上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末、久々に肉食ったわぁって感じでした。

モモに作り方教えてって言われてから、

食べたくて食べたくてしょうがなかったので、お好み焼きつくりました。


小麦粉に、和風ダシの素か鰹節の粉を混ぜます。

小麦粉スプーン3杯でダシ小さじ1くらい??

これで、1枚焼けるかな。

水で溶いて、トロトロだったらOK。

キャベツ千切り、あればモヤシ。肉は豚肉(細切れorスライス)、卵2つ。


フライパンをあっためて、油をしいて、中火です。

水で溶いた小麦粉をクレープのように薄くフライパンに引く(4分の1くらい残す)

野菜をどんと盛ります。その上に豚肉を引きます。
 
残しておいた小麦粉水を上からかけます。

で、蓋をして蒸します。


焦げない程度置いて置きます。7分くらい。

そして、がんばってひっくり返します。

また蓋をして3分くらい(肉が下になる面なので、焦げないように注意)


肉に火が通ったっぽかったら、うらがえさずに一旦皿にのせます。

もしくは他のフランパンを使ってもOK。

卵2つを割入れて、フライパンの上でぐちゃぐちゃっと黄身をつぶします。

その上に、お好み焼きの肉の部分を下にして載せます。


卵が固焼きになると美味しくないので、ほんの1分くらい蒸します。

皿に盛るときは引っくり返すんだけど、難しいので

フライパンに皿を押し付けてひっくり返すと崩れません。

IMG_0586.jpg
広島風お好み焼きの出来上がり☆彡 写真ぼやけてる~

今回は、関西風も作ってみました。


ここで最大のミス!

お好みソースがない・・・ない!?


なんてことY(>_<、)Yあると思っていたのに。

広島県民、オゾダ、やっちゃいけん失敗(_Д_)



でも、日本でもそういうことがありますね。

その場合は、焦がし醤油&マヨネーズでいただきましょう。


フライパンから皿に移す前に、さっと醤油を渕に回しかけます。

すぐ火を消して予熱で焦がします。

食べるときにマヨネーズトッピングしてできあがり♪


感想は、広島風の方が粉が少ないのでしつこくないとのこと。ヤフシ!

次はうちにあるお好みソースでリベンジします。


豚肉を買ったので、ついでに豚汁も。
IMG_0588.jpg


あけみんのバースデーでリクエストがあったフォンダンショコラ。

当日はオーブンが使えなかったので、今回リベンジ。
IMG_0587.jpg
(1個熱くて倒して崩れてしまった…)


グルメレポータークラにも5000スムで売れる!とのコメントをいただきました。

初めてにしては、最高に美味しかった!

簡単だったので、また作ろう。


お好み焼き作りのポイント。

・焼いてるとき、あまりぐちゃぐちゃ触ったりつぶしたりしない。

・卵は完全に溶かないほうが美味しい。

・青のりはシャルトイマス。レキン、かつおぶしはムトゥラコケラク!!!
  青のりは絶対条件じゃない。でも、かつおぶしは絶対必要

・作る前に、お好みソースがあるか確認しておきましょう。もちろんオタフクでね。
スポンサーサイト
12月のクリスマスパーティーの時に作ったメニューっす。

なんで今頃??って感じでしょうが特に意味はありません。

あえていうなら、このメニューについてずっと前に記事を書こうと思ってて

写真を圧縮して保存してたんだけど、記事を書く機会を逃してしまった…

アップせずに消去するのもなんなので、ちょっと邪魔になったところで投稿しちゃおう

という個人的な理由があったからです(-_-;)


あ、ちなみに載せるレシピはウルゲンチでも作れる材料と作り方なのであしからず。

1人暮らしを始めたばかりの隊員とかのために、記録に残してます。

あ、料理隊員じゃないので、そちらもお忘れなく(笑)


1品目はみんな大好き

【ミートソースパスタ】

材料(2人前くらい)
 にんじん 1/2~1本(みじん切り)
 たまねぎ 1~2個(みじん切り)
 にんにく 1~2欠(みじん切り)チューブやパウダーでもOKと思います。
 IMG_9872.jpg
 牛ミンチ 300gくらい (日本やと合挽が普通。鳥ミンチだとあっさりしそう)
 トマトペースト(瓶詰めで、3000スムちょっとで売ってる)
 コンソメ 1~2個
 塩・コショウ
 パスタ 250gくらい?食べたい量
 
