上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日ウズベキスタン独立記念日のため、仕事は休みです。
首都では厳戒態勢がとられているみたいですが、ここウルゲンチはメインのイベントがおとつい終了したからか、おだやかなもんです。

IMG_0964.jpg
空港に続く大きな道。横断幕やカラフルな旗がたてられてました。
メインイベント会場付近は道路が封鎖されたりしてました。
おとついは、夜に式典が行われたり、花火があがったりしていました。
当然女一人で夜に出歩くのも危険だし、仕事が休みじゃなかったので(病院だから)花火も見ずに寝てしまいましたが・・・


一般市民はどうしているかというと、家でお茶を飲んだりお菓子を食べたりして祝うそうです。

そして私も、今日は朝からDVDを見たり、昼寝したり・・・
買出しも昨日までにすませていたので、一歩も外に出ず(笑)
だらだら過ごしてしまいました。
なんせ、昼はまたやばいくらい暑かったし

今は17時半です。太陽の向きが変わって、家の中に直射日光が当たらなくなりました。
そろそろ活動開始します(笑)
スポンサーサイト
先日行われたコンクルスの予選第2弾がありました。
今回は病院ではなく、市内中央にある劇場なるところで実施されました。

病院に行かなくていいっていうのが最高に嬉しかったですねー。
開始時間は8時半か9時という噂でしたが、先輩と9時半に待ち合わせました。

が、案の定、まだ開館していなかった・・・

中に入ると、審査員や音響・照明?など準備が進められていて、なんの大会かと思うような雰囲気。
結局、開始したのは10時45分。
さすがウズベキスタン。

まず、うちの病院の院長の挨拶。
それから参加者の紹介
IMG_0984.jpg
この時点で11時。

それから何が始まったかというと・・・
それぞれ参加者の自己紹介だったんです。

私は何年に生まれて、何年に学校に入って…お父さんの名前はこれこれ、お母さんの名前はこれこれ…
IMG_0998.jpg
な、、、なんて詳細な自己紹介
オペラでも見ているかのような表現力

子供も使う
IMG_0992.jpg

ダンスも空手もでてくる
IMG_1003.jpg

DVDで生い立ちから仕事の様子を紹介する人も。
結婚式よりすげーです

これが終わったのが11時半すぎ。

やっと本番か!?
と思いきや
IMG_1031.jpgIMG_1032.jpg
3点、4点、4点、5点、5点、5点・・・

自己紹介の採点です
びっくらこいた。


それからやっとこさ、看護師のコンクルスらしきものが始まりました。

一人ずつお題を取りに行って、マイクの前で質問を読み上げ、即答していくのです。
IMG_1040.jpg

症例から治療とか看護とか、その他いろいろを問うもの。
規則や法律などを問うもの。
2パターンありました。

1回目、12人が一人ずつでてきて、答えて引っ込んで・・・が終わると審査採点。
それが2回繰り返されたのです。
間には、歌だの子供のダンスだの余興もあり。
IMG_1059.jpg
踊るのが好きなウズベク人。だから観客も踊ります。

最後の審査は、いわゆる自己アピール。
ほとんどがきれいな衣装を着て踊りを披露していました。
(不覚にもカメラのバッテリーがなくなって撮れなかった
スピーチするのもあり。漫才っぽいのをしてる人もいました。

3~4人、同じ歌でかぶってたけど、一人ひとりが主役なので、決して一緒には踊らせない。
回答やスピーチでつまったら、観客から舌打ちがでる。
途中で台詞を忘れたら、諦めて引っ込んでいく。

いちいち衝撃

でも、ダンスにしても衣装にしても、みんなこっちに力いれてるんじゃないかと思うくらい(笑)
学校が始まってるはずなのに、子供がたくさん来てたし(家族や親戚?)

また写真撮影を頼まれたのもあるけど、
この席のほうがビデオによく映るから…と、おせっかいなドクターに言われるがまま、審査員席の真後ろに座ってしまい、全く気の抜けない4時間でした

でも、ウズベク人の家族を大事にするところとか、リズム感のよさとか、ホントすごいなーと思いました。
それから、すごく一生懸命で緊張してるから、応援したくなっちゃう感じ。
無料でいろんな余興を見させてもらって、まあ楽しかったです。


これだけ力を入れたコンクルス。上位者は全国大会へ。


優勝者の商品はなんと


IMG_1062.jpg
絨毯!?

