上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜日から3日間、首都に出張に行ってました。
配属先は国立病院ですが、その支部本部の病院に見学に行ったのです。
同じ国とは思えないほどの設備にびっくりしましたが、やっぱりウズだなぁーというところもあり、広い意味で勉強になりました。

やっぱりウズだなー
保健省にチクられたら嫌だから写真とっちゃだめ とか
メフモン(お客)やし、一番ええとこみせたろ  とか
メフモンくるから、準備しとけよ        とか・・・

でも、首都病院配属の帰国直前の先輩と情報交換できたのが一番よかったです。


首都は気軽に上がれる距離じゃないので、諸々用事もすませます。
一発目に生活費を引き出すために銀行へ。
しかし銀行にドルがないから引き出せないと言われてしまいました。
自分ひとりだったら途方にくれてましたが、一緒に行ったYさんが
『私達ウルゲンチから来て、帰らないといけないの!お金なかったらどーやって生活すればいいの!?』
と交渉してくれました。
結局いくらほしいか聞かれて、2日後、帰る前に寄ることに。
なんだかんだありましたが、無事生活費を手に入れることができましたよ
よく考えたら、自分たちのお金じゃん…引き出せないってどーいうことだ
ちょっと強気にでないとだめだそうです。
勉強になりますね。

それから、一番の楽しみはウズ料理以外のレストランに行くこと!
初日、昼にパスタ食べてー
夜にトルコ料理食べてー
翌日夜は医療隊員であつまって中華料理食べてー
幸せでした
ウルゲンチでは食べれないものばかり。
なんだかんだ言って、飢えてます。

首都滞在中はあったかい部屋に寝れてぇー
お湯が出るシャワー浴びれるしぃー
布団柔らかいしぃー
なんだかんだ言って、飢えてます

きれいですよ、都会は。
IMG_1762.jpg
ボランティアで来たんだから、ずっといたら飽きるかもしれん。刺激がないかもしれん。
たまに行くのがいいんかな。




でもウルゲンチに帰って、暖房ついてるかなぁと思ったら、見事にうらぎられ…

夢のような時間はホントに終わりました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。