上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.01 8月
気づけば8月1日。早いもんです・・・

首都にあるJICA事務所のボランティアルームには、先輩達が残していった日本の本がたくさんあります。文庫本もハードカバーも。
貸し出し簿に書きさえすれば、冊数も期間も制限なく借りれます。
ということで、特にホームステイ中は一人の世界に入りたい時もあったので、毎日1冊読んでました(笑)
こんな日本語にばっかり触れていていいのか・・・という気持ちもあったんですが、自分を甘やかしてました。
だって、ウルゲンチに行ったら、専門書以外本なんて読まないし、きっと

まあ、日本語だろうが英語だろうがウズベク語だろうが、会話の練習の時、人と話す練習?の時、親交を深める時に、必ずと言っていいほど聞かれる「趣味はなんですか?」という、一番簡単な質問。

これにですねー、たいして胸はって、これですといえるような趣味も特技もないもんで困るんですよね
だから読書です、と答えることが多いです。たまに気が向いたら、音楽を聴くことです、とも言ってみる。
嘘じゃないし。でもつっこまれたらマジで困る。めっちゃ好きな作家がいるわけじゃないし、なんでも読んでみるだけだから。特に心に残ることがなければ内容もすぐ忘れてしまうほどの流し読み。音楽にいたっては、偏りがありすぎて・・・

ここウズベキスタンでの語学研修最終試験でも、口頭試問で趣味はなんですか、と聞かれてしまった!
間髪いれず、音楽や歌を聴くことと本を読むことです(もちろんウズ語)で答えたのは言うまでもない(笑)
でもその後がまずかった。一番最近読んだ本はなんですか?と。
がびーん・・・内容は説明できないよそんなに真剣に読んでないもん。
だから○○さんという名前の人が書いた本です、と答えて納得してもらいました。目力で、それ以上つっこまないでアピールもしましたが

まあ、試験のことはどうでもいいんですが・・・
といって、日記にも特に意味はないんです。
ここに来てかなりの数の本を読んでるなぁと思ったので。

そんな風に適当に本を読み漁って、数をかせいでいるだけなんですけど、たまぁにのめりこんじゃう内容の本もあるんですよね。そんな本を一気に読みきった後に、ふと現実に返るわけです。

ホームステイ先であり、ホテルであり…
そういう時にまず初めに、自分がどこにいるか分からなくなるんですよ。
でも、すぐウズベキスタンにいるんだったって気づきます。
それから、なんでウズベキスタンに来たんだっけって思うんです。
そこから延々と、自分がなんでこの道に進んだのか、ここで何がしたいのか、2年後どうなっていたいのか、日本に帰ってからどうするのか・・・・・・・・・・
なんてことを繰り返し繰り返し考えるんです。
あんな夢のようなことだったのに、65日間の訓練も終えてしまって、実際に発展途上国といわれるところに来てしまってて、しかもさらに田舎に行って、ウズベク語で仕事するんだ
ってことが、本当に現実であることが不思議なんですよ。

不安とか期待とか希望とか、そんな単語で表現できない気持ちですね。
ウズベキスタンに来て2ヶ月以上たつのに、まだ非現実的なんです。
日本語にどっぷりつかって読書してる時の集中力、それが切れた瞬間に、異国にいる自分を客観的に見てしまってこういう気持ちによくなります。
ここでの生活が『日常』になっていくのが、自分にとってはいつなのか、楽しみですね。


語学の勉強をしないといけないと思いながらも、今日も本を2冊借りてきました。
ロビーでネットをして部屋に戻ったら、絶対読んでしまいますね(笑)

今日も結婚式があるみたいです。
ウズベキスタン8月1日、ただいま夜6時45分。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。