上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.30 一次試験合格
一次試験合格発表日は仕事が休みでした。朝からホームページを見てもなかなかアップされてない・・・
もどかしい。
だめもとだったし、気にしてないつもりだったけど、意外と合否は気になるもんだな。

夕方、ついに合格者受験番号がアップされてました。
開いた瞬間、ふと自分の番号はあるな、と思いました。根拠はないけどなんとなく。
結構下のほう。スクロールしていくと。。。
見つけた
やっぱりあった
嬉しいけど不安。複雑。でも、チャンスが広がったと確信しました。

一次試験の看護師専門試験はこんなでした

 ①自己の所属する組織のTQM活動について
 ②活動の中で自分の担った役割と体験したことについて
 ③自分の体験が現地で活動する際にどのように応用できるかについて


TQM活動ってなに・・・!?ってとこからでしたけど

応募者2391人中合格者1558人
 うち看護師は119人中91人

二次試験に向けて本格的に英語の勉強開始
2010.03.31 二次試験受験
二次試験の案内が届いて実感が湧き、本腰あげて面接と語学の勉強を始めました。

そして2週間後、無事二次試験を迎えました。
東京は暑かった・・・

夜勤ばかりのしんどい勤務で、英語も面接対策も心残り(笑)
宿で夜中まで勉強して、少し興奮して寝れなくて。翌日早朝に集合したもんで、試験中眠かったです。

午前中、語学はあっという間に終了。
ホームページにあった、過去問題と同じような形式で、選択問題。
リスニング・リーディングともTOEICやってれば大丈夫かなという感じでした。
ただ、なんか時間が足りず、最後の長文は流し読みをしてしまいました

終了後は放心状態になるまでもなく、面接前半組が開始。
他の人は同じ会場で待機します。
私の面接は4番目だったのに、欠席者がいて最初に呼ばれ(3人くらい呼び出される)、心の準備もないまま会場を移動しました
面接会場の前は日がぽかぽかと当たってて、のんびりした雰囲気。
廊下のいすに座っていると、面接中の人の声が聞こえたりします。
隣の部屋の前で待っている人と目配せしたりなんかして…
そうこうしてたら自分の番。
面接官は4人。おそらく事務方と、専門職の人と思われます。

JICAに応募した動機。
行って帰ってきたときに、人生がかわると思うか。
なんで救急なのか、なぜこの要請なのか。
職場について。
ICTメンバーとして病棟のためにやったこと。
5Sについて。


こんな感じかな。調書に書いたことを聞かれたので、質問は覚えてるけど、何答えたか覚えてない~。

会場に戻って一気に脱力。。。
それから、思わせぶりに、隊服のブレザーの試着。なんだかなぁ・・・

お昼は隣に座った看護師さんと、その看護師さんが知り合いになった看護師さんとご飯を一緒に食べました。
それから前に座ってた行政サービスに応募した人ともお話しました。
違う職業の人、違う職場の人、でも同じ目標の人と話してすごく刺激になりました

午前中に全て終わってしまったので、待機時間は暇。
一人が好きな人は、本かなんかを持っていって読書するといいかも
私はたまたま周りの人と仲良くなったのでよかったです。
あと、図書室で先輩隊員の記録とか読んだりしました。

みんな合格できたらいいなぁ。でも連絡先聞いてない
結果が出るまで3週間。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。