上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
んー書かまいと思ったんだけど、やっぱりこれも現実ってことで。

今感じてること、あとから思い返すと違うかもしれないし、どうでもよくなるかもしれないけど・・・
そのときの自分の気持ちも忘れたくないし。
一人で考えすぎて頭痛がする。吐き気もする。
それぐらいもやもやして
はきだしたい。



うん、
悔しかった



首都の病院見学に行ったこと。
看護師たちにたくさん伝えたいことがあった。
写真もビデオもたくさん撮ったし。
いつかこの病院に還元したいと思ってた。

その気持ちを看護部長さんが拾ってくれて
院内カンファレンスでレクチャーする機会をもらった。
話があったのは1週間前。
実際、準備できるかわかんなかったし、
語学不安だったし
自分は写真やビデオの編集とかできることして
先輩にしゃべってもらったたほうがいいかなとまで思ってた。

首都で見聞きしてきたこと。
100%理解できてたわけじゃないし、
100%理解できるように努力しなかった後ろめたさもあった。
伝えたいことを上手く言葉にする自身がなかった。

でも、先輩が
今回、言いたいことが言えるチャンスだよ
って言ってくれた。
首都の情報を提供するのもだけど、この機会に自分たちのこと知ってもらおうって。
そっか・・・
自分もみんなに伝えたいことある。
できる範囲でがんばろう
って思った。

準備し始めると、言いたいことがたくさんでてきた。
辞書で調べて、副看護部長さんに添削してもらって、
事前に準備すれば、言いたいこと言えるかもって希望がもてた。

先輩とは語学力に差がある。
もちろん看護経験も。
それから感じていることも伝えたいことも
全部同じわけじゃない。
でも、2人にもらった時間。
できあがりのイメージも違うから、そこを擦り合わせる必要もあった。
それぞれが作ってきたものをひとつにするために
何回も練習して修正した。

それで
なんとか形になった。

お互いが完全に納得したものじゃないかもしれない。
でも、伝えたいことは伝えられるんじゃないかと思った。
最初だから失敗するかもしれない。
でも、何か1つでも看護師たちに伝わればいいなと思った。



それで今日。

カンファレンスで使用するはずの部屋
朝確認すると
ダブルブッキング。

まあそれは想定内っちゃ想定内。
日がずれるくらいは大丈夫。

でも、1時に始まる予定。
それまでに部屋が空くかもしれないから確認待ちをする必要があった。

実際連絡あったのは10分前くらい。
今から空くって・・・
プロジェクター写るかとかビデオ音声流せるかとか確認できず。
心配性の自分は内心ドキドキだったけど
まあそれも想定外ではない。


行ってみると看護師たちがすでに集まっている。
緊張しながらセッティング。
何とかなりそうで安心した。
全看護師集められないので病棟毎。
今回、自分と先輩が所属してる病棟が来てた。
だからこそやる気もでるし緊張もする。
ホントにどきどきしながら待った。

そこで現れたのは医長。
まず休みや夜勤明けで参加している看護師が
白衣を着て参加する必要があると。
半分くらい退室し、身なりを整える。
それから医長が参加病棟毎に出席確認。
欠席してたら師長に理由を問い詰める。
遅刻してきたら前に立たせる。
とにかく怒鳴る。
看護師まとめる立場の副看護部長も怒られる。
これもこの国の特徴なのかな・・・と思って見てた。
怒られるのわかってんだから看護師たち準備してきたらいいのにとも思った。
1時間以上。
始まるまでに1時間以上!?
・・・ま、まあ途上国にはありがちだから想定外ではない。
でも、看護師仕事あるし、遅延するのどうなのかなって心配した。
どの病棟にも患者さんいるし。

そうこうしてたら、準備しろと言われ、
あれ?医長が先に講義するんじゃないんだって思って拍子抜け。
なんで看護師のカンファにいるんだ??って疑問が残る。

でもやるしかない


マジでいつまでたっても脚のふるえが止まらなくて
本当に緊張してて…
でも原稿見ながらだしなんとかしゃべれてた。
先輩と交替でしゃべってたから、
待ってる間、看護師の様子を見てた。
みんな身をのりだして聞いてる。
寝てる人も、雑談してる人もいない。
あれっ??すごい・・・
自分が思った以上の反響だ!
ホントに嬉しかった。
時々外科病棟の看護師さんや師長さんが目配せしてくれる。
大丈夫、
今、私たち受け入れてもらってるって確信した。
みんな見守ってくれてるって・・・

本当に言いたいことが印象に残るように、最後にもってきた。
原稿見ずにいいたいなと思って頭の中で反芻する。
そして今、一番メインのところを先輩がしゃべってる。
そのとき。

医長から
止めろ
と。

は??
ってなったよね。

何分かかるんだ?
もういい。
ボランティアたちはウズベク語をよくしゃべってる。
ボランティアは新しい情報を伝えるために来た。
派遣される仕組みも分かった。
でも自分たちは日本とかドイツとかロシアとかの新しい情報が必要。
だから首都のことはどうでもいい。
今回の内容はあまり必要ない。

みたいな??ことを看護師に言った。


看護師たちも講義が中途半端すぎて
え??
ってなりながら聞いてる。


もう頭の中ぐるぐるして。






以下愚痴です…
愚痴だけでは終わんないけど、ぐちゃぐちゃだし
不快な方は見ないでください
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。