上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
んー書かまいと思ったんだけど、やっぱりこれも現実ってことで。

今感じてること、あとから思い返すと違うかもしれないし、どうでもよくなるかもしれないけど・・・
そのときの自分の気持ちも忘れたくないし。
一人で考えすぎて頭痛がする。吐き気もする。
それぐらいもやもやして
はきだしたい。



うん、
悔しかった



首都の病院見学に行ったこと。
看護師たちにたくさん伝えたいことがあった。
写真もビデオもたくさん撮ったし。
いつかこの病院に還元したいと思ってた。

その気持ちを看護部長さんが拾ってくれて
院内カンファレンスでレクチャーする機会をもらった。
話があったのは1週間前。
実際、準備できるかわかんなかったし、
語学不安だったし
自分は写真やビデオの編集とかできることして
先輩にしゃべってもらったたほうがいいかなとまで思ってた。

首都で見聞きしてきたこと。
100%理解できてたわけじゃないし、
100%理解できるように努力しなかった後ろめたさもあった。
伝えたいことを上手く言葉にする自身がなかった。

でも、先輩が
今回、言いたいことが言えるチャンスだよ
って言ってくれた。
首都の情報を提供するのもだけど、この機会に自分たちのこと知ってもらおうって。
そっか・・・
自分もみんなに伝えたいことある。
できる範囲でがんばろう
って思った。

準備し始めると、言いたいことがたくさんでてきた。
辞書で調べて、副看護部長さんに添削してもらって、
事前に準備すれば、言いたいこと言えるかもって希望がもてた。

先輩とは語学力に差がある。
もちろん看護経験も。
それから感じていることも伝えたいことも
全部同じわけじゃない。
でも、2人にもらった時間。
できあがりのイメージも違うから、そこを擦り合わせる必要もあった。
それぞれが作ってきたものをひとつにするために
何回も練習して修正した。

それで
なんとか形になった。

お互いが完全に納得したものじゃないかもしれない。
でも、伝えたいことは伝えられるんじゃないかと思った。
最初だから失敗するかもしれない。
でも、何か1つでも看護師たちに伝わればいいなと思った。



それで今日。

カンファレンスで使用するはずの部屋
朝確認すると
ダブルブッキング。

まあそれは想定内っちゃ想定内。
日がずれるくらいは大丈夫。

でも、1時に始まる予定。
それまでに部屋が空くかもしれないから確認待ちをする必要があった。

実際連絡あったのは10分前くらい。
今から空くって・・・
プロジェクター写るかとかビデオ音声流せるかとか確認できず。
心配性の自分は内心ドキドキだったけど
まあそれも想定外ではない。


行ってみると看護師たちがすでに集まっている。
緊張しながらセッティング。
何とかなりそうで安心した。
全看護師集められないので病棟毎。
今回、自分と先輩が所属してる病棟が来てた。
だからこそやる気もでるし緊張もする。
ホントにどきどきしながら待った。

そこで現れたのは医長。
まず休みや夜勤明けで参加している看護師が
白衣を着て参加する必要があると。
半分くらい退室し、身なりを整える。
それから医長が参加病棟毎に出席確認。
欠席してたら師長に理由を問い詰める。
遅刻してきたら前に立たせる。
とにかく怒鳴る。
看護師まとめる立場の副看護部長も怒られる。
これもこの国の特徴なのかな・・・と思って見てた。
怒られるのわかってんだから看護師たち準備してきたらいいのにとも思った。
1時間以上。
始まるまでに1時間以上!?
・・・ま、まあ途上国にはありがちだから想定外ではない。
でも、看護師仕事あるし、遅延するのどうなのかなって心配した。
どの病棟にも患者さんいるし。

そうこうしてたら、準備しろと言われ、
あれ?医長が先に講義するんじゃないんだって思って拍子抜け。
なんで看護師のカンファにいるんだ??って疑問が残る。

でもやるしかない


マジでいつまでたっても脚のふるえが止まらなくて
本当に緊張してて…
でも原稿見ながらだしなんとかしゃべれてた。
先輩と交替でしゃべってたから、
待ってる間、看護師の様子を見てた。
みんな身をのりだして聞いてる。
寝てる人も、雑談してる人もいない。
あれっ??すごい・・・
自分が思った以上の反響だ!
ホントに嬉しかった。
時々外科病棟の看護師さんや師長さんが目配せしてくれる。
大丈夫、
今、私たち受け入れてもらってるって確信した。
みんな見守ってくれてるって・・・

