上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.06 訓練30日目
今日は所外活動といって、駒ヶ根市の施設や農家に隊員が行って、作業をさせていただくという日でした。
一応希望が聞いてもらえますが、きのこや花などの栽培農家や老健施設・保育園・幼稚園などに振り分けられ、私は午前中は保育園、午後から児童館というスケジュールでした。
ねらいとして、
普段と違う環境でどのように振る舞い、人々と関わり合い、役に立てるかを実践する。
活動先を2日間訪問し、それぞれのニーズにあった協力活動をする。

とされています。

最初はみんな遠足みたいな感じでした。
P5060218_convert_20100506184348.jpg
遠いところはバスで送迎してもらいます。
P5060219_convert_20100506184550.jpg


一緒に行ったのは、小学校教諭(新卒)の男性・女性隊員と私の3人で、各クラスに分けられましたが、
「お兄さんは年長さんお願いします。じゃあ、お姉さんのほう(私)も年長さんで」と。もう一人の彼女は年中へ。
後で、なんとなく意味が分かりました。年長はきつい!!!体力ありそうな基準かいな・・・

登園の間は、すでに来ている子と一緒に遊び、とにかく様子を観察することに集中しました。
登園時刻が過ぎると、近くにいた女の子たちに教えてもらいながら、音楽に合わせて体操をしました。
最初の印象は、なんとなく乱暴な子と、集団行動がまだ苦手な子が多いなということ。全員合わせて100人の保育園だったので大きいほうですけどね。
で、クラス毎に整列したときに、自己紹介をさせていただきました。学年が上の子は、実習生などには慣れてるっぽかったです。
そのあと、先生が一言「年長さんはマラソンに行きマース」
「え”ぇぇぇぇ」(心の叫び)
暑いし連休明けでテンションのあがらない子たちを励ましつつ、自分も励ましつつ走りましたさ

その後、年中組と年長組が一緒に公園まで散歩にということ。歩いて30分かかるところまで行き、遊具で遊び、また30分かけて帰るというハードスケジュール。
さらに、お昼を食べて昼寝の準備ができたら、任国について園児に話してほしいとのこと。
「ひぇぇぇぇ」(2回目にすると思って、準備できてない)
いや、あらゆる事件に対応することも求められるのか!?本日常にがむしゃらです・・・

午後からは、近くの児童館へ。
いつも小学生は下校後に集まってきますが、今日はまだ連休中で、朝からハイテンションの子供たち。
そこへ、いかにもな人間がのこのこやって来たとなると…挨拶もそこそこにむちゃくちゃにされました
小学生あなどるなかれ・・・
若い隊員と一緒でよかった本気で年を感じましたわ。
P5060221_convert_20100506184638.jpg
でも、小学生なのでこけたりなんだりで怪我もするもの。その時お役にたててなによりです。

8時半から17時まで、そのほとんどが子供と遊んでいたので、かなりの疲労度です。そして来週2回目は、保育園は親子遠足、児童館では任国紹介をするので、今からびびってます
でも、3人とも自主的に動けたし、マンパワーには貢献したと思います。得るものは大きかった。そして、インパクトも強かった。「協力隊のお兄さん、お姉さん」が、子供たちにいいイメージとして残っていることを願います。
2010.05.07 訓練31日目
今日は朝からあいにくの雨。湿り気と昨日の疲れで、体はだるだるでした

教室も窓を閉めると暑いし、開けると寒いし、上手く温度調節ができなくて、授業も集中力がよくきれてしまいました。
今はちょっとスランプ気味です。文法ががんがん入ってきてるから混乱してるのと、疲労が蓄積してきたから。
でも、訓練もあと半分。今のペースでできることをやっとこうと思います。明日も小テストがあるし。

今日は講座はなく、午後5限目がおわってから自習でした。
他の言語クラスでは、試験結果が悪かったりした人が、スタッフに面談のために呼び出されてたらしいです。
マイナー言語で、ある意味よかったのか…比較しようがないから、いい悪いの基準がよくわからんし、試験結果だけで言えば、問題がそんなに難しくなかったってのもあるし。
でも、やっぱり会話力は不十分だし、発音も甘々なので、自分なりにカツを入れてがんばろうと思います。

