上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウズベキスンは首都タシケントに到着!

成田空港を21日11時に発ち、14時ごろ韓国ソウルに到着。乗り継ぎで17時までの間、訓練の思い出DVDをメンバー分焼く作業をしました。朝、見送りに来てくれた仲間が国別に配ってくれたので・・・DVD見てまた訓練のことを思い出し、ジーンとなります。
でも、まだまだ派遣の実感がわかないままアシアナ航空タシケント行きに乗り込みました。
飛行機の中で、ロシア語とウズベク語が聞こえる。英語じゃない!単語が聞き取れる(笑)ちょっと感激です。
しかも、人が少なかったので一人2席をつかってのびのびさせてもらいました。
でも、なんせ気流の関係か、結構ゆれるゆれる。7~8時間くらいなので、半分は寝てましたが、着陸時は本気で酔いました。
空港について、『ドクトル?』と医者を探すCA達。後ろのほうで体調が悪くなった人がいたっぽいです。しばらく留まっているというハプニングもありながらも、まあ無事に降りることができました。

着いてみて、一番の感想は『暑い』『においがちがう』です。思ったより湿気が多い感じでした。
ロシア系とアラブ系?アジア系?の人が混ざってて、みんなにじろじろみられました(笑)
セキュリティチェックと税関を通過するのに時間がかかり疲労困憊です。
JICAの調整員と現地の運転手さんにあたたかく迎えられ、空港から20分ほど走ったところにあるウズベキスタンホテルに到着。これから3週間ほど滞在します。

というわけで無事到着しました!ブログを教えている皆様には、これで報告にかえさせていただきます。
ネットはロビーでしかできないので、時間を選びますし、メールチェックは少しずつになりそうです。
ウズベキスタン情報も少しずつ公開していきます。ではおやすみなさい
スポンサーサイト
2010.06.20 出国前日
本日16時、成田のホテルに到着しました。

今日広島を出るときに、大学時代の親友の栗さんがホームまで見送ってくれました。お互い全く実感がなく、いつものようにお茶をして話をして出発時間までを過ごしました。わざわざ休みをとって朝早くにきてくれて、本当にうれしかったです。メッセージもありがとう
新幹線の中で読んで、感動しました。ほんと、いつも力くれます。

東京に着いたとき、語学の先生に電話しました。
携帯解約しちゃうから連絡とれなくなるし、もしかしたらビザとりに東京にいくかもって言ってたので・・・結局東京には来てませんでしたけど、久しぶりに先生の声聞いて安心しました
ちょっとテンションの上がった声を聞けてうれしかったです。
夏にやっぱりウズベキスタンに戻るから、会えるとのこと。そのころにはもう少しウズベク語が話せるようになってるかなぁ。


さてさて、成田は暑い・・・そしてかなりの風。

同じ国に行く仲間と同じホテルに泊まってます。男女で1部屋ずつ。
夕食を食べに一度空港に行きました。そこで、明日出発だけど違うターミナルの同期隊員達に会いました。
2年もはなれちゃうけど、また明日ね!って感じで別れてきました。
よく考えたらすごくさみしい
そして、そのまま空港のショップで携帯解約してきました。
かなり後ろ髪ひかれましたけど(笑)

ホテルに帰ったら男子達が断髪式をするっていうんで見学しに行きました。
IMG_0020_convert_20100620225241.jpg
けんちゃん
IMG_0017_convert_20100620225343.jpg
ももちゃん

男の子はいいなぁ。思い切りがよくて(笑)つられて坊主にしたくなりました
完成系は明日。楽しみです。

さて、明日は7時にホテル発のバスに乗るので早起き!
あっちゅうまに出発です。
キルギス派遣予定(待機中)の隊員もわざわざ見送りに来てくれてます。なので3人で今日はわいわい
訓練所は同じクラスじゃなかったので新鮮な感覚です。

さ、ウズベキスタンに着いたらネットはどれくらいできるかなぁ。最初は首都でホテルなので、たぶん更新はできると思いますが・・・

それでは日本最後の夜。
おやすみなさい
2010.06.19 出国準備②
昨日から、弟が帰ってきてます。わざわざ夜勤明けに会いにきてくれました。
弟とはなんだかんだ1年に1回2回は会うようにしてたし、自分は少しさみしくなります。
もう結婚しそうなお相手がいるのに、紹介してもらえないまま発ってしまうのが残念ですが。
もし2年の間に結婚しても帰ってこんかもよ~とだけ(笑)

