上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、昨日の出来事。ホームステイ2日目。
朝は7時におきました。土曜日だというのに早起き・・・というのは、一睡もできなかったから(笑)

朝ごはんをいただき(パンのみ)、1日どうすごそうか考えていたところ、お客さんが来ました。
お母さんの生徒さんだそうで・・・今からリビングルームでロシア語を勉強するとのこと。
個人塾みたいですね。
それではもちろん居心地悪いし、散歩にでてきまーすとカメラを持ってでかけたわけであります。

いやー一眼レフ買ったはいいけど、なかなか撮るチャンスもなかったし(軍や政府関係の施設をとってしまったらつかまっちゃうから、怖くて一眼レフは控えてました)、ルンルンで出かけました
このあたりでミリツィア(警察)もほとんどみないし。

オチとしましては、メモリーカードが入ってなくて、写真撮っても保存されず、全く無意味だったってことでしょうか
ざんねん・・・

そして、午前中とはいえ、暑い中心部と違って、店があるわけでもなし、綺麗な公園があるわけでもなし・・・同じようなアパートが並んでるだけで、日本人なんていないからみんなにジロジロ見られるし・・・
とにかく時間を潰そうとアパート群の中にある小さな公園の木陰で単語帳を読んだりしてました(笑)
でも日が当たらなければ、影はとっても涼しいのです

そんなこんなしてると、お母さんがスズメを拾ったと言ってみせてくれました。飛べなくなってたから猫に食べられたらいけないので保護したそうです。
ここにきて初めて見たスズメ。日本とおんなじでした。かわいい~。

その後、私はアクバルとバス停の位置を確認しに行ったりしてたので、スズメのことなんて忘れてました・・・

夜、またお母さんに誘われて外に涼みに行きました。室温は30度以上になるので外のほうが幾分か涼しいのです。
近所のおばちゃんたちもみんな出てて、ベンチに座ってみんなでボーっと2時間も3時間も過ごします。

そして21時22時くらいに帰って行くのが日常。
昨日もお母さんが帰りたくなった時間に一緒に帰りました。たぶん21時くらい。

帰ると、お母さん『чумчук каерда бол? チュムチュクカエルダボル』すずめは何処に行ったの、と。

え~え~デジャブでしたよ!
あの駒ヶ根で、語学訓練が始まって、一番最初に覚えた単語がチュムチュク(すずめ)でした

最初にならった文法は、『~がある』とか、『どこにある』とか・・・

ディス イズ ア ペン! くらい、日常で使うことはないと思っていた
『外に何がいる?』『すずめがいる』『すずめはどこにいる?』のくだりを、まさにここウズベキスタンで聞くことになろうとは・・・

とかなんとか回想にふけってる場合ではなく
なんと保護したすずめを部屋のなかで離していたとのこと
飛べないはずのチュムチュクを踏んではいけないし、家族総出で探します(笑)みんなで家具の下を覗き込み…
『чумчук каерда бол? すずめはどこ?』
『йЎҚми? いないの?』
『болми? いる?』
と、ウズベク語初級の本に書いてありそうな会話を繰り広げたのでした

結局、やっぱり飛べるようになって外に出たんだろうとあきらめたんですが、翌朝になって、ダイニングで寝ていたアクバルが、見つけたそうで(何処にいたんだ?)
IMG_0085_convert_20100711135639.jpg

元気でしたかわい~
チュムチュクでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。