 
作り方

①ニンニク→玉ねぎ→にんじんの順で炒めます。普通の油でOK。少なめで。

 オゾダはパフタ油でお腹を壊すので、作ってくれるときは注意してください


②焦げない程度に火が通ったら、肉とーにゅー!
IMG_9873_20120215215136.jpg
 パラパラと混ぜながら、全体が生っぽくなくなるまで炒めます。


③トマトペーストとーにゅー!
IMG_9874.jpg
 まんべんなく具と絡めたら、コンソメの素と塩コショウで味付け

 ペーストの濃さにより水を足してもOK


④煮込んでいる間にパスタを茹でます。

 茹で上がったパスタは、ざるにあけ、油をサッと回しかけます。
 ザルをフリフリして、油をパスタに絡めます。
 こうすると、パスタがくっつかず仕上がりがキレイになります。

⑤おいしそうに盛り付けます
IMG_9918.jpg

チーズとかパセリとかあったら最高!と思うけど、これだけでもおいしかったね



2品目は意外と簡単

【シーチキンとキャベツの和風ぱすた】

材料(2人前くらい)
 シーチキン 1缶(油切ってね)
 キャベツ  1/4玉(角切りor千切り)
 めんつゆ  3倍に薄めたやつ 大さじ2杯くらい
 醤油    大さじ1杯くらい
 バター   適量


作り方

①まずパスタを茹で始めます

②バターでキャベツを炒めます。しんなりするくらい

③シーチキンを混ぜて、さっと火を通します。

④めんつゆと醤油で味付け ※1

⑤茹で上がったパスタは、ザルで水切りをしてバターを絡めておきます。

⑥パスタを※1と混ぜてからおいしそうに盛り付けます
 IMG_9931.jpg

 
オムライスの時もだったけど、和風にするときはバターがおすすめ。
 
醤油やめんつゆとよく合います。

めんつゆがない時は、和風だしの素+100mlの水とかポン酢でもOK.

味の雰囲気はもちろん変わるけど、美味しいと思う。

日本では青じそドレッシングを使ったこともあったなぁ。


あと、具は白菜、ほうれん草、キノコ、ベーコン、納豆、明太子なども

和風パスタには合うと思いまっす!

ボリューム出したければ玉ねぎ入れても邪魔にはなりません。


食材も味もウズ人受けはしないと思うけど。。。(;・∀・)



パスタはランチじゃなくても、2種類あれば豪華に見えるし、

みんなで集まる時にはちょっとずつ食べれていいよねー。 
週1から2週に1回、月に1回…とみんなが忙しくなるにつれて

ウルゲンチ会を開催する機会が減ってきています。

お母さんは日本に帰っちまったし、

市内在住の4人でさえ、誰かがどっかに行ってたり…

お父さんはシャワットにしばらく引きこもるみたいだし、

自分もセミナーの準備でいっぱいいっぱいで、なかなか全員で集まれません。



でも今日はセミナーのことで協力してほしいこともあり、

ウルゲンチメンバーにうちに来てもらいました。

お腹を壊してたあけみんの快気祝いも兼ねて

お腹に優しいご飯を…と思って、お礼にランチを。



今日のメニューは【誰でもオトセマス和風オムライス】

これで何人の胃袋をつかんできたか(笑)

まあそれは冗談ですが・・・鼻が全く効かなくて味がわからんままだったけど

おいしいおいしいと食べていただいたのでレシピを紹介しておきます。


和風オムライス

ご飯の具:シーチキンor鮭缶、玉ネギ、人参などお好きな野菜
あんかけ:和風だし、ネギ、水溶き片栗粉

①ご飯の具はシンプルなほうがおいしいです。
 今日はシーチキンと玉ねぎだけにしました。
IMG_0668.jpg
まず野菜だけ炒めます。

②コツは、具とご飯をバターで炒めること!
IMG_0669.jpg

③同時進行で、上にかけるあんをつくります。
 1人分おたま1.5杯の計算でお湯をわかし、和風だしをとかします。
 好みで、塩・醤油とか加えてもOK。濃いめの味付けにしたほうがGood!
 IMG_0672.jpg
 沸騰したらネギを投入。水溶き片栗粉を様子を見ながら注ぎトロミを付けます。
               →今日は、4人分のダシ汁に大さじ2杯の片栗粉の量でした。

