上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.01 二次試験合格
3週間後、JICA二次試験 最終選考結果が発表されました。
深夜明けでホームページを見たけどアップされてなくて…仮眠後、おそるおそるホームページ開きました

でてるわ・・・

どきどきしながらページを開けました。
まずは選考状況から。
受験者1445人中合格者861人
うち看護師約120名中 一次試験90名合格 
            二次試験30名合格 20名登録
(要請は33件)

うわー・・・きびしいわ。登録になる確率高いかな、、、
登録になっても連絡くることは少ないらしいし、来ても次の職場決まってたりで、だめなこと多いって聞いたし。
もう一回受験する気力は今はないな・・・なんて思って


おそるおそる、合格者一覧を見る。

今回ばっかりは動悸がする。ちょっと前の番号で一息つく。


あ・・・あった。

すいこまれるように自分の番号に目がいきました

合格です
120名中30名の枠にはいってしまいました

一番最初に思ったのは、本気で2年間、開発途上国にいくんだな。
結婚遠のくなぁ って(笑)


そんなこんなで、後日書類が届いてやっと確信。
看護師としてウズベキスタンの救命センターに行くことになりました。
第一希望だったのですごく嬉しかったです
スポンサーサイト
2010.04.02 合格の報告
夏休みを使って、親友や恩師、先輩に報告をしてまわりました。

ただし職場の人にはごく一部。
そん時の日記抜粋です(笑)

大事な大事な先輩と飲みにいって、退職とJICAについて報告しました。
先輩は「よかったなぁ」と喜んでくれました。先輩より先に退職するって言うのは辛かったけど・・・
アドバイスとか頑張ってとかじゃなく、おめでとうという言葉をかけてくれる先輩で。その言葉が一番嬉しいです。
看護師になって初めて指導してもらったプリセプター。仕事だけじゃなくて、プライベートでもたくさんお世話になりました。
心配もかけたし、迷惑もかけたけど、それでも笑顔で送り出してくれるんだなって、、、ホント先輩には頭があがりません。
一生わすれません。大好きです
いっぱいいっぱい話したいことあったけど、目標ができたんだということは伝えたくて・・・
一緒に働いた4年間、先輩から得たたくさんのこと。それがなければ、JICAはなかったと思うから
しんどすぎて嫌になった時期もあったけど、今は、この病院で得たものがたくさんあるって自信もって言えます。
あれだけ辞めたかったけど、やっぱりちょっとさみしくなりました。
私自身にもプリセプティーがいるから、、、先輩は、その子にたくさんのこと伝えて辞めなよとも言ってくれました。私に先輩がいるように、私も誰かの先輩であることを思い出しました。
あと4ヶ月。得るだけじゃなくて・・・何か残していきたいな。
肩を落として、曇った顔で辞めたくないから。記憶に残るなら、キラキラ輝いた先輩でいたいから。



夕方先輩から電話があり、飲みにいくことになりました。
JICAを決断するきっかけをくれた先輩。早く報告したかった
何か察したんか、先輩はビール1杯飲んで、なんか話あるん?って言いました・・・
唐突すぎてとまどいました。やっぱすごいわ、先輩は。
ここは照れもごまかしもなく真剣に「JICA合格しました」しか言えませんでした。
それだけで、やっぱり先輩は「よかったなぁ。えらいなぁ」と言ってくれました。
心配とか不安とか口に出さずに、前に押し出してくれる。いつもそんな先輩の、ちょっとした言葉に救われます。
それから一番気がかりだった、のりすけ。先輩が2年間預かってくれるって言ってくれました。マジで泣きそうなくらい嬉しかった
うさぎ好きつながりで仲良くなった先輩。それから職場での輪を広げてくれたのも先輩。
妹のようにかわいがってくれて、笑って送り出してくれます。
お世話になりっぱなし。これからもお世話になりっぱなし。
でも、ありがたい。
これで本当に報告したい人達には報告できました。
今日がはじまり。退職の先の人生のはじまり。世話になっても迷惑はかけないようにがんばろう

