上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.01 教師の日
ウズベキスタンは10月1日が祝日です。タイトルにもあるとおり『教師の日』です。
先生は尊敬に値するため、日本で言う『敬老の日』ばりの扱いです。
というわけで3連休!!
朝寝坊しようと目覚ましをかけずに寝たのに、いつもと同じ時間に覚醒してしまい・・・
洗濯・掃除をすませて2箇所のバザールに買出しに行きました。
そして帰宅しても、まだ朝10時半1日ながい!

今日明日と、首都や他の地方に赴任している同期隊員と先輩隊員が、ここウルゲンチに集合します。
連休ということで、みなさん観光目的で。
といっても観光地は近郊の町で、ここには何もないですけどね(笑)
今日は同期に『なんかご飯つくってー』と言われたので、ちらし寿司とおかずを作ることに。
明日はみんなでご飯を食べに行く予定です。ウルゲンチ唯一のウズベク料理じゃないレストランに
楽しみだなー


今日の一枚
IMG_0525.jpg
バザールのお菓子売り場の少年。
白いのは生クリームです。
後ろには飴やチョコやクッキーなどが山積み
バザールにある体育館くらいのドームの中いっぱいに、こんなお菓子やさんがひしめき合っていて、入り口を入ると甘い香りが漂っています。
ちなみに全部量り売り。
どの店も同じもの売ってるんだけど、ちょっと憧れたこともあるお菓子の家に迷い込んだような気分になるので、
買う予定がなくても、足を運んでしまう一角です(笑)
スポンサーサイト
今日はジョー君とK君と3人でウルゲンチの隣の町ヒヴァへ行きました。
タクシーで40~50分。相場1人2000スム(120円)。
4人乗りの軽乗用車白タクで出発
IMG_1082.jpg
助手席におかーさんと赤ちゃん
IMG_1087.jpg
後部座席に、私とジョー君とK君ともうひとり子供。
ウズベキスタンの車は子供は人数にはいらない(にしても一人多いような・・・)

ここ最近の寒さはどこへ・・・日差しも気温もチョー暑い!1年で300日以上晴れるヒヴァです、ここは。

今回もミナレットといわれるタワーに上りました。
IMG_1183.jpg
2塔とも。

一番栄えてる西門側
nisi.jpg 

東門側
higasi.jpg 

北門側
kita.jpg 

南門側。前回は、今見えてるミナレットに登りました。
minami.jpg



IMG_1142.jpg
階段は狭くて暗い。
IMG_1141.jpg
頭打ったりして・・・
IMG_1131.jpg
あまりの過酷さに、クリアーしたらさけびたくなるよね。 

 砂漠といったらラクダでしょ
IMG_1147.jpg 
IMG_1146.jpg
ウルゲンチ・ヒヴァはホレズム州にある町。
四方を砂漠に囲まれているが、アムダリヤ川の肥沃なデルタ地帯であり、4000~5000年前から人間が住み始め、農業を始めた。
17世紀になって、ヒヴァに首都が移され、政治・宗教・経済の中心となった。その後、イスラームの聖地となり、町は外敵の侵入を防ぐために外壁と内壁の二重の城壁で守られた。今回訪れたイチャンカラはその内城である。
20のモスク、20のメドレセ、6基のミナレットなど多くの遺跡が残されていて、1969年に『博物館都市』に指定、1990年に世界遺産に登録された。

西門は正門であり観光地である。
IMG_1153.jpg 
お土産屋さんやホテルもあり、にぎわっている。
ここから入るとなぜか5000スムとられるので、住民のフリして他の門から入る。


その反対側。
かつては大きな奴隷市場もあったとか。東門には牢獄の名残が。
IMG_1187.jpg
チンギスハーンは恐怖統治で有名。
 処刑や拷問も民衆の面前で行ったり、方法も残虐だったりしたらしい。

そんな別名『奴隷の門』と呼ばれる東門の外は 、今でも少し暗かった。
IMG_1190.jpg 

中央アジアで最も有名なモスクのひとつ ジュマ・モスク(ジュマは金曜という意味)
多柱式建築で、柱は約3mの間隔で213本あるそう。
IMG_1128.jpg 
しかも、その柱一本一本は模様がちがう。

その技術は今も伝えられているんだと思った。
これは机の脚だけど、全部手作り。
IMG_1175.jpg IMG_1179.jpg

さて北門。
IMG_1165.jpg 
中心からするとかなり静かで
IMG_1166.jpg 
そこには普通の生活もある。

朝も晩も外国人の観光客で賑わっていて・・・
写真を撮られて・・・

とてもきれいな町だけど、決して静かではない。

それでも、ここが観光地であるからこそ収入があるんだろうな。
IMG_1097.jpg 
手づくりのアクセサリーや絵葉書を買ってくれとつきまとう子供にうんざりしながら・・・