やっぱりウズベキスタン。
期待をうらぎらない
2010.09.07 活動の方向性
赴任してから1ヶ月たちました。
赴任当時は、ボランティア派遣要請の当本人、看護部長さんと、所属部署の師長さんが長期休暇中で、病棟で私の立場を理解してもらうのに苦労しました。お二方が出勤してこられても、休暇明けのため忙しそうで、ゆっくり話すことができてませんでした。

でも、今日やっと看護部長さんとお話する機会がもてたんです
一度約束していたものの、すっぽかされたので(笑)いや、お忙しいのでね。

朝更衣室で着替えてると、看護部長さんが今から話をしましょうと言っていると、先輩隊員さんから連絡がありました。
しかーし、心の準備が全くできてない。ついでにまだ語学力に自信がないため、報告書や簡単な活動計画を準備していたのに、今日は持ってきてなかった…
でもせっかくのチャンスだし、単語帳片手に管理棟まで走りましたー

まず、部長さん自身が計画していることをお話しいただき、自分たちができることについて拙い語学力で伝えました。
でも、まあまあ理解していただき、マラディエッツ(ロシア語ですばらしい)のお言葉を何度もいただきました。

その後、病院の中でもいい看護師長さんがいる病棟があるということで、今まで行った事のない部署を見学。その流れで全部の病棟を見てまわりました。
部長さん自身がチェックするためでもあったんですが、私たちにとっても、ボランティアとして教えにきてるんだということを病院全体に理解してもらえるいい機会になりました。
物的環境、教育システムなどがきちんと整えられている病棟の師長さんはほめちぎり、うまくできていないところでは、平の看護師にも直接指導する。忙しいなかでも、院内の看護師のことを正確に把握し、冷静に評価しようとする部長さんはすごいと思います
私と先輩を引き連れた看護部長さんの来棟で、各病棟ともみんな落ち着きがなくなっていましたが(笑)
部長さんの人柄は好きですねー

看護過程の知識が低く、看護計画に関連した記録が不十分なため、そこを一番改善したいとのこと。
私自身も気づいていたけど、これは難しそうだから後回しだなーなんて考えてたとこでした。
が、まず基本看護計画を導入すること、それに関連して病態や看護についてのセミナーを開催していく、という感じになりました。
先輩隊員さんとは所属部署が違いますが、ひとつの病院に2人のボランティアが入るのは初の試み。それを十分活かせるように協力してやっていきたいなと思っています。
あとはそれぞれの部署で異なる課題もあるので、2年間、計画的に勉強会を開いていきたいです。

院内の巡回もあったので午前中いっぱいかかりました。
お昼休みをいつもより多くとって、今後の活動内容について先輩と打ち合わせしました。
でも、やっぱこういう時間は必要ですね。
ちょっと方向性が見えたことでやる気が復活しました。

語学力でまだまだ追いつけない部分はありますが、お荷物にならないようにがんばりたいです


9月から学校が始まり様子を見ていましたが、夜遊んでいる子供の数が減りました!
それに伴って、平日の来襲はほぼなくなったー
ということで、夜また勉強する時間が増えました。活動の方向性が見えたことで俄然やる気もアップ
今日はラマダン明けの祭りのため祝日とのことで仕事は休みでした。

さてさて、病院で働き始めて1ヶ月たったということで、そろそろいろいろ紹介していこうと思います。
まずはスタッフ編ということで

配属は外科病棟
IMG_0536.jpg
XIRURGIYA(хирургия)というのが外科という意味です。
これ覚えてスラスラいえるようになるまで時間かかりました・・・

ドクター達。全部で10人以上います。一番偉い人はこの中にはいなくて、なぜかICUのトップの先生がいる(笑)
IMG_0535.jpg
カメラ持ってたら、みんな撮って撮ってと言ってきます。そしておすましする・・・
そんなおちゃめなドクター達です
処置とか見てると
『日本ではどうだ、これでいいか』と聞いてきます。いや、うち医者じゃないんで・・・といっても毎回
廊下ですれ違うたびに、何度でも
『サローム(やあ)、元気か?調子はどうだ?仕事はどうだ?楽しんでるか?うんたらかんたら~
『今度メフモンに来い(お客としてうちにおいで)。ウズベク語教えるから日本語教えてくれ』
などなど・・・みんな話しかけてくれます。
赴任した当日から興味を持って近づいてきてくれたのはドクターです。
ホントいろいろ教えてくれるし、気遣ってくれます。優しい人ばかりです。
こっちはドクターとナースの上下関係がびっちりあって、基本コンサルトとかはできない感じ。一方的な指示を受けるだけです。
でも、うちのことは割りと認めてくれるようになって、最近はいろいろこっちの言うことも聞いてくれます。
手洗いとか基本的なことだけでも、医師にやってもらえるように言っていきたいなーって思ってます。



IMG_0954.jpg
この人たちはサニタリカ。いわゆる看護助手さんです。汚物処理、掃除、食事の準備から看護師の手伝いまで、雑用もします。全部で9人いて、1日2人ずつ24時間勤務です。
写真は面会者のチェックをしているとこ。(普段は看護師に担当がいます)
やってくれてることは様々ですが、やっぱりこの人達にも指導していかなければいけないって感じです。
とはいっても、言葉もままならない私は、サニタリカ達にアゴでつかわれることもしばしば(笑)
たまにムカッてきますけど、たいてい素直に聞いちゃってます今は言葉の習得と信頼関係構築が大切。言葉だけは教えてもらってる身ですしねー。
9人しかいないから最近キャラクターもつかめてきました。とにかくみんな元気で豪快

IMG_0551.jpg
この人は食事担当の人。帽子に白い帯がついているのが目印。栄養士っていうほどではないと思います。教育課程とか違うのか詳細は未確認です。
といっても、患者さんの食事はほとんど家族が持ってきます。だからお茶や白湯を病室に配って回ったり、食器を管理したり、昼食をとるドクターやナースにいろいろしてくれたり・・・
たまに暇な時、果物だしてくれたりします。
1人しかいないので、月~土は日中働いて、日曜は休み。休み中はサニタリカが替わをします。
写真撮らせてって言ったら、エプロンつけてポーズとってくれました

IMG_0955.jpg
それから看護師たちです。20人いるとのことですが、まだ全員に会ってません。
具体的な勤務状況についてはまたの機会に・・・
ドクターほど毎日いろいろ聞いてはきませんけど、やっぱり日本人ってことで質問ぜめに合うことはあります。
でも、看護師もみんな優しい。とにかく仲がいいなーって思います。
経験年数は2年目から16年目くらいで、結婚したら辞める人が多いので、いわゆる中堅クラスっていうのが少ない気がします。(しかもこちらは10代後半から20代前半が結婚適齢)
いろいろはぶいちゃったり、テキトーだったりすることはあるけど、思っていたよりちゃんと仕事してるなーっていう印象があります。思っていたよりですけど・・・勤務時間を守るとか、記録を書くとかね。


看護師も医師もサニタリカも白衣の色は、緑・白・ブルーのどれでもOKですが、帽子を必ず被らないといけません。で、看護師は色が白か緑。サニタリカは青と決まってます(サニタリカはスカーフみたいな人もいる)
医師の中に青い帽子を被ってる人がたまにいます。
私がそれを着るとこうなる(笑)全くしっくりこない…
IMG_0953.jpg
帽子が大きくて落ちてきちゃうんですよねー。無駄に長いし。
ICU配属の隊員Yさん(しっくりきてる)と放射線技師さんです。
Yさんは看護経験でいっても先輩です。でも初めて会った気がしなかったというか。
たった1ヶ月しかたってないけど、すでに以心伝心しちゃってるっていう・・・きっと会うべくして会った人なのかなと思ってます。私がウズベク人と話がかみあってなくても、疲れてきて話を全く聞いてなくても、いつも温かく見守ってくれてます(笑)でもYさんと話してると笑いが絶えないので、一緒にご飯食べるのとかいつも楽しみです。

こんないい人達に囲まれて、毎日楽しくやってます。
でも病院のスタッフにはつっこみどころはたくさんあるし、いつまでも、言葉がまだ・・・とか言い訳してられない。
もう『研修生か?』とか聞かれないように、しっかりしなきゃなぁ。
今日は動物好きにはたまらん、癒し動物編

です。たぶん。
IMG_0240.jpg
日本にいるような柄のもいます。だからこいつは鳩じゃないかもしれません。
でもウズ人は鳩って言います。

です。
IMG_05242.jpg
バザール付近でよく誰かを待っています。
本人はだりーなーとか思ってるだけかもしれんけど…


ロバです。
P9050293.jpg
ロバかわいー。でも歩きながら糞します。
家の近くでもたまに歩いてます。

おじいちゃんロバ
P9050296.jpg
見た目だけ。
っていうか若かったらごめん。

子供にびびりすぎて水路に落ちた
IMG_0497.jpg
いや、気持ちは分かるよ。
でもそれは・・・情けなさすぎやしないか!?

アパートでたまに待ってる
IMG_0971.jpg
ニャーって、もうかわいーなー
IMG_0974.jpg
猫になりたいなぁ。。。なんてたまに思う

P9050285.jpg
あぁー・・・やっぱり、そうでもないかな
結構しんどいんだよっていわれそ。真ん中の子、ちょー悪そうな顔(笑)

君も苦労してんだね。。。
P9050284.jpg


うさぎ
P6140032.jpg
うそです。
わしか!わわわわしは、うううううずべきすたんとやらには、ぜぇっっったい行かんからな

と言われたので日本でお留守番していただいてる、うちのじいやです。
ウズベキスタンではまだウサギにお会いしてません。
これでも9歳のおじいちゃんです。
2年後帰るまでお元気でいてください。

のりすけ(じいや)に会いたいよー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。