先輩との合言葉。
成せば成る 成さねば成らぬ。  やればできる。


日記を読み返しても、やっぱり、たくさんの人に支えられてるんだなと実感します。
そんな先輩方に、長野に行く前にもう一度会えますそして、来週からついに訓練が始まります。
2010.04.04 派遣訓練準備
ウズベク語
合格が決まってから、語学の資料もゲットし、ぼちぼちと始めました。

私が学習するのはウズベク語。ローマ字とは若干違うため、
文字や発音を覚えるだけで精一杯だけど・・・
先輩隊員のブログを見ると、事前学習はしっかりやっといたほうがいいとのこと。
でもやっぱ仕事しながらは難しいですね。

結局不安なまま4月を迎えてしまいました

荷造りにも悩まされ・・・近々、どんな荷物を準備したかもアップする予定です。

訓練入所日が近づいてきて、どきどきです
2010.04.06 前夜祭
周囲への挨拶、準備も不十分なまま、入所前夜になってしまいました。
当日受付までに到着できないため、長野に前泊しました。

いくつかのコミュニティで紹介されていた、訓練所近くのユースホステルは、安いし、到着・出発時の送迎もあることで、とても良心的です。
なにより、宿泊している海外協力隊訓練候補生で、前夜祭が開催されるとのこと。事前に仲間ができたらなぁという思いもあり、1ヶ月前から予約してしまいました
駒ヶ根YH

宿泊者は地元の名産を持ち寄るとのこと。でも、道中のりすけ()を預けたり、なにかと荷物が多くなったので、おやつだけにしました。みなさん、地酒やワインなど重そうなものをもってこられてました。
ほかにも饅頭や団子、肉まんなど、バラエティ豊富数が足りなかったりお腹がいっぱいで、全部食べて見れなかったのが残念です。
総勢30名集まりましたが、名前こそ全員覚えられなかったものの、職種やニックネームなどで顔は認知でき、すごく仲良くなれてうれしかったです
不安なことはもちろんあったけど、職種も年齢も違う人たちと、情報交換できて、すごく有意義でした。
そして、これからの訓練も一緒にがんばれそうです
DSC04399_convert_20100408173950.jpg
2010.04.07 訓練所入所
いよいよ訓練所入所日です。
あいにくの雨。。。
昨日は二次会は出ずに0時まで語学の復習をして寝ました。
だから朝は早起きをして身支度をし、優雅に朝食
散歩に行きたかったけど、天気も悪いし残念
集合写真を撮って出発です

昨日の前夜祭の片付けも、今日の荷物の積み込みも、全員が自然に役割分担しててきぱき動いてたので、やっぱ協力隊に行く集団っていいなぁと、心地よかったです

道中、駒ヶ根市の観光もあり、ほんとユースホステルに泊まってよかったと思います。おすすめです

訓練所が見えると、やっぱり緊張しました。いよいよなんだなぁと。
夢見てた海外協力隊、それから楽しみにしていた訓練がついに始まります!
メンバーと一緒に昼食を食べ、受付をして部屋の鍵をもらうとばらばらになりました。


22年度1次隊(駒ヶ根訓練所)は総勢238名。その中の30人とすでにお友達になれたのは心強いです。
というか、人数多すぎてびっくりしました。ほんとにぎりぎりの人数らしいです


自分の部屋はなんと6階。階段がないのは知っていましたが、事前に送った荷物と持参荷物を、部屋まで上げるのが大変でした。スーツだったので、早速汗だく
P4070001_convert_20100408173624.jpg


それから、協力隊の制服やシーツをもらって、自室の整理整頓をし、やっとこさ生活できるようになったらオリエンテーションがはじまりました。講堂の席順は派遣国ごとで、一番後でした(笑)
P4070016_convert_20100408173715.jpg


ウズベキスタンには青年8人とシニア1人の合計9人。職種はばらばらですが、みんないい人で仲良くなれそうです。
ロシア語とウズベキスタン語に分かれますが、同じ国同士、がんばりたいです。
ウズベキスタン派遣組は交流を深めるため、夕食はかたまって食べました。訓練最初で最後になりますが、今回は238名全員でいただきますをし、わいわいがやがや。講義もはじまってないので、自由な感じで楽しかったです。

夜も時間があるので、みんなは談話室とかにいるみたいです。
不安だし、ここはやっぱり自習かな…

明日も早起きしよーっと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。