上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また新しい1週間が始まってしまった…



最近は、病棟で1番自分が忙しいんじゃないの??
ってくらいの忙しさです

あっちからこっちから

オゾダ、わたしを手伝ってくれる??
オゾダ、これやってくれる??


嬉しいですよ、正直。

何もすることがないよりは、嬉しいです。




でも、状況を見て言ってほしいですね。




この前は、朝 更衣室で着替えてる時に、

ドクターが呼んでるから、来て!早く!!

とサニタリカが呼びに来ました。


何事かと思って、着の身着のまま大慌てで行くと

患者さんがちょうどICUから移ってきたとこ。

オゾダ、探してたんだよ。
この患者の弾性包帯(血栓予防に足に巻く包帯)巻きなおしてよ。


と、ドクター。


・・・


いいけど・・・


それ急ぐ??


そして私じゃないとだめ??



ってことは、ままあります。




他に、毎日必ずやってることは

ガーゼ交換の介助と
ICUから転棟してくる患者を迎えに行くこと。

でも、どちらも回診後にいっせいにやるので
ダブルブッキングはしょっちゅう。



まあブッキングしてんのは私だけですが・・・



朝9時半から11時前までは
日本と変わらず立ち止まる暇もないくらい。



まあバタバタしてるのは私だけですが・・・・




気づけば、脇で座ってしゃべってる看護師達がいて…



おいっ!!

ってなりますよね



言葉がわかんないもんだから
慌てた様子で早口で何か頼まれると
集中して一生懸命聞こうとするんですよ。

緊急やったら困るし…
聞き逃したら困るし…

結構真剣に耳を傾けますよね。


でも緊急なことなんて全然ないし
それ、自分でやってよ…みたいなことのほうが多いです。
たいてい、この人の検温してって頼みが多いです。

しかも、座る時間あるんじゃん!みたいな…


ちょっとは配慮してほしいですよね。



そんなことが続いたので、

ICUから移ってきたばかりの患者さんは
自分で検温したほうがいいと思いますよ。

と言うと、

なんで?オゾダは正確に早く測ってくれるでしょ?
問題ないじゃない。

と返されました。


そーですけど・・・


初めて看る患者さんの状態とか気にならないのかな?

検温といえば、
熱と血圧と脈拍と呼吸の数
を、測るだけだと思ってるのかな?

痛みとか不安なこととか
術後の創のこととか
気にならないのかな?


いや、たぶんそうなんだろうなと
最近確信しました。



今日、
点滴が詰まって困ってるのを見て、
こうやったほうがいいよー
って教えると。

じゃあやって~
と。


子供か!


しかも、そのあと任せてどっかいっちゃったし・・・


気になんないんですね、きっと。



午前中がこんななので
昼休憩になると、どっと疲れが押し寄せます。

午後から病棟行きたくない病を発症します。


言葉がわかんない分 疲れるのも早い。
自分だけカラ回ってて 倍以上疲れる。


赴任当初から
何教えたらいいのかな
って毎日探ってたんです。

でも、みんな知識はもってるんですよ。

古いことも多いけど…

でも、知ってることを実践しないんですよね。

手洗いにしても
清潔なもの扱う時の消毒にしても
患者さんへのケアにしても…

必要だって知っててもしないんです。

その、『知っててもやらない』てところに、
ウズベキスタン派遣の医療系隊員はみんな悩んでます。

先輩達みーんな言ってたし
実際、自分もそこが一番の壁。


『どうしてできないのか』
って理由もきっとひとつじゃないし。

物がない、時間がない
だけじゃなくて…

だから理由を探るとともに

『知っててもやらない』

ってところにどうやったら介入できるか思考錯誤しています。



時々、重症者やケアの必要な患者さんがいたら
担当の看護師引っ張ってって説明するようにしてます。

こういうケアが必要だよ
って。

そして、看護師達がやろうがやらまいが
私はやる。

家族にも必要性を説明する。
なんなら家族と一緒にする。

なんとか伝わるようになってきたんです。

絵も書いて、身振り手振りで
知ってる限りの単語駆使して…ですが。

ゆっくり話す時間があれば、伝えられるようになってきたんです。

そして
言葉だけじゃなくて
私の気持ちも伝わるようになってきたんです。

スムーズにコミュニケーションかわせないのに。
家族や患者さんに
毎日来てほしい
あなたに傍にいてほしい

と言われることも多いです。

ウズベキスタンも日本も
患者さんがケアに対して抱く気持ちは
変わらないんだと気づきました。



看護師として、この言葉が一番嬉しいんです。




だからここの看護師に、その体験をしてもらいたい。


ありがとう
あなたにケアしてもらいたい


って言われることって

嫌じゃないでしょ?


マインドというか、
精神的なとこに響かせるには
言葉でどんなに言っても無駄。

自分自身で経験し、
これは相手にも良い事かな
自分も気持ちがいいな
これは相手を不愉快にさせるんだな…

って、自分で気づいて
考えて…
そうやって変わっていくものなのかなと思います。


心の底から

患者さんのために

なんて思えなくても、

なんかうれしい
って思ってもらいたい…

やってよかった
って思ってもらいたい…


そうすると

どうしたら患者さんにとっていい環境つくれるかな
いいケアできるかな

って思うようになる・・・はず・・・

そうなればいいなと思って
日々奮闘してます。


目下の目標は
看護師を逃がさずケアを見せること

奮闘ですよ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。