それでも、ただ金をくれというジプシーよりはマシかなと考えていた。
ヒヴァにはジプシーは少ない。

ただお金をあげるだけでは援助にならないと言われるし、そう思っている。

でも帰りのタクシーで、『それでも金だよな』と思った。

もしここが観光地じゃなかったら、何から収入を得るんだろう。

前に来た時は完全に観光気分だった。

遺跡というだけで神秘的な感じがしたし、砂漠というだけでわくわくした。

今は少し違う。

もちろん自分は外国人としてここにいる。

生活も保障されている。

でも、住んでいる人の生活を見るようになった。

きれいだな、かわいいなと思いながら何も買わなかったことを、ちょっと後悔した。

生活を見せてもらって、ずかずかと入り込んで・・・

そっちのほうがうんざりだよね。


カタカナ用語が苦手で世界史が大不得意だったし、ウズベキスタンについて何も知らずに来た。

でも、もうちょっとこの国の歴史や社会について勉強したいなって思った1日だった。

IMG_1160.jpg 
それにしても、メロンとスイカ多すぎだよね。北門にて。
今回はホレズム王国の遺跡のひとつ アヤズ・カラを目指すことに。
距離は50~60km。
hoshinotoriは得意の話術でタクシーの運転手を仲間にした。(1人25000スム)

しかし運転手は道を知らなかった・・・10のダメージ。

しかも燃料不足。
だが奇跡的にガソリンが沸いていたので10000スムで手に入れた。HP10ずつアップ。
IMG_1219.jpg IMG_1222.jpg


何もない・・・
IMG_1214.jpg
こんなところでガス欠になったらどうするんだ、とhoshinotoriは心の中で運転手をののしった。


運転手の友達の手を借りて、1時間後到着。

目指すはここ~
IMG_1231.jpg 

自称戦士Kは、自称スライム『ジョー』を仲間にした。
IMG_1245.jpg 

待ってるから行って来い、というので運転手は置いていくことにした。
IMG_1242.jpg



ということで今回のパーティーは3人。

【ジョー】職業:スライム(俺スライムがいい、って言ったので)
装備:運動靴、ハーフパンツ、リュック
攻撃力:100(距離感が分からず、どこまでも歩いていけると信じていた)
防御力:70(炭酸の抜けた炭酸水を持ってきていた)
【K】職業:戦士(ぐらいにしとこうかなー、って言ったので)
装備:運動靴、長ズボン、リュック
攻撃力:70(コンタクトで目が痛くて目が開けられなかった)
防御力:50(水を持ってきていなかった・・・)
【hoshinotori】職業:魔法使い(いつも仕事で高い帽子かぶってるから)
装備:運動靴、長ズボン、ヒップバック。
攻撃力:50(前日一睡もしてなかったがテンションだけ高かった)
防御力:50(水を持ってきていなかった・・・)
IMG_1330.jpg
全員キャ〇ンの一眼レフを装備した。

Kは嬉しすぎて、はしゃいでしまい、5のダメージ
IMG_1237.jpg 

モンスターが!
IMG_1238.jpg
でてこなかった…

砂に埋もれながら建物らしきものに近づいた。
IMG_1248.jpg

周りを確認すると、入り口は閉ざされていたため、壁を登ってみることにした。
IMG_1251.jpg

荒れ果てた城跡だった。誰もいない・・・
IMG_1256.jpg
一行は四方の城壁を調べてみることにした。

つづく・・・
ジョーを先頭に、城壁を歩いて調査した。
IMG_1260.jpg

思ったより過酷だった。
風が強くて目が開けられない・・・
Kは少しだけヤル気をなくした
IMG_1279.jpg


ジョーはカメラのレンズの蓋を落とした・・・5のダメージ
IMG_1282.jpg

Kはここでミラクルハットを装備した・・・防御力20アップ
IMG_1285.jpg
これで目に砂がはいらないね

hoshinotoriは睡眠不足だったため一歩歩くたびに0.5ポイントずつHPを消費した。

謎の文字を発見!
IMG_1293.jpg
重要なキーワードが隠されているようだったが、知識が足りなかったため読めなかった・・・

絶対何か出てきそうな穴を見つけたため戦闘体勢にはいった
IMG_1269.jpg
何もでてこなかったが・・・
ジョーは勇気を手に入れた


IMG_1280.jpg
道は過酷・・・だが
テンションが上がったので、hoshinotoriは
『ヒサビサニワクワクスルー』と『タノシー』を何度も唱えた

IMG_1320.jpg
みんなのHPが20ずつアップして『サイコウ二タノシイ』気分になった。

何かいた。
IMG_1332.jpg

1時間経過。
IMG_1312.jpg
でもまだ半分・・・空が気持ち悪いくらいに青かった。

ジョーは次はここにテントを張ることに決めた
IMG_1321.jpg
Kとhoshinotoriは落ちたら大変だと思ったので、遠慮することにした。

残り8分の1を残して城壁は途切れてしまった。
IMG_1329.jpg

しかたなく、外を歩いていると近代的な建物を発見。
IMG_1333.jpg
ジョーは『勇気』を使って、中をのぞいてみることにした。
IMG_1334.jpg
・・・が、死体がでてきそうなほど荒れすぎていたのでそっとしておいた…
IMG_1335.jpg

ここでセーブ
IMG_1338.jpg
アヤズ・カラの旅を記録した。
経験値がそれぞれ2ずつアップした!!
次は攻撃力と防御力をアップしていかなければならない・・・
そう、水!砂漠でやっぱり水は必要だった。

次の目的地はここだ!
IMG_1314.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。