があった。
その話が調整員を通さずに、セキュリティーオフィサーから大家に連絡が行ってたと。

大家さん、フットワーク軽いんだけど、話進みすぎててわかんないよ
私には・・・

先輩の引越しの可能性がどうなのかにもよるけど
どちらにしろどっちかの契約完了。

展開早いなー。
先輩の家どうなるんだ?自分の引越しもどうなるんだ?
というか、今の自分の家も本当に大丈夫なのか??

なんて思ってたらまた調整員から電話。
なんか、またウズベキスタンという国の方針が変わったらしく
鉄格子を窓の外につけてもいいということになったらしい
(いつ!?ってか今さら?)
だから、たぶん先輩はそのまま引っ越さなくてもよさそうと。
まだわかんないけど。

ほぉ・・・

そしてセキュリティオフィサー、明日行けなくなったみたいと。

ほぉ・・・


全部同じ外観にしてチロイリーにしたけりゃさ
最初から全部に鉄格子つければいいじゃん。

なにもかも全部ぜーんぶ国のもの。

でもその国って何?誰?国民はどこに位置しているの?


いろいろな展開についていけなくて、ごたごたに巻き込まれてるだけの
私達外国人。情報も全くない。
調整員も情報がほしいって言ってた。大変だろう。
国内線は運休になるわ、スーパーやバザールは壊れるわ
道路は突然なくなるわ・・・
国間契約で来てるJICAの在外事務所のスタッフに情報が入らないって。
事務所なんて、ホント首都のど真ん中にあるのに。

1時間半も調整員と話して、見えなかったとこも見えてきた。
この先どうなるか誰にも読めないってことが分かった

なにはともあれ、お休み中にいろいろ対応してくださってありがたい。
調整員さんが今度ウルゲンチに来られるとき
もっと話したいなと思った。

きっと自分の引越しも大丈夫だろうし…
先輩の家もたぶん大丈夫なんだろうし…
ちょっと安心。
セトラさん、お疲れ様です

あぁ気づけば
訳のわからん1日だったので…朝食も昼食も夕食も摂り損ねた。
この時間だと寝るしかないな。
予定が突然変更になったり、遅延したりなんてのは日常茶飯事。
言うても発展途上国。
がんばらずのんびりやっていこう、なんて赴任前は思っていた。

それなのに
なんでこんなに時間を切りつめながら、休む間もなく働いてしまっているのか…
大きな理由は2つ。ウズの人は
1.自分が遅れたり約束破るのは平気なくせに、相手がすると怒るかチョー悲しむ
2.特に病院では、自分達は完ぺきだから(足りないのは設備だけ)
  外国から教えてもらうことなんて何もない、って思ってる。

というわけで、勤勉に真面目に働いて、新しい情報ひとつでも与えないと、
何、この使えない実習生!って言われかねなかったのだ。

そして、そう言われたくないっていう思いが強かった。
自分が日本人のイメージに直結してしまうし、自分自身もいやだし。

まあ、今はだいぶ理解してもらってるけど…

もともとの性格もあり、今さら手抜きもできない。

そんなわけで、最初はお願いされたセミナー。
テーマや内容、先輩とどう協力していくか・・・などなど
語学のことも気がかりで、準備を入念にしたかったし
ホント対象者のこと考えながら、お願いしてきた部長の面目もあるし
適当にはすまいと思って、入れ込んでやってきたわけで。

でもその準備をしている最中
突然部長が変わってしまい、このセミナーの位置づけも不明瞭になった。
準備もしてるし、教えたいことでもあるから、何とかやらせてほしいと
こっちがお願いする側になっている。

だから、病院の都合で中止や延期ってのも納得がいかないけど待つしかない。

この6月に派遣1年目を迎える。

報告書も書かないといけないし、中間発表の準備もある。
4月ごろからマニュアルの改訂なども頼まれてたし、自分自身が提案して
作っていた資料もあった。
病院での活動以外でも、ある企画の準備やら、UZ医療隊員部会のことやら
ほぼ毎日パソコンで仕事をしていた。それも病棟勤務プラスで。
その合間にセミナーの資料作り。

という数ヶ月だったので・・・
先月からパソコンの画面を見てると頭痛と吐き気に襲われるように。
長くて1時間が限界。
ひどいときは10分ごとくらいに横にならんときつい。