2010.05.08 訓練32日目
結論から言うと、今日はイベント盛りだくさんで、とても楽しい一日でした

語学の授業は午前中のみでしたが、リーディング・ライティング・リスニングの小テストが3時間かかりましたホントはこんなにかかっちゃだめなんでしょうが、先生は「イイよ、テストも復習だと思ってやって」と温かい言葉。というわけで、新しいことはやってません。ただ、がっつり難しかったです

午後からは、任国事情について国別講座がありました。ウズベキスタン事務所で調整員をされてた方が、より生活に密着した情報を提供してくださいました。
・ウルゲンチ(私の派遣地域)は停電・断水が頻発する。冬でも。
・冬はマイナス30~40度、夏は40~50度と気温差が大きい。寝袋要。
・ご飯はおいしいが、女性はあまり外食できる環境ではない。でも女性は太りやすい。
・果物、野菜がおいしくて安い。
・インターネットはアフリカより普及していない。
・地震と交通事故に注意してください。
・スム(通貨)安が進んでいるので、二つ折りの財布に入らないくらいの札束を持ち歩かんといけん。
とかとか。
というわけで(?)調整員の方が不要になったシェラフを、地方派遣唯一のオナゴである私にくださいました。
イエイ

その後、職種別座談会といって、看護師・助産師・栄養士など医療職種が集まってOGのお話を聞く時間もありました。
でも、中南米・アフリカと派遣地域が違うのと、地域型の活動をされた方たちだったので、直接参考にはならないと思います。でも、活動中困ったことや対処方法を話していただいたり、写真もみせていただいたので、勉強にはなりました。やはり帰国後の進路が決まらないとのことで、気持ちの変化に合わせながらも、先のことを見据えておかないとなと思いました。


夕方からは、ウズベキスタン派遣メンバーと、語学の先生方を誘って中間試験打ち上げ会をしましたみんながビールを飲みたいとのことで、駒ヶ根のビール工房というところに行きました。おいしいビールがピッチャーで飲み放題です。が、私はソフトドリンクで
ウズベク語・キルギス語・ロシア語の先生とロシア語の先生のだんなさんが来てくださって大盛り上がりです。
P5080223_convert_20100508222826.jpg
各言語と英語がとびかう不思議な空間でした。先生もべろべろに酔っ払ってました。
久々にビール飲んだけど、楽しくて飲みすぎちゃったとのこと。
P5080242_convert_20100508222434.jpg
実は私、ウズベキスタンの国代表をしてます。今のとこ、国別講座の準備とかだけしか仕事ないので、今回幹事させていただきました。みんなが楽しんでくれてうれしいです私はお酒飲めないので、客観的に観察するのが好きなんですけど、めっちゃ楽しかった~
やっぱり土曜の夜は息抜き必要ですね。
2010.05.09 訓練33日目
授業前は早く教室に行って、掃除してお茶とか作って、自習をしてますが、ほぼ先生と話してることが多いです。
普段はたわいもないことなんですが、最近、結構深刻な悩みを打ち明けられました。
訓練所にいる時間はとても明るくて面白い先生ですが、不眠の症状がでてるみたいで心配です。
「こういうことはアマリ他人に話さないですね。でも、あなたは妹みたいです。だから話しちゃいます。でも、気持ちが楽になりました」と。キタ~妹ウズベク人は家族を大事にするから、妹って相当いいポジションなんかな
少しでも気の休まる存在であれるなら嬉しいです。話をすることで楽になれるなら、いくらでも聞きます。
他のクラスメートが入ってきたらいつもの先生に戻りました。だから、余計心配になりました。

それから昨日の飲み会の時、キルギス語の先生の「大きな心残り」の話も聞きました。「飲み会なのにごめんね」
と言われながら…お酒が入っていたにしろ、話すのも苦痛であろうことを話してくださってありがとうございます。
私だったらあまり信頼できていない人には話さないと思うから、クラスも違うのに、話せる存在であれたことは素直に嬉しいです。。
そういうのが立て続けだったもんで・・・
もちろん看護師だからというのもありますが、人間的に安心感や信頼を与える存在であり続けたいと思いました。