本当に言いたいことが印象に残るように、最後にもってきた。
原稿見ずにいいたいなと思って頭の中で反芻する。
そして今、一番メインのところを先輩がしゃべってる。
そのとき。

医長から
止めろ
と。

は??
ってなったよね。

何分かかるんだ?
もういい。
ボランティアたちはウズベク語をよくしゃべってる。
ボランティアは新しい情報を伝えるために来た。
派遣される仕組みも分かった。
でも自分たちは日本とかドイツとかロシアとかの新しい情報が必要。
だから首都のことはどうでもいい。
今回の内容はあまり必要ない。

みたいな??ことを看護師に言った。


看護師たちも講義が中途半端すぎて
え??
ってなりながら聞いてる。


もう頭の中ぐるぐるして。






以下愚痴です…
愚痴だけでは終わんないけど、ぐちゃぐちゃだし
不快な方は見ないでください
... 続きを読む
愚痴を全国発信してしまいましたけど(笑)
なんかかなりすっきりしたというか
開き直ったというか。

興奮してたしなかなか寝れなかったけど
いろいろ考えてたら、なんか
つっかえが一個取れた気がしました。
それが何かはわかんないけど。
あきらめとかじゃなくって
もっと前向きな感じ。
でもやるしかないよね
みたいな・・・


実は、カンファレンスは全看護師に同じ内容でやるため、
3回実施されます。
だから今日もありました。
(明日もあります・・・)
もちろん昨日来ていない病棟。
だから、やっぱやるしかないってのもあり。

ひじょーにふっきれた状態でカンファレンス室に行きました。

今日は看護部長さんも出席。
医長は看護師の出席をとったら退出。
看護部長さんが上手く看護師をまとめてくれ、
最後まで話すことができました!

それだけで満足です


スライドのトラブルもあったけど
1人じゃなかったからテンパらなかったし。

まだ序盤だったんだけど
ボランティアで来た経緯とか
自己紹介的なものを話し終わったあと、
めちゃでかい拍手いただいたし。

一番最後に、まとめとして言いたいことを書いたノートを
手元に置いてなくて・・・
完全にアドリブでしゃべってしまったけど
でもその場の雰囲気で、
やっぱそれが一番言いたかったことだった。
だから(ちゃんと言えたか分かんないけど)伝わったと思うし。


プラスアルファでほっとしました


あとは、やっぱ聞いてるほうもあきちゃうのが見え見えだから、
いかに聴衆の集中力をきらさずに最後までもっていくか
ってのが課題かなぁと。


あと、看護部長さんから昨日のことについて、
看護師達のカンファレンスに対する参加態度
(欠席・遅刻が多かったり白衣を着てなかったり…)
に医長は怒った。
講義の内容が悪かったわけじゃない。

と説明がありました。

看護師たちも一発でピシッと集まってくれたら
カンファレンスもあんなことにはならなかったもしれん…
と思ったその気持ちは、昨日の時点でとっくに消えてました。
だから
月1回のカンファレンスに参加する意味はなんなのか
という最大の疑問だけが残ってます。
聞いた話では
重症患者の部屋を看るために欠席した看護師が反省文を書かされるとか。
患者のために残るっていう意志は間違ってないはずだと思います。
でもそれが尊重されない。

服装もできればきちんとしてたほうがいい。
遅刻も欠席もしないほうがいい。
でも、休みや夜勤明けだったり、
仕事が残ってたりっていう理由もあるはず。
そんな頭ごなしに怒るようなことじゃないと思ってました。

それより、講義や会議の内容をきちんと理解してほしいし、
それに対して自分の意見や考えを持ってほしいし、
できればその後に活かしてほしい。
みんなで意見交換をしてほしい。
せっかく全員集まるんだから
そういう意味のある時間にできないのか。


