上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.20 雲とため息
全力で1週間過ごしてきた。

今日、朝から肩透かしをくらった。


一気に脱力。


セミナー延期。


まあいいわ、もっと練習しよう。

というよりは

まだ終わらないのかーという気分のほうがまだ強い。

だって、セミナーの準備だけしてりゃいいってわけじゃない。

それはいつでもプラスαなんだから。


なんで、いつでもこんなに全力になっちゃうんだろ。

世渡りが下手っていうか生き方が下手だね。

脱力した瞬間の疲弊感が信じられない重さで。

予想以上にダメージくらったりする。



っても、まあ現実を受け入れるしかないので。

気を取りなおして病棟へ。



ウズ語でしゃべってって言ってるのに

全部ロシア語になっちゃうおじいちゃん。

それでもなぜか話が通じて、2人で笑った。

なんとなく、言いたいことは分かるんだ。



いつ来るかと思ってたよ

って待っててくれた患者さんと家族。

ここで話してると笑いがこぼれでてくる。

疲弊した気持ちが癒された。


気づいたら

日勤の看護師が全員帰った後だった。

今日は看護師とあんまり話してないや。

まあ、いっか。



帰り道。空がなんか面白くて。

空が、というか雲が。

ちょっと眺めたくて、思わずダマスを降りて

途中から歩いて帰った。

IMG_4299.jpg

ホラズムの、気持ち悪いくらい真っ青な、雲ひとつない空も好き。

緑の少ない、茶色の地面に、ちょうどよく映える青。

でも、雲があるほうが眺めたくなる。

もっと見上げたくなる。

自分は小さい頃から雲の形を見るのが好きだった。

雲のある空のほうが、なんか安心する。


視界の全部 空が見える場所。

ぼやぁと歩きながら、大きなため息をついた。

周りを気にせずに。

集中すると呼吸を止める癖がある。

だから、めいいっぱい息を吐き出すと楽になる。


こんな時くらい、大きなため息ついてもいいだろう。


体の中の空気もたまには入れ換えんといけん。

雲を吹き飛ばすように大きく息を吐いた。

変な外国人だね。



のこのことカメラをぶら下げて歩いてたから

家の直前で子供達につかまった。

IMG_4313.jpg

大きい子たちだったからすぐに解放してくれた。

それでも、気持ちがいくぶんか楽になっていたので

たわいのない会話ができた。



家について荷物を置いて

すぐ、水浴び。

この時間は冷たい水でも我慢できるくらいの室温。

ほてってる体にも頭にもちょうどいい。


さっぱりしたら、もう一度がんばる気になった。


今日は小さい子たちの訪問も笑顔で対応してあげよう。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。