と、いうことを考えていて、昨日はよく眠れなかったです

今日は快晴!休日ですが、22年度1次隊の大運動会でした
体育系隊員と教員系隊員が企画してくれ、26~28人/チームで6チームできたので、結構人数が集まりました。ランダムに決まったチームだったので、今日初めて話した人も多かったです。
でも、めっちゃ楽しかった~
最後に人生はじめてフォークダンスもやりました全体的に男子隊員が少ないのですが、3セット(10分近く)踊り続けました(笑)駒ヶ根マジックはあったかな!?
駒ヶ根マジックとは、訓練所にいる間にできたカップルのこと。派遣後2年間離れ離れになっちゃうので、マジックといわれてるみたいです。

今日は暑くて、熱射病が心配でした。途中から自主的に理学療法士・看護師で救護所設置したりしました。実際、捻挫・肉離れなどけが人がでたので、最初からちゃんと考えておけばよかったなと反省。
大きな事故もなく終わって安心しました。たいして何もできないのに、自分はおせっかいだなって思います。
でも、ただ心配なんですよ。
他の看護師隊員が、勘がにぶってきてるから専門分野も勉強しないとね~って言ってました。たしかに!
ほんとこの数日で、ふつふつと感じてます。
看護師隊員は、年齢層がどうしても高くなっているのと(経験年数が問われるため)、何かあったときになんとかしなきゃって行動を起こす特徴があるそうです。だから、しっかりして見えるとか。「看護師隊員がいてよかったね」という一言がお世辞で終わらないよう、もっと知識も技術も磨かないとと思いました。
P5090256_convert_20100509155045.jpg
シニア隊員のみ参加の「よみがえれ青春」障害物競走もありました。
P5090267_convert_20100509155351.jpg
応援が途中から「落ち着いて!落ち着いて!」とかになってて、それも面白かったです。後半、防具被って卓球ラケットでピンポンしながらゴールだったので、かなりあせってました(笑)

とにかく参加者全員が楽しめました。企画してくれた隊員に本当に感謝です

あー日焼けしたかな・・・

2010.05.10 訓練34日目
また新しい1週間がはじまりました。
今日はターゲットランゲージデイといって、訓練言語だけしか話してはいけないという日。
といっても、最初なので、授業もかなり日本語混じりました
来週は2日、最後の週は1週間ターゲットランゲージウィークとなります。
その時に自分がどう努力するかで成長具合が変わるので、今まで以上にウズベク語で考える癖をつけます。
まあ、ウズベク語は5人しかやってないので、たいてい挨拶だけして終わっちゃいますけど…
言葉が通じない人には日本語OKなので、挨拶のしかたとか聞きながらしゃべってます。
こういう日は、メジャー言語の人は練習になるからうらやましいなーと思います。
でも、結局は自分の努力次第だから、マイナーなりにがんばります。

今日は、語学で身体や医学で使用する単語を習いました。やっとキタ!って感じで、久々楽しかったです。モチベーションが下がりきる前に、自分のやるべきことを思い出させてもらったというか…
でも、ほんと専門的になるとまったく資料がないので、これからどうしていこうかなーって感じです

それから、派遣されたらロシア語も勉強したいねーなんて言ってたんですが、したいとかじゃなくて、しなくちゃいけないっぽいです。地方といっても、病院ではロシア語も普通に話されるという情報をこの前聞きました。
ロシア語は変化が多くて、女性・男性によって単語が変わるので、生半可な勉強じゃ無理です。今、ロシア語やってる仲間を見てると・・・
だから、ウズベク語を早く習得して、ロシア語の勉強もできるように準備しないとなーと心を入れ替えたところです。
そして、同じウズベク語でも、うちが行くのは田舎なので方言が強いらしく(日本でいうと津軽弁くらい)向こう行って分かるんかな、とそれも心配です。マイナー言語ばっかり何ヶ国語もしゃべれても意味ないし(笑)

とにかく毎日言語のことばっかり考えてて疲れました
なので今日は寝ます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。