でもそれも含めて課題だと思います。
今回のこと、やっぱ勉強になりました。



今日は病棟にでる日じゃなかったけど
帰りにちょっと顔だしました。
ホントはこの人達に最後まで言いたかったんだよなぁ
と思いながら。
4ヶ月働いてますけど
ちょっとしたことで、やっぱ余所者だよなって感じることがあります。
時々、孤独感をもってしまいます。
だから仲間としてみてもらいたいって気持ちが強いです。
教えるだけじゃなく、マンパワーにもなりたい。
みんなが何を考えてるのか知りたい。
もっとたくさん話したい。
もしもっとよくしたいと思ってるなら
一緒に考えたい。
一緒にがんばりたい。
ホントはその気持ちを伝えたかったんです。

今日、他の病棟の看護師に話をした手ごたえと

昨日のことも含めて、自分の
いろんなものに対する不信感と疑問によって生じた
看護師に対する連帯意識と

昨日のことを心配してか
いつも以上にねぎらいの言葉をかけてくれた
外科病棟のみんなの笑顔

それがあったから
なぜかすごくほっとする空間でした。

今の自分の気持ちをあらわすなら

冷静と情熱の

読んだことのない本のタイトルが浮かびました。
内容知りません。
すみません。


でも

冷静と情熱の

それは

『ほっ…』

ではないかと

ふと思ったのです。
2010.12.18 COSMONAUT
カンファレンス3日間無事終了

ふっきれと連日の不眠で帰宅後から爆睡

夜1回電話があったけど、

それから朝の9時まで爆睡。

おかげで顔のむくみがとれません



1~3週間に1回くらい

思い出したように電話をしてくるウズ人の男性がいます。

ブハラに行った時、タクシーで一緒だったウズ人。

妻子持ちですが、年が同じということで?電話番号交換。

最初のころは電話では全く聞き取れなかった彼の言葉。

昨日は寝ぼけてたわりに、おおかた話が通じました。

覚えてる? と聞かれ、

オイベックでしょ?分かるよ というと、

マラディエッツ!!

今度、家族に会わせたいからナボイにおいで と。

うん、春に行くね。今寒いから・・・

毎回この話で終わります(笑)

オイベックは先月までヌクスというところに単身で仕事に行ってたんですが、

血圧が高くなって病院通いをしないといけなくなって

毎日のように電話をかけてきたことがあります。

どうしたらいい?って。

医者じゃないし、ウズの薬もヌクスの病院のこともわからんし・・・

なによりウズ語でなんて言っていいかわからんくて。

家族と離れてる寂しさと不安が強いっぽかったので

話だけ聞いててあげました。

昨日はナボイの家からの電話。

声も穏やかで、周りに友達もいるからか楽しそうな声。

ぶっちゃけ顔覚えてないんだけど

なんか元気になった患者さんと話した時のような嬉しさがありました。

人懐っこくて

仲良くなったら親切で

自分勝手だけど天真爛漫で

それはウズ人のいいとこだよなぁ。

少しだけウズ人と話するの楽しいって思った瞬間。



全ては疲れがちょっととれたからですね。



今日は来週首都でのミーティングの報告準備をして、

久々の読書。

夜はウルゲンチ同期隊員で食事。

飲むぞー!

とは言えないけど、そんな気分。

ビール飲めるようになりたいな。


あ、そうそう

このブログの管理画面に
BUMP OF CHICKEN新アルバム『COSMONAUT』リリースってPRがでてんです。
なんてこったい・・・
買えないじゃん。
非常に悲しい
待ちに待った??
と言っても前回から1ヶ月たってませんが、JICAの行事で首都タシケントへ。
医療系隊員はミーティングと保健省への挨拶があるので前日入り。

気温はぐんぐん下がっており、服装が困ったデスよ
しかし しかーし
テンションはぐんぐん上がる(笑)
毎回毎回タシケントに行くときは、早朝からハイテンションになってます