今日は郵便局からSAL便で送る荷物を運ぶのを手伝ってもらいました。1箱5~15Kgで6箱。さすが警察官鍛えてるだけあり、何も言わずともすべて運んでくれました
1箱間に合わず、郵便局の駐車場で梱包しなおし、しかも伝票を書き間違えており、すべて書き直し。郵便局の人も土曜日だからか、SAL便の保険について詳しくない人で・・・結局2時間くらいかかりました
伝票の書き直しも、梱包も手伝ってもらい、こんなに弟をこき使ったに頼ったのは久々です(笑)

今回叔母の車を借りて、弟が運転していたんですが、駐車場に入るときに、めっちゃ柱にぶつかってバンパーをえぐってしまったことは、黙っておこう。ま、後で自分で謝っていましたが・・・

そんなこんなハプニングがありでしたが、帰りに寄ったスーパーで、さらに2人して膝から崩れ落ちるような出来事が。
降車すると、なんと、後部ボンネットにガムテープ(ほぼ新品・開封後)がのってました
おそらく郵便局からそのままだった模様。よくもまあ落ちなかったもの・・・ガムテープを見たとたん、「これ…いけんじゃろ」と力なく崩れ落ちた弟の姿が忘れられません。コントでした。その後2人で涙流しながら大爆笑
梱包した後、ないなぁとは思ってたけど、まさか車の上(外?)にあるとは…事故につながらなくてよかったですが、国道をかっ飛ばしたのにかかわらず、無事に一緒に帰ってきたガムテープ君を尊敬します。
他の車や人が、ボンネットにガムテープ乗せてる車を見て、どう思ってたか想像するだけでさらに笑けます。
いやー笑った笑った

帰宅後、明日の前泊用&空港までの荷物を準備して、休憩中。
今日の夜はいとこ一家が来るそうで、一緒に食事をする予定です。
なぜか晴れたし、今から弟と2人で墓参りにでも行ってこようと思います。

明日朝、広島を出発します。
2年間空けるというのに家は全く片付かないまま。まあどうせ当面誰も住まないし、自分のものしかないのでいいですけど。帰った時にげんなりしそうです(笑)

あと1週間したら日本にいないなんて信じられない…なんて言ってたころがなつかしいです。
ついに明後日出国です。成田なので見送りができなくて残念、とたくさんの人に言ってもらいましたが・・・
暇だったら11時ごろ、空をみてください。地上に向かって手をふりますんで
2010.06.18 出国準備
さて、2年間日本を離れるのでいろいろと手続きがあります。
自分のためにも、次の人のためにも何をしたかだけメモ程度に・・・
①住民票・・・出国日づけで住民票から外します。税金がかかっちゃうため。(14日前から手続き可)
②健康保険・・・退職参加なので訓練中は国民健康保険に加入。住民票がなくなるので自動的に中断されます。
③年金・・・在外手続きをすれば、帰国後に2年さかのぼって払えるが、居住住所がはっきりしている場合のみ。
      JICA事務所でいいのか分からず、手続きはしないことに。任意加入にすれば、満額もらえるとのこと。
      もしくは60歳以降に未納分を払うことも可とのこと。制度が継続されてるか分からないので、未納でいくことに。
      JICAは任意加入をすすめています。
④住民税支払い・・・退職後ですが、半年分の請求が(泣)
⑤奨学金・・・免除、猶予は認められないので、2年分を口座にふりこんでおくことにしました。
⑥運転免許・・・帰国1ヶ月前に期限がきれるため、事前更新することに。次の更新までは期間が短くなるが、優良なので更新日から5年(帰国後3年)。
⑦住所変更手続き・・・DM、銀行など連絡していこうと思ったけど時間が全くなかったためできず(笑)


区役所にいったりする時間をつくるのが大変でした

【荷物準備】
ウズベキスタンへはソウル経由でANA、アシアナ航空を使用。
手荷物は40Kgまで(個数制限はなし。1つ32Kgまで)とのこと。
90Lのスーツケースと55Lのバックパックにパンパンになりました。重さは38Kgとぎりぎり
中身は、夏服と語学教材と薬類。夏真っ盛りなので、バテルだろうと思い、隙間にスポーツドリンクの粉も大量にいれました。首都で2週間ホテル、2週間ホームステイの予定です。たぶん足りるだろう・・・
空港まで運んでくれるサービスがあるので、4日前までに予約。引き取りは2日前までです(中国地方)
それから機内持ち込み用に30Lリュックを購入。カメラ・パソコンも入るサイズ。縦×横×高さの合計が115cm以内だったっけ。重さは10Kg以内。それ以外に貴重品用ヒップバックも追加。