ブログも、ごろごろしながら時間かけて更新してる。

プラスで腱鞘炎。右手、箸がもてなくなっている。

もう限界~ってとこで、セミナーの開催が決まってたんだ。
これ終わったら休もう休もうって思ってた。
のに延期、また延期。

セミナー準備に時間を割いていたので、他のスケジュールも狂う。

だからちょっと残ってた気持ちの余裕が全くなくなってしまった。

最初のセミナー中止って決まったときから、パソコン作業を一切やめた。
どうしてもやらなきゃいけないのは報告書と中間報告の準備。

調子のいい日があったので、報告書を書き上げ提出した。
中間報告の準備も時間かけてほぼ完成させた。
それが唯一の救い。

諦めかけた引越しもせっかく実現するし、忙しいけど首都出張までがんばろう。
それが終われば、病院が修繕工事に入るので、10日休みになる…はず。
休める・・・

明日何があるかわかんない状態で、2週間後の不明瞭なかすかな希望を糧に
1日1日過ごしてる自分って。

それに気づいて、ちょっと凹んだ。そういうとこが不器用なんだって。

胃炎も治まったし、パソコンしてなければ調子いいし、
切羽つまってしなきゃいけないこともないし。
引越しの準備を楽しみながらやろうって過ごしてる週末。

今朝なんか違和感を感じて鏡を見ると、胸腹部に発疹が!!
うぃ!?なんじゃぁこりゃー。肝臓やられたか?感染か?
こんな時に!?

って若干焦ったけど、そのうち痒みが。

よくよく見ると、虫のしわざですね・・・
二の腕とかにもあった。柔らかいところ、やられてた。
おそらくノミ(か、ダニ)

子供が乱入したときに、勝手にベッドや長座布団に座っておった。
きっとその時ですね。
毎週毎週大掃除して布団ほしてて、1年ダニ・ノミだけには縁がなかった。
もう引越しって時に…まあ、引越しだからいいのか?

この期に一回リセットしよう。

セミナー、もし再度開催決まったらぶっつけ本番でやる気で。
2011.06.06 まだ月曜日
今日は暑かった・・・

朝、更衣室に入ると、スタッフがチョーテンション高くて、
なにごと!?って思った。けど・・・
土日に20人くらい患者が入ったらしくチョー忙しい月曜日。
そして風通しの悪い病棟内。立ってるだけで気分悪くなる。
午前中にはスタッフみんなテンション激下がり(笑)
まだまだ序盤なんだろうけど。


うちの今のアパートのレモント(改修)している人に聞いた話。

興味深かったのは、レモントの手伝いをしてる人達は、病院関係者らしい。
州内にある国立病院が地域ごとに割り当てられるそうだ。
医療者かどうかはわかんないけど…どちらにしてもプロではなく一般人。

同期の話を聞くと、街の清掃活動には学生が借り出されてるとか。

こんな風に突然借り出されたり、家追い出されたり、家勝手に改修させられたり…
市民の不満も溜まっているそうだ。

外の気温は何度まで上がっているだろう。
室内はとっくに30度越えている。
暑い日差しの中、道路工事をする人や建物の改修をする人が
だるそうに働き、かたわらで日陰でねっころがってるのを見る。
ホント始まったばかりのころは、
ちゃんと働こうよって思ってたけど、今は違う。

今回の街の大改装では国からお金がでてないらしい。
やれって言われたら、とにかく自分で金集めてやらないといけない。
できなければ・・・・・・・・・・・
どうなるのか。

もちろん借り出されてる人、給料なんてもらってないに等しいだろうし。
病院の改装だって、医療者も借り出され、なおかつお金は自分達で出すと。
なにそれ?国立病院ですよ、うちんとこなんて。

そりゃもやもやも溜まるよなぁ。

一般市民のフラストレーションが溜まりすぎて、何か起こるかも…
っていうのは想定してるらしい。
集会とかの可能性もあるから注意するようにと言われた。

去年から、この7月に何か起こるって噂があって
普段ウルゲンチはテロや暴動なんかとは無縁くらい平和だから
(夜10時くらいまで子供遊んでるし)
首都とかで何かあっても、ウルゲンチの人はきっと気づかないよねー
なんて同期と笑いながら話してたけど…
どうやらその何かが起こるのはウルゲンチらしいっていう噂も聞いた。
噂は噂。
バザールが潰れる、だなんて情報ですら直前にしか聞かないのに、
(というか、壊れ始めてから知る)
何かが起こるらしいなんてのが半年前から言われてる時点で、
信頼性の低い情報だけど。

今の街の様子や人の様子を見ると、ウズベキスタンのどの地域で何が起こっても
おかしくないのかなと思ったり。
独立20年目を迎え…20年間独裁政権。従順に見えるウズベク人。
中央アジアの中で最も平和だと思っていたが、いつまで耐えれるものか。

それでも我々は、日々、ここで生活し活動している。
2年間活動しきるというのが簡単ではないこと、この1年で身を持って知った。
だからいろんな覚悟もしながら、騒動に巻き込まれないようにしながら。

9月の独立記念式典まで、どうか平和でありますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。