飛行機の時間の都合で、昼食もままならず、ほっと一息する間もなく 
ミーティングの準備へ。
テーマは活動報告とリハビリについて。
今回はスライドも作ったし、ちゃんと発表できたかと思います。
ミーティングの途中で保健省に挨拶に行きました。
ウズ語で作った活動報告書を持って。
自分は初の顔合わせなので、自己紹介と意気込みを話しましたが
案の定めっちゃ緊張

今回2人の看護師隊員が帰国されます。
1月からは医療隊員は8人に増えるそうです。
あっという間に自分も先輩になってしまったってことで。。。

今回で4回目のミーティングですが、充実した意見交換ができたので
隊員も増えることだし、もっと充実させていきたいなと思いました。


13時から初めて17時過ぎに終了。
そのまま、元SV隊員のコネ?でコンサートに行くことに
ウズベキスタンのドンチャカした音楽に辟易していましたが、
アンサンブルで静かなクラッシックに癒されました

しばらくウズにいることを忘れかけましたが…
コンサート会場のあまりの寒さに思い出しましたよね。

ヤッパリ ココ ウズベキスタンデスヨネー
サムイデスケドー


その後、先輩と同期の3人でアイリッシュパブへ
こんなおしゃれな店、ウルゲンチにはないです。
さすが都会!!
帰国される先輩隊員が1人合流し、
酒豪3人が飲む飲む(笑)

いつもビールが飲めなくて、水で我慢している私ですが
今回9800スムのカクテルを1杯だけ飲まさせていただきました。
どれくらいの値段かというと。。。
400円弱(日本とあんま変わりません)
でもこちらでは昼食4回分以上です。
食費1週間分以上を1日で費やしました(笑)

しかも、あまりに楽しすぎて気づけば夜中の12時すぎ。
時間を忘れるってこういうこと!?


でも豪遊はまだまだ序盤
今回のメインの行事です。

2000年に初のボランティアがウズベキスタンに派遣され、今年で10年目。
旧ソ連から独立し、先進国の一部だったのに発展途上国となったウズベキスタン。

10年前、自分は高校生だった。
決して長くはない歴史。

でも10年後にウズベキスタンにいるなんて思ってなかったな(笑)

決して多くないウズベキスタン派遣のボランティア。

今はJOCVよりシニアのほうが多いかも。
この瞬間にボランティアとしてここにいることは奇跡に近い。
いろんなことに感謝です。

それぞれのボランティアの配属先の
上司やカウンターパートを招待して
盛大なパーティー
IMG_1971.jpg

首都に来ることはほとんどない地方の人には、
ただでさえすばらしい機会だったのではないかと思います。

私の配属先からは看護部長と副看護部長が来られました。
(写真真ん中の2人)
副看護部長はまだ若く、飛行機もタシケントもほとんど経験がないと。
ウキウキしてました。
飛行機が大きかったと興奮してました。
それを見るだけで嬉しくなりましたね。

初めはスピーチが続きました。
JOCVを代表して、帰国される先輩のウズ語スピーチ
感動しました。

ボランティアは準ゲストであり準ホスト。

今日の朝、マー隊員に言われた
『ウルゲンチ隊で大きな古時計歌おうな』

宣言どおり
マー隊員のサンシンに合わせて5人で。
ぶっつけ本番で(笑)

次はもっと早く言ってね

他、ウズベキスタン伝統のドゥタール演奏や
空手演舞など
まともな出し物もあり。
スライド上映もあり。
招待客もボランティア自身も楽しみました。
ご飯もおいしかったし!!!!
JICAスタッフの方に感謝です!


終了後、地方隊員は遅ればせながらインフルエンザの予防接種。
流行してなくてよかったよねー…

その後、内輪で韓国料理へ。
ウルゲンチのエセ韓国レストランとは比べ物にならない
おいしかったぁぁぁ。

そして予防接種をしているのにも関わらず…
あいにくビールしかないのにも関わらず…
帰国する先輩に
今回は飲みます
と宣言してしまっていたので、
ちょっとがんばりました
でも楽しかったぁぁぁ。
PC230158.jpg


ま、
この夜は激しい胃痛に苦しみましたよね。
慣れない暴飲暴食
反省
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。