【郵送荷物】
2年分の荷物って想像つかない「冬服は高いし、サイズも質もいいものがないから持っていくべし」という情報と「向こうでなんでも手に入るから何もいらない」という情報があり、とりあえずコートとかパーカーとか上に着るもんだけ送ることに。
あと日本食については、買おうと思ったら高いとのこと。迷ったけど、ダシと味噌汁・お茶漬けの素・海苔・お茶をもらったので持っていくことに。梅干しはあきらめてしまった
あと、あったらいいとおすすめのカレールー、生姜・ワサビ・練り梅チューブも買いました。
看護・医療系参考書類は厳選して10冊。絵や写真の多いもの、マニュアル類にしました。
あと、料理の本(日本食、保存食)と折り紙の本も持っていくことに。向こうで誰かにあげてもいいし。
一番困ったのはお土産類。とりあえず100均で扇子を大量購入(笑)いろいろ持って行きたかったけど時間と箱のスペースがなく断念。あとは折り紙やお茶、日本食でごまかせないかな

日本で100均で買えるものが、向こうでは高いと聞きました。しかし、何がいるのか分かりません(笑)
でもあとで郵送して~なんて頼める人がいないので、あって困らないだろうというものはとりあえず詰め込み、計6箱。首都から任地まで運べるんだろうか・・・
2010.06.16 表敬訪問
出国までの10日あまりの間に、協力隊として出身地や勤務先のある自治体に表敬訪問をします。地元広島は16日。午前中に市役所、午後から県庁、そして平和学習、壮行会と朝から晩まで…30度越えの広島市内を制服着てうろうろしてました。バテました
個人的には、訓練所で仲良くなった広島県民と久々に再会できることがうれしかったです。広島で会っているのがとても変な感じでした。広島市は5人、広島県は5人+4人です。訓練所が違う2人にもお会いできて、刺激的でした。

県知事、市長は議会中とのことでお会いできませんでしたが、中国新聞の取材を受けたので、本日の朝刊に載っているそうです(新聞とってないので読めませんけど)

さて、県庁で自己紹介と活動の抱負を聞かれました。何度となくこういうことを話す機会はありまして、短い時間では表現しきれない思いを、いかにまとめて話すかということを求められるわけですが…こういう時、あたりさわりのないことを言ってしまうのも悪い癖です。
自分の経歴、動機、抱負。他の人と比べることはできないし、評価されるものではないけど、口下手で人見知りをする自分は、もう少し時間をもらわないときちんと伝えることができないのです。どこまでも不器用な人間です。
今日は他の人の話を聞きながら、ボーっとしており全く話すことを考えていませんでした。
でも自分が話したことは覚えています。
「勤務していた病院で、組織の目標や理念に基づいて組織人としての役割を遂行することを意識するようになった。でも、もっと自分の知識や技術、そして看護観をもっと自由に表現したかったのが、ボランティアで活動しようと思ったきっかけとなった。純粋に看護の楽しさを伝えたい」
はい、そこそこの経験年数の看護師がどんな看護観じゃ!と言われそうですが、これはきっと自分の本心です。
自分が看護師になりたかったのは、たくさんの後悔があったから。
大切な人に笑顔でいてほしい、傍にいてほしいと思ってもらえる存在になりたい。
そうやって自分の存在意義を求めていたから。
どんなに体裁のいい言葉で語ったとしても、動機はこんなに独りよがりです。
看護とはなんぞや、という点において自分は説明できるほど勉強はできてませんし、考えてもいません。
でも、一人間として、自分の全てを費やしてでも誰かに喜んでもらいたいと思うのです。
人の生・命にぶつかっていくのだから知識や技術がいるだろうとおもって看護師になりました。
費やせるほどの経済力がないので、JOCVを選びました。
妥協はたくさんしてるし、まだまだ甘い考えもあるかもしれないんだけど、それでも今の自分にできる精一杯の覚悟と決意をしたのです。

看護は楽しいと思います。どんなに経験を重ねても分からない人もいるかもしれないし、自分が果たして分かっているのか分かりませんが。
でも、自分は看護が大好きです。
組織の中で自分に求められた役割を遂行しながら、生活しながら、仕事として看護をすることができませんでした。社会では脱落組かもしれません。
たった2年間ではありますが、自分が生活するためではなく生きるために看護をし、何が楽しいのか、何が生きがいになっているのか、ウズベキスタンの人と一緒に考える時間をいただけることに感謝し、これからの自分に、それから日本に還元できるような体験をしてきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。