上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.07 ラマザン?
ウルゲンチでの生活も3日目。
近所に子供達がたくさんいて、さすがに外国人は自分だけなので、興味深々でからんできます。
子供達とのからみについてはまた後日詳しく…

今日は昼ずっとバザールに行ってたんですが、それ以外の時間はずっと子供の相手をしてました。
というのは・・・
なぜか子供がたくさん家に来て、寝てようがトイレに入ってようが、ご飯を食べてようが、おかまいなしにノックを連発。
鍵穴から中をのぞかれるのでしかたなく応対。
すると、玄関先で歌を歌い始めます。
あっけにとられて最後まで聞き終わると、なにやら私の行動を待っている様子。
何かあげないといけないのか?
でも『どういう意味?私は外国人だから知らない、ごめん。』というとあきらめて帰っていく。

隣の家の子に聞くと「ラマザンという祭だ」という。
ラマザン??なんだそれ。習わなかったけど…
『どういう祭り?』と聞くと、「コーヒーやお金をもらうんだ」と。
お金??コーヒー??
ハロウィン的な
『私は何をしなければいけないの?』と聞くと、「お金をあげるんだ」と。
いやいや…どれくらいあげりゃーいいかわからんし、そんな金ないし
わらわら子供は来るし…
しかたないので
 私は日本人だからわかりません。しかも無料で仕事をしています。ボランティアだから。だからお金ないよーん
と言って、次々帰ってもらいました。
祭の趣旨もよく知らんし、対応方法もわからないし。こういう突拍子もないことでどぎまぎしてしまいますね。
異国の文化って怖い
一生懸命歌ってる子供はかわいいんですけど・・・

ラマダンといえば、イスラム圏ではお馴染み「断食月間」のことです。そろそろ始まります。
身近にまだ敬虔なムスリムがいないので、目の当たりにしていませんが…
ラマダンより先にラマザンに当たってしまうとは…っていうか、ホント何?この祭
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。