④ご飯をお皿にもって、卵をお好きな半熟具合で焼いて盛り付けます。
 上からあんをかけてできあがり
IMG_0673.jpg
 トッピングは大根おろしとノリ、先輩が残していってくれてた乾燥桜エビ。
 こっちの大根は緑色なので、おろしても緑色です。それが色合いがよくてキレイ

簡単でしょ!?しかも美味しい(#^.^#)

もうケチャップオムライスに戻れません…


和風な気分でサイドメニューも。

賞味期限の切れたドレッシングを消費するための(笑)

きゅうりとトマトとワカメのサラダ
IMG_0670.jpg

大根の煮物
IMG_0671.jpg
大根かかぶるくらいの量のダシ汁でコトコト煮込んで、
醤油・みりん・酒・砂糖・生姜で味付け。

昨日の夜から、うちの消えそうで消えないガスを使って煮込んでました。

ガスが小さくてなかなか沸騰しないから数時間放置で。

でもおかげさまで、味がしっかり染みてました。

とろろ昆布をトッピング。


カフェの雰囲気ZERO~やけどね( ̄Д ̄)ノ
IMG_0674_20120115222115.jpg
食堂やね、食堂。

でも、お腹いっぱいご飯を食べて、セミナーの資料見てもらって、

事例演習用にビデオ撮らせてもらって…ボラディ




ご飯の後は美味しいドリップコーヒーを久々に煎れて一服。

美味しいご飯とおもろい仲間に囲まれてるとホッとしますね。

みんなありがとう



2012.01.08 料理
雪が積もって、日が当たって溶けても、毎日氷点下なので重ねて凍り

路肩や歩道がとても危険な状態なウルゲンチです。
IMG_0362.jpg
行きも帰りもダマスから降りるときに滑りました(-_-;)こけなくてよかった…


病棟新聞やセミナーの準備でパソコンに向かうのだけど、

いまいち進まず、肩こりばっかりひどくなります。なぜか小指も痛いし…

再三ブログに現実逃避をしています。



突然ですが、【料理】のカテゴリを追加しました。

こちらでの調理や食事の紹介の記事をいくつか書いているので、リクエストもあり…

時々、ここでの料理のこと、料理を通しての気持ちも書こうと思っています。

過去記事も整理していこうと思います。



私はほとんど好き嫌いやアレルギーがないので、偏りはないのですが

鳥肉が一番好きなので、鳥肉を使う率が非常に高いです。

特に唐揚げが大好物です。

小学校の時から、弁当にはかかさず入れてました。

日本は冷凍食品があるから、唐揚げはいつもストックしてたなぁ。

中学・高校の時、弁当どころか試験勉強時に冷凍唐揚げは大活躍。

手巻のり半分サイズに冷飯を全面にひいて、冷凍唐揚げをトッピング。

マヨネーズとチーズを載せて、トースターで焼くだけ!

簡単やしボリュームあるし、夜食にこんなんばっか食べてました。

そうですね。まさに今、唐揚げが食べたい気分なんですね。

ないけどね。



唐揚げ粉という便利なものもできて、料理のレパートリーの少ない時は

何度も利用しました。

日本ってホント食に関してはすごいいい環境だと思います。

いや、そういうことを言いたいんじゃないんですが…

ウズベキスタンに来て、レトルトも冷凍食品もない環境。

自分で言うのもなんだけど、確実に料理の腕は上がってきてると思います。


母親が病気で入院がちだったんで、代わりに小さいころから食事は作ってきたんですが。

小学生の時までは喜んでもらえてたけど、それがいつからか当然の仕事になり…

中学に入ると勉強と家事の両立。

進学校の上、部活もしながら生徒会活動もしながら、多忙な学校生活を送っていたのに

誰かのために飯を作るって結構しんどかったです。

ただただ義務感しかなくて、それはそれは楽しくない家事の一つでした。

美味しいとかきれいとか、そういう感想一切なく

ただ『食べること』『お腹を満たすこと』が目的でした。

だから夕食も肉焼くだけとか、一品料理だけとか普通だったし、

弁当のおかずの割合が少ないとか文句言われたり、

自分が帰るまでに米くらい炊いといてよ、と週に2・3回は弟とけんかしてましたね。

どんぶり料理の楽さに目覚めてルーチン化してたし…

今思うと、おいしいご飯食べさせてあげれなかったなぁ、

かわいそうなことしたなぁと申し訳なく思います。

父親とは同じ屋根の下に住んでいるのに、自分と弟の分の生活費を毎月渡されて、

やりくりして生活していました。

弁当屋やコンビニを利用すると、1週間でなくなってしまう金額。

決して貧乏ではなかったはずだけど、なんでこんな生活してたのか謎・・・


そんな環境だったんで、なんせ、基本的欲求の底辺の食べる=生きるっていうとこ

クリアするので精一杯だったよね。弟に食わさんといけんっていう。



一人暮らしを始めると、なんとなく肩の荷がおりて変化がありました。

ただの業務だった料理も、工夫をしてみようと思うと楽しくなりました。

失敗しても自分が食べるだけだから…そう思うと何でも挑戦できるようになりました。

それでも、普段は自分のためだけにしかつくらないし、

日本の環境の甘さにどっぷり浸かって、

手間暇かけた料理はつくらなかった気がします。

どちらかというと、あるものを使って何を作るか…っていう能力は

伸びたかなぁと思います。


ウズベキスタンに来ても、ダシの素とかみりんとか味噌とか、特に調味料は

日本から持ってきたもの、送ってもらったものに頼ってはいるけど

日本食(和食・洋食)を手間暇かけて作る楽しみも見つけました。

おいしいおいしいって言って食べてくれる人がたくさんいるから!

誰かとご飯を食べるときは、必ず3品以上つくるようになりました。

食卓をとにかく豪華に見せたい、楽しくご飯を食べたい

そういう気持ちの現れです。

おかずがたくさんあると、ワクワクするんですよ。

何から食べよう、次は何食べようって…

大人数で食べると、おかずの量も増えてもっと楽しい。

こういう環境にいると米のありがたさも感じますね。

幸い、協力隊が派遣されている地域の中でも、まず米が手に入り

安くおいしい米が育つ地域はウルゲンチがダントツではないかと思います。

そんな環境にいるからなんですが、やっぱり米に合うオカズが食べたい。

日本食に飢えているホームステイ隊員だけでなく、

最後まで気持ちよく平らげてくれる仲間がたくさんいるので

料理のしがいがあります。嬉しいし楽しいです。

そして彼らの料理を食べるときも、同じように感謝の気持ちが自然に湧いてきます。

食の環境が整っている日本では感じきれなかった気持ち。

「食べれること」のありがたさは、ウズベキスタンでは感じられないかも。

でも「食べてくれること」「作ってくれること」のありがたさはヒシヒシと。


料理がリフレッシュになる、趣味になる、生活の楽しみのひとつになる。

それも活動中の新しい発見でした。
⑤デザート ガトーショコラ
IMG_9448.jpg
材料は
・市販のチョコレート(ビターがおすすめ)3枚くらい
・たまご3~4個(ちっさ目だったので4個使いました)
・お好みでナッツ類(自分が好きなのでクルミにしました)
・お好みでバナナ(飾り用)
・粉糖かココアパウダー

チョコレートは湯煎でとかします。
室温が低いとすぐ固まるので、火にかけたまましました。
IMG_9449.jpg

卵を白身と黄身に分けます。
IMG_9450.jpg

溶けたチョコレートと黄身をなめらかになるまで混ぜ合わせます。
IMG_9451.jpg

白身はひたすら泡立ててメレンゲに(角がたつくらい)
IMG_9452.jpg

黄身と混ぜたチョコレートに、メレンゲを3回くらいにわけてサクっと混ぜます。
このあと、ナッツなど具を混ぜるとうまく混ざります。

型に入れて焼くだけ。炊飯器でもOKです。
IMG_9453.jpg
炊飯器の場合は、1回炊いてみて、まだならもう1回スイッチを押す感じ。
オーブンの場合は、様子見ながらですね。
うちはガスが少なくて火力がなかったので温度とか不正確。
それでも様子みながら30分くらい焼いたらできました。
熱いままでも冷えててもおいしい
飾りで食べる前にバナナと粉糖を。
がっついてしまって写真なし(笑)


⑥あまった白菜でバターいため。
ニンニクをオリーブオイルで炒めて
白菜炒めてバターを絡めるだけ。
いつもはオリーブオイル使ってるけど、引越し荷物にいれてしまい
ひまわり油で。でもおいしかった。


6人分のお皿がないので、今回おむすびを追加で作って、米は十分。
おかずも盛りだくさん。

あけみんが海草サラダときゅうりの浅漬けを持ってきてくれて

こんなになりましたー

どーん
IMG_9461.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。