上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私たちの隊次から、語学訓練の一環で「任地調査」というものをすることになりました。
ざっくりいうと、自分の任地に行くまでのチケットや宿泊場所などを自分で確保し、実際に行ってみて生活圏の状況を調査するというもの。こちらで活動するにあたり、任国内の移動の際に提出する書類の作成練習も兼ねています。

この金・土と2日間。首都で活動する隊員は行動範囲が狭くて、面白みはないかもしれません。
地方派遣隊員は、そんないきなりチケットやホテルを確保できるわけもなく・・・先輩隊員にかなりお世話になってこの日を迎えました。
ホレズム州ウルゲンチ市への派遣は4名。最初だし、みんなで一緒に行動することにしました。
ウルゲンチまでは飛行機で2時間。首都タシケントから700kMくらい西です。朝・夕1便ずつしかないので、朝7時発のチケットをとりました。ということで、朝5時に家を出て、タクシーで空港にむかいました1人で乗るのは初めてなので、かなり緊張・・・タクシーについてはまた今度。

他の隊員もそれぞれホームステイ先からの出発です。
空港内も特にトラブルなく、無事離陸。あっちゅうまにウルゲンチに到着しました。

降り立った時、あまりにも閑散とした風景に笑いがでました。それでも、やっとここに来たという感動もあり、嬉しさがこみ上げます。

来たぞウルゲンチ!朝の9時。陽射しが強い
IMG_0123_convert_20100719160734.jpg

空港は写真が撮れません。が、かなりしょぼい(笑)
ここではタクシーにぼったくられるので少し歩いて拾うことに。


そして一番大きいバザールの調査に。
IMG_0129_convert_20100719161548.jpg

タシケントのバザールよりも、均整がとれていて、綺麗な印象を受けました。
そしてなにより、きっと外国人がほとんどいないだろうから、よりいっそうみんなの視線を感じました。
でも、みんなとっても親切。警察官でさえ、とても感じよく道を教えてくれ、タシケントもいい人が多いですが、それ以上にのんびり感が漂っていて、心地よかったです
IMG_0128_convert_20100719162123.jpg

昼食後、2人の隊員は市内から離れたところに職場とホームステイ先があるので、分かれて行動することに。

もう1人のKURA君が市内の一番近いところに勤務先があるというので、一緒に見に行きました。
ただ、この任地調査、勤務先の訪問は禁止。外をぶらっと眺めて写真だけ撮りました。
自分の勤務する病院は少し遠いし分からないので行きませんでした。
それからもう2人の隊員と合流するまで2時間ほど、別々に時間をつぶすことに。

そこで私は何をしたかというと・・・
散髪です(笑)

かなり冒険しました
バザールの中に何軒かあるので、適当に入って、
「髪だけ切りたい。暑いから、少し短くしたい」といって・・・
暇そーなお姉さんが二人がかりでやってくれました。しかも、一切希望は伝えていません。
ばっさばっさ切られたので、かなりドキドキしましたが、最終的には、学生のころこんな髪型だったなっていう感じ。
前髪の時だけ、目の少し上までにしてくださいって言いました。
こちらではロングかショートカットしか見ません。そして、ショートカットはほとんどおばちゃん世代のロシア系の人ばかり。前髪はほとんどないのを見てきているので(笑)
最後髪を流す時、シャワーなんてありません。洗面台の前に立って前かがみになって、ペットボトルの水をじゃばじゃばかけられます。シャンプーはかろうじてしてもらいましたが・・・
自分の姿を想像してかなり笑けました

すっきりさっぱりしましたが、なかなか他の隊員と合流できないので、いったんホテルに帰って仮眠。実は前日一睡もできなかったので、かなり至福の時でした

夜は、ウルゲンチに半年前に赴任している先輩看護師隊員に会って、みんなで夕食を食べました。今は先輩1人でさびしいと思いますが、来月から4人増えますので、よろしくおねがいします。ウルゲンチを盛り上げましょう~

いやいや・・・楽しい時間でした。
そして、ホテルで、クーラーと布団のある部屋でしずかな夜を過ごすことができ、久々にゆっくり寝ることができました



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。