上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
協力隊は発足当時は生きて帰れるかどうかという

本当に厳しいものだったと思う。

今は設備の整った訓練所で研修を受け

派遣後も健康管理や安全管理面でフォローもあり

決して特攻隊としていくものではない。


それでも2年間、心身ともに健康で

充実した活動をし

満足して帰国できる隊員の数はそれほど多くないと思う。




先日、アフリカのある国で治安悪化の理由から

海外協力隊の日本撤退という知らせを聞いた。

同期隊員もたくさんいた国。

まだ1年以上を残し、今やっと

何がしたいか見えてきた時。

一緒に活動してきた

活動先のスタッフやカウンターパートと別れ

苦楽を共にしてきた生活の地を離れ

たくさんの心残りを抱いて帰国した彼らの気持ちを思うと

ますます、1日1日の過ごし方を考えさせられた。


同期隊員のブログを読んで、アフリカで

デモ活動が活発化している国が多いと感じた。

テロ組織だろうと一般市民だろうと

暴力に訴えたらだめなんだと。

犠牲しか生まないんだと

やりきれない気持ちが募る一方。

そんな国にいる隊員達が巻き込まれませんように。

活動を最後までやりきることができるように。

そう願うことしかできない。


また、1年を待たずして

家庭の事情や心身の問題で

任期短縮帰国をする同期の話をいくつか聞いた。

一緒に訓練を乗り越え、それぞれの任国に散り

連絡はとってなかったが、

名前を聞いたら顔が浮かんでくる。

理由はどうであれ、悔しかっただろうと思う。

想像していたより数が多いことにショックを受けた。

それだけ厳しい環境なのだろう。



そんな中、続いて悲しい知らせが来た。

同期隊員が1人 志半ばで無言の帰国をする。

生活班も派遣国も訓練言語も全然違うけど

話したことはあんまりないけど

彼の志の高さは知っていた。

最初、なんのことか分からなかったが

何度も何度もメールを読み返して理解した。


生きて帰って2年後会おうねと

誓い合った仲間だったはずなのに。


まだ心の中が整理できない。

ご家族や同じ国に派遣されている同期は

どんな思いだろう。

彼自身の無念も計り知れない。


自分にできることは、彼のことを忘れないこと。

気をひきしめて1日1日を生